各種症状

仰向けで寝ていられない足首の違和感

投稿日:

仰向けで寝ていられない足首の違和感

ちょっと珍しい症状を訴える方が新規でいらっしゃいました。

紹介ではなく、このブログ経由からです。

仰向けで寝ると、右の足首がどうにも嫌な感じがして、膝を伸ばしていられないというのです。

腰痛の方はお分かりだと思いますが、あんまり腰が痛い時は、仰向けて寝るだけで腰がしんどい感じがしたり、痛みが出たりしますよね。

腰じゃなくて、足首の違和感なんです。

さて、足首の違和感の原因はなんでしょうか?

一通り見ていくと、右の股関節の内旋がキツイということ。

一通り見ていくと、とんでもなくキツイ身体の持ち主でした。

頭蓋骨も、腕のねじれや、肘のねじれ、下肢全般のねじれも。

肋骨がびっくりするくらい動かない・・・

呼吸も浅くて、バラバラな感じ。

これでは、寝ても寝ても疲れが取れないですよね。

これだけ調子が悪そうだと、イライラしたりしそうです。

右の股関節が内旋が、足首の違和感になっているのかな?

と推測。

でも、本人の自覚的には、左の股関節が気になる。

自覚症状と、問題が出ている関節や筋肉にはギャップがあることがあります。

結構多いんです。

右の股関節の内旋が取れれば、足首の違和感がマシになるのかな?

と思っていました。

まだ、この時までは(笑)

右の股関節の内旋が取れても・・・

一通り、全身を検査・施術していき、右の股関節の内旋を取っていきました。

もちろん、仙腸関節なんかにもアプローチ。

全体的には良くなりました。

左の股関節の違和感も良くなったのですが・・・

右の足首の違和感はあまり変わらない様子。

気を使われる・・・

ご本人は私に気を使って、「来た時よりは足首が楽になりました!」

と言ってくださったのですが、見た感じ、動きをチェックしても、変化はイマイチな感じ。

この何年かで、キャリアを積み、それほど変化が出ていないのに、

「さっきより楽になった気がします!」

と言われても、優しさから気を使って言ってくださったんだろうな・・・

とわかってしまう時があります(笑)

「嘘つけー! そんないうほど変化出てないやろ!(笑)」

と関西弁で突っ込んだりすることはありませんが、実力不足を恥じる次第です。

もう一度、歯や顔面骨のチェックもして見たのですが、この日の施術はこれでタイムアップ。

ちょっと私的には、ちょいと悔いが残る施術になってしまいましたね。

全体的には、それなりに揃ったので、次回どう身体が変化が出ているか?

といったところですね。

次回の施術に向けて対策を立てると・・・

次回の施術に向け、対策を考えていると、よく起きることがあります。

今回でいうと、仰向けて寝ると、右足首に違和感が出ることへの対策ですね。

当日、その場では変化が出ていなくても、なぜか翌日以降、良くなっていってしまうということです。

施術して、身体や脳にも刺激が入り、クライアントさん自身で治してしまうということです。

なんとなく、今回の足首は改善していない可能性が高いので、バッチリ対策を講じておきたいと思います。

365日配信無料メルマガ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-各種症状

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.