PROFILE

ながさき整骨院 代表 プロフィール

川崎 浩司(かわさき ひろし)

ながさき整骨院 代表 

厚生労働大臣免許 柔道整復師 

1977年生まれ 東京都出身

既婚 子供一人

日本大学理工学部卒業

会社員を経て働きながら柔道整復師の資格を取るため学校へ

中央医療学園専門学校卒業

診療所、3つの整骨院、病院勤務の臨床経験後

2012年に「ながさき整骨院」開院

2015年くらいから、プロのセラピスト向け(PT、OT、柔道整復師、鍼灸師など)向けの勉強会、一般の方向けのワークショップなどを多数開催。

2018年には ㈱医療情報研究所からDVDを発売され、企業の月刊誌のコラムを執筆

㈱ナーチャーウイズ 月刊誌「Smile」 2018年4月~ 8月までコラム担当

smile-2

2018年7月発売 ㈱医療情報研究所 DVD発売中 「肩こり・腰痛の再発を防ぐ! 検査・施術両立型 足部矯正」

肩こり・腰痛の再発を防ぐ! 検査・施術両立型 足部矯正

好きなもの

  • 整体
  • 解剖学
  • ダイエット
  • 釣り 最近はエリアトラウト・ハゼ釣りメイン
  • 自転車
  • 音楽(メロウなHIPHOP)
  • 蒙古タンメン中本
  • ラーメン二郎
  • もうやんカレー
  • コーヒー
  • ビール

嫌いなもの

  • 釣り場にゴミを行為
  • ゲオスミン臭
  • 酔っ払い
  • 糖質制限

 

SNS

ブログやっています https://nagasaki-jujikai.org/

Twitter   : @nagasaki_s

Instagaram  : @hiroshi_kawasaki_/

facebook       :  hiroshi.kawasaki

facebookpage ながさき整骨院

柔道整復師になったきっかけを教えてください

大学生の頃に、総合格闘技を習い始めたのがきっかけです。

ところが総合格闘技を初めて気がついてしまいました。

人を殴るのも殴られるのも好きじゃないということに(笑)

すっぱり総合格闘技をやめ、組み技系格闘技にハマり、サンボを経て寝業中心のブラジリアン柔術(グレイシー柔術)にハマりました。

練習中に怪我をして、先生に道場の提携先の接骨院に連れて行ってもらったことが、柔道整復師という仕事を知ったきっかけです。

社会人になった後も趣味として柔術は続けていて、腰痛や肩こり、背中の痛み、膝や足首の痛みなど、一通りの痛みは経験しました。

たまたまなんですが、当時の練習仲間に、柔道整復師や柔整学生、鍼灸師、鍼灸学生、整体師さんがいたんですよね。

みんな楽しそうなんですよね、将来、独立を夢見ているからなのか。

当時、勤めていた会社で中間管理職をやっていたのですが、閉塞感も凄いし、どうも合わなくてですね。

一念発起して、働きながら柔道整復師の学校に通い始めました。

柔道整復師の養成校時代はどうでしたか?

時間もお金もなかったですけど、毎日充実していて楽しかったですね。

基礎医学の勉強も、難しいかったですけど面白かったです。

実は業界を胡散臭いと思いながら入ってきていまして、違う視点から見る嫌な学生だったと思いますね。

理論的じゃないというか、科学的じゃないと納得できないところも多かったので、追求していました。

一度、過労がたたり身体を壊して入院し、仕事にも復帰するまで3ヶ月かかりました。

あの時は、周りの色々な方に心配・サポートしていただき、人の優しさが身に染みました。

先生や同級生にも恵まれ、無事に卒業し国家試験も合格することができました。

卒業してからはどうでしたか?

最初は医療現場で働くと決めていました。

渋谷区の診療所で働き始めました。

一年後には、提携先の病院にも研修に行かせてもらい、オペ室の雑用、オペの見学もさせてもらいました。

医療現場での経験は本当に大きかったです。

その後は、医療法人が経営している接骨院で働くことになりました。

当時は空前の「癒しブーム」です。

接骨院では施術とは名ばかりで、身体を揉みほぐす慰安目的のスタイルが主流でした。

正直に言って、身体の問題を根本から改善させたい私の理想からはかけ離れたものでした。

勉強会や講習会で習っても結局のところ実践するのが難しいのです。

いくつかの接骨院・整体院で働きましたが、雇われている限り「身体の問題を根本から改善する」を追求するのは難しいことに気がつきました。

開業した経緯を教えてください。

2011年の東日本大震災が転機になりました。

震災で人生観が変わってしまいました。

「Life is short」

人生は短い。

今のままでいいのか?

もっとやりたい事、やらないといけない事がたくさんあるんじゃないか?

本当にこのままでいいのかと自問自答するようになりました。

何かに導かれるように開業を決めました。

Shine a Light Pt.2 (Let's Love) feat. Awa & Oldwun

この曲は東日本大震災3.11にリリースされました。

私にとって忘れられない思い出深い曲です。

音楽は絶えず人の生活の一部であり、真の意味で、癒しや救い、時には勇気さえ届ける事ができます。

私には、この曲に様々な思い出が詰まっています。

人は皆違う思い出を曲にパッケージする事ができます。

あなたは、この曲にどんな思い出をのせていきますか?

Shine a Light pt,2

Shine a light on me, even if its quietly / need u to take the lead so I

can see the light thats guiding me / thru my darkest times,

I need that light to shine / when i cant see a ray of hope, will you be

my fire fly? / Tip toein thru the unknown, aint really cuttin it

Im sitting on the wall, need a breakthrough like its cutting edge / I

heard when all the grey clouds clear the sky

happiness resides cos its brighter on the other side / I seen shadows of

doubt tryna consume me / I felt the heat and the pressure like a jacuzzi

i stayed on top, rose above it like hot air, I found my shine again /

noticed the shadows were not there! / I saw the sun shine thru,

i saw the skies turn blue / I grabbed ahold of my dreams, followed there

every move / they re-ignited da spark to shine a light

so now i keep a candle by my bed to guide my dreams at night

Shine a light… / For my people all around the world

From the ghetto / To Japan / Let the stars see your hands / Yeah…

For my people all around the world / From the hood / To the islands

Keep on rising / Take it to the highest

Shine a light on me, even if its moderately / lets keep it steady, keep

it flowin like its supposed to be / Highlight the way for the others to

come thru

show dem the way they can "try", "do it" & "dont do" / all i needed was

a light on me for a second

that opened up my eyes and got me circulating questions / is there more

to me being here then just existin

or to spread my light and to get my people listenin / fact or fiction,

my lifes had its share of friction / how i dealt wid it, was to get it

out my system

to get wat was heavy on my heart, off my chest / aint never done me

wrong, aint found no better yet / so I relay my light just like the

olympic flame

with hope that other people too will run wid it one day / and spread the

light themselves somethin like a morning rise

and bare witness to da shine thru sleepy eyes

Shine a light on me in all of its entirity / its time to merge the

spotlights and house lights entirely / lets get together as 1, and shine

as a collective

raise dem hands to da sky just get perspective / of whos wid me, who

aint, who on the wall / cant have no "i might be" man, its either or

so join all the pieces of the puzzle, get the picture/ u can take what

was learnt and pass it like a scripture / from N Z to Japan we came to

bridge gaps

so shine a light on da Nesians over Goon Trax / and you too can see what

is seen amongst da stars / we give dat shine back, no matter who ya are

Yeah.. No matter who ya are.. / We give dat shine back no matter who ya

are

光よ 輝いてくれ わずかな輝きだけでもいいから / 二人を導く光が見えるか

ら 君の手をひいていこう

人生に影が落ちるとき 必要なのは道を照らしてくれる光

希望の欠片さえも見つけられないとき / 君が俺を導く蛍のような光になってく

れるか?

困難をうまく乗り越えたと思っても / 大体は乗り越えてはいないもの

壁にもたれてうなだれる / この人生を劇的に変えてくれる何かが必要なんだ

空を覆う雲が消えていく音が聞こえる / 幸せが住む場所は いつも向こう側

疑念が俺を蝕んでいく / まるでジャクジーのようにわき上がる重圧と怒り

何もかもがうまくいっていた頃 / 何も遮るものがなかった頃

あの頃 俺は陽の光を目にしたんだ / あの場所には 暗い影などひとつもなか

ったんだ!

太陽が輝くのを見た / 青空が広がるのを見た

いつか見た夢を掴み取るために必死だったんだ / あの光が再び輝きだす

だから こうやってベッドの傍にキャンドルを置く / 夢へと導いてくれる光を

灯すために

光よ 輝いてくれ・・・ / この世界にいる全ての人々のために

このゲットーから日本へと届けばいい / その手に星の輝きを / さあ・・・

この世界にいる全ての人々のために / この街の片隅からあの島国へと届けばいい

光り輝け / 高く昇り 輝き続けろ

光を照らしてくれ わずかな輝きでかまわないから / そっと傍で 隙間から差

し込む輝きのように / 光り輝く他人の人生を横目にする

試してみるか やるか やらないか それだけの違い / 少しの間だけでもいい

から 輝くことができればいい

新しい価値観 頭の中で多くの疑問符が踊る / ここにいる意味が俺にはあるの

か / 俺の光は周りに届いているのか

現実か空想か / 俺の人生には その両極が存在している / なんでこうなってし

まったんだ / どうすればいいんだ

この胸に この心につかえる重いもの / いまだに良いことも悪いことも起きて

はいないまま

俺が抱える光を繋ぐこと そうまるでオリンピックの聖火のように / いつの日

か 誰かが俺の光を受け継いでくれればいい

そして 朝を彩る陽光のように / その光で彼らを包み込むことができればいい

純粋に真っ直ぐな光が 目覚めたばかりの瞳に突き刺さる

光よ 輝いてくれ まるで完璧な存在のように / すべての光を集めて / ひとつ

になるときがきたんだ / 光の束が輝くときなんだ

手にした光を大空へと掲げろ / そして 新たな価値観を手に入れろ / 誰が俺と

一緒に来るか 来ないか それとも眺めるだけか

“たぶんね”なんて言葉はいらない / どちらかの選択しかないんだよ / パズルの

すべてのピースを繋ぎ合わせよう

聖書を読むように 自分に響く言葉だけを選べばいい / ニュージーランドから

日本へ / 異文化の壁を越えて ひとつになるとき

ポリネシアからグーントラックスへと光り輝け / この星たちが光り輝く姿が /

君の瞳にも映るだろう

俺たちにできること それは光を取り戻すこと / これを聴いている君がどんな

人間かなんて気にはしない

そう みんな同じなんだから / 俺たちにできること それは光を取り戻すこと

これを聴いている君がどんな人間かなんて気にはしないよ

ワークショップも不定期で行なっています。

一般の方向けにワークショップを不定期で開催しています。

現在は、定期的に開催は行なっておりませんので、ご依頼があれば、開催いたします!

ワークショップの開催レポート

https://oidolody-kosodate.com/workshopreport0131/

以前は患者さんたちとワイワイバーベキューなんかもやっていましたが、このご時世、なかなか難しいですね 苦笑

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表  川崎浩司

厚生労働大臣免許 柔道整復師

2012年開業 目立つ看板を出さずひっそりと口コミ中心のスタイルで運営中。

人見知りで人前で喋ったり、目立つことが苦手なのに、うっかり(株)医療情報研究所から2018年に全国の徒手療法家向けのDVDを出版

© 2022 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」