外反拇趾 足のトラブル

外反母趾の対処法、ホーマン体操やタオルギャザーで大丈夫ですか?

更新日:

外反母趾の対処法、ホーマン体操やタオルギャザーで大丈夫ですか?

外反母趾というと、ついつい、親指にばかり目が言ってしまいますよね。

外反母趾で悩んでいる方は、なんとか外を向いてしまっている親指をなんとか矯正しようと試みていると思います。

様々なサポーターも販売されていますし、テーピング法なども調べて自分で行うこともできます。

上記の方法をいろいろやってみた方は、あることに行き着きます。

運動療法が必要だということに。

いくら矯正しても、矯正後の正しい位置を維持できないのですね。

下記のリンク先をご覧ください。

http://www.city.shinjuku.lg.jp/content/000200421.pdf

外反母趾に対して推奨される運動療法が書かれています。

外反母趾に対して、一般的に推奨される運動療法

ホーマン体操

親指に幅広の輪ゴムを引っかけて行うホーマン体操というものがあります。

画像引用元 http://gaihan.fn69.com/info/archives/2006/05/post_26.html

タオルギャザー

これは説明しなくても良いかもしれませんが、一応。

タオルを床に置き、足の指や足の裏でタオルを引き寄せたり、丸めたりする運動です。

グーパー運動

足の指を丸めたり、広げたりする運動です。

まあ、そのまんまですね(笑)

上記の3つの運動療法を行うと、実は外反母趾が悪化する?

外反母趾を引き起こすメカニズムを考えると、上記に挙げた3つの運動療法の効果をいうのは、非常に懐疑的に見ざるをえません。

外反母趾は、ほとんどの場合、踵の過剰回内(オーバープロネーション)から発生しています。

すると、踵の関節が崩れ、母趾の付け根にある第一中足骨という骨が、内側に広がり、反り返ってしまいます。

つまり、踵の関節が過剰回内を起こし、第一中足骨が床から持ち上げられ、母趾とは反対側に反り返りながら横に広がってしまうことが、外反母趾の直接的な原因です。

先ほど、挙げた3つの運動療法。

やってみると気がついた方がいるかもしれませんが、この過剰かいないという動きや、外反母趾を悪化させる動きを助長するのです。

この3つの運動を行うと、低下しているアーチが持ち上がるどころか、指の間が開き、アーチが低下してしまいます。

爪先立ちの動き

タオルギャザーとか逆の動きなのですが、たった状態で、爪先立ちの動きをすると、足のアーチが上がります。

足の指を床に押し付けるような動きになり、土踏まずが盛り上がるのです。

タオルギャザーのような動きは、逆に中足骨を床に押し付ける動きで、足のアーチを低下させます。

3つの運動療法の動きは普段の生活で使わない動き

ホーマン体操やタオルギャザー、グーパー運動。

それも日常生活では、まずやる事がない動きです。

できてしまうという能力も足にはありますが、鍛えようとしている筋肉や関節は、立っている時や、歩くとき、走っているときにこそ機能させなければいけないのに、まったく違う運動で「足を鍛える」というのは、疑問点がでてきます。

外反母趾が発生した環境を考える

ここで考えていくべきなのが、外反母趾が発生した環境です。

立つ、歩く、走るという、ベーシックな動きをどのように改善していくのか?

という事です。

その方法としては、日常的な生活の中で、意識的にテーマを持って動作する事で、外反母趾の改善には役に立つはずです。

外反母趾で悩んでいる方の、何かのお役に立てればと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-外反拇趾, 足のトラブル

Copyright© 東京都豊島区江古田/東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.