O脚・X脚

O脚の人は足首の過剰回内(オーバープロネーション)のことが多い?

臨床をやっていて、意外と多い相談がO脚についてです。

また、足首の過剰回内(オーバープロネーション)についての相談も多いです。

もっと言うと、O脚と足首の過剰回内(オーバープロネーション)とセットの相談が多いんですね。

ということは、O脚と足首の過剰回内(オーバープロネーション)の方が多い?

解説します。

O脚のメカニズムについて

O脚のメカニズム、バイオメカニクスについて解説していきます。

O脚で悩んでいる方の多くが

  • 膝が完全に伸ばせない
  • 膝を伸ばした際に、下腿(脛骨腓骨)が外旋できない、または内旋する

という現象が起きています。

この現象には、スクリュー・ホーム・ムーブメント(screw home movement)という身体運動が大きく関わっています。

screw home movementを簡単に説明します。

膝関節を伸展していくと、最終伸展時 にスクリュー・ホーム・ムーブメント(screw home movement)と呼ばれる 下腿(脛骨腓骨

のごくわずかな外旋運動が起きます。

スクリュー・ホーム・ムーブメント(screw home movement)によって、膝関節の安定性が増加させることができます。

SHMは、膝関節を安定させて、完全に伸ばす際の、下腿(脛骨腓骨)のごくわずかな回旋運動なのです。

立位や荷重位では下腿は足部を介し て地面に固定されているので、自由に下腿(脛骨腓骨)が外旋することはできません。

closed kinetic chain の状態です。

しかし SHMのモーションを使わないと膝は伸ばせません。

どうなっているかと言いますと、下腿が動かないで、大腿骨がクルッと内旋します。

通常の場合は、下腿が動かない代わりに、大腿が内旋して、リバースのような動きをしているということです。

しかし、多くのO脚の方は、そのようには動きません。

つまり、うまく大腿骨が内旋できなくなっています。

そうすると、膝を伸ばすためには下腿が外旋す るしかないので、地面に足部が固定されているにもかかわらず、下腿を強引に外旋させることになります。

強引に下腿が外旋してしまうと、カップリングモーションで下腿は外側に倒れる動きを行います。

このように、膝や下腿がねじれて、O脚のようになってしまうのです。

さらに、下腿を外旋させるためには、足部の外側のアーチが邪魔になります。

ですからO脚の方は、足部の外側のアーチをつぶすと自由に動けるようになります。

外側のアーチがつぶれると、内側のアーチも外側のアーチに乗っているの で、内側アーチもつぶれます。

結果として、足首の過剰回内(オーバープロネーション)になってしまうということですね。

O脚の方は、脛骨が前方に突出している?

O脚のメカニズムについて解説しました。

ここまで読むと、疑問が出てくると思います。

なぜO脚の方は、 SHM がリバースになったり、働かなくなるのでしょうか?

これには、前十字靱帯(ACL)と後十字靱帯(PCL)が大きく関わってきます。

もちろん LCL、MCLも関係してきますが、特に影響が大きいのがACLとPCLです。

もともと靱帯のゆるい方の SHM  を測定してみると、20代でも SHM が発生しません、

さらに測定していくと、そういう方たちはみな関節弛緩性テストで陽性だったという新潟大学でのx研究結果があります。

もともと大腿骨の内側顆と外側顆の曲率半径は、内側顆のほうが大きいため、膝が完全伸展するためには、脛骨が外旋しなくて はなりません。

つまりSHMが起きないと膝が伸びないわけですが、SHMはACLをはじめとする膝の靱帯の緊張で誘導されます。

膝が伸びて行くときに脛骨がどのくら い前方に移動するかを、内旋群と外旋群で比較すると、内旋してしまう人たちは脛骨が大きく前方に移動してしまうという研究結果があります。

つまり、O脚の方達の多くが膝の靱帯がうまく効いてい ないということになります。

特に、ACLとLCLの弛緩性が認められています。

年配の方で、いわゆるO脚の方が多いのも、 ちょうど靱帯の緊張が低下してくる時期と一致します。

「若くて外旋しない人たちはどうして?」

というと。「 general joint laxity 」が陽性だったということに尽きます。

general joint laxity(Carter、Wilkinson、以下GJL)とは、

「靭帯損傷などの外傷が存在せずに,生来的に靭帯や関節包が緩い場合」と定義されます。

特に女性に多く、明らかな臨床症状は認められない場合が大半です。

O脚の方達にテストを行ってみると靱帯が、もともとゆるくて脛骨が前に大きく出てしまう人たちであり、いわば靱帯が効いていないということです。

この研究は、新潟大学のグループが縦断的に20 年くらいかけてリサーチしています。

若い時期の健診のときには膝OA になっていない人たちで、どういう人が 10 年後、20 年後に膝 OAになるかを調べているのですね。

肥満であるとか、もと もとのアライメントとか、いろいろな要素で調べていますが、リスクとしてもっとも大きかったのはgeneral joint laxityでした。

SHM がリバースになってしまう原因と脛骨が前方に 大きく移動することは相関が高いのですが、脛骨が前方に出てしまうという事実が大きな問題になります。

また、ACL損傷を手術 しないで放置した場合も、最終的にはほとんどの人が膝の変形につながります。

つまり、SHMに異常が起 きるということは、膝の伸展制限が起きて来ること

  • 靱帯に過剰な負担がかかって いる
  • そもそも靱帯がゆるい

ということが、脛骨が前に出てしまって、SHM が逆回旋になり、O脚になり、足部のアーチを潰し、足首の過剰回内(オーバープロネーション)になってしまうのです。

足首の過剰回内(オーバープロネーション)について

足首の過剰回内(オーバープロネーション)とは、距骨下関節が回内したままの状態です。

結果、内側の縦アーチ(土踏まず)が低下します。

足の内側縦アーチを維持するものは、筋よりも靱帯です。

さらに、距骨下関節の回内の動きで接地期の間に距骨下関節が回内しうる最終域は

  • 距骨下関節と横足根関節の運動軸の先天的な位置
  • 関節面の形状
  • 骨を連結する靭帯の順で制限されている

「筋の果たす役割は大きくない」となっています。

つまり、回内足の可動域は、骨性や靭帯によって決まっている部分が大きく、先天的な要素があります。

となっています。

そもそも距骨は靭帯で筋肉が付着しない唯一の骨です。

9個の靭帯で支持されています。

回内足で「筋の果たす役割は大きくない」というのは、最もなことですね。

ただ、参考文献にもありますが、例外的なケースも多数あります。

これは、身体の構造は個人差が大きいと示唆していると言えます。

人種や性別が違えば、大いに考えられるます。

また、親と骨格が似るという観点からも、回内足が遺伝的に影響するのかもしれません。

しかし、足部の環境要因に左右されることも大いにあります。

また、距骨下関節の関節の動き方の定義が異なるということもありそうです。

例外はある?

O脚の原因は、足首の過剰回内(オーバープロネーション)!

と断定されがちですが、上記のように断言できない場合もあります。

身体は末端からの刺激が多いですから、足首の過剰回内(オーバープロネーション)というのもありえると思います。

ACLとLCLの弛緩性が認められている方の多くがO脚や足首の過剰回内との相関性が指摘されています。

ところが、足首の過剰回内(オーバープロネーション)とO脚との相関性についてはよくわかっていません。

現時点ですと、O脚→足首の過剰回内(オーバープロネーション)の方が多そうです。

参考論文

https://trove.nla.gov.au/work/22705060

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3102962/

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4089968/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表  川崎浩司

厚生労働大臣免許 柔道整復師

2012年開業 看板も出さず宣伝広告を一切行わない、口コミ中心のスタイルで運営中。

人見知りで人前で喋ったり、目立つことが苦手なのに、うっかり(株)医療情報研究所から2018年に全国の徒手療法家向けのDVDを出版

-O脚・X脚

© 2020 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」