東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」

東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」

各種症状

足根洞症候群(捻挫して、しばらく経った後の足首の痛み・違和感)

足根洞症候群(捻挫して、しばらく経った後の足首の痛み・違和感)

足根洞症候群を解説します。

という名前を聞いたことがありますか?

腰痛や肩こりと違って、あまり馴染みが無い名前かもしれません。

「立ったり歩いたりすると足首の奥の方が痛いような気がするけど、具体的にどうすると、足首のどこの部分が痛いのかはっきりわからない」

というのが、足根洞症候群の特徴です。

レントゲンなどで検査をしても、「骨に異常はありません」と言われてしまうことが多いです。

異常はないはずなのに、

「なんか足に違和感がある」

「なんか足が痛い」

「足に不安定感がある」

「足の捻挫を繰り返している」

といった事を繰り返していれば、足根洞症候群の可能性が高いです。

足根洞とは外側のくるぶしの、前側にあるへこみの奥の部分です。

足根洞に炎症が生じると歩いたり、体重がかかると痛みが出ます。

はじめのうちは、歩くと軽い痛みや、違和感程度なのですが、次第に悪化していくと、歩くことが自体が苦痛になるくらい、痛みが強くなることもあります。

画像参照元 http://kotoseikeigeka.life.coocan.jp/10sokkonndou.html

足根洞症候群がなぜ起こるのか?

足根洞症候群の原因の約8割は、足首の捻挫などの怪我の後に、起きることが多いです。

足根洞の近くには足首の関節の重要な靭帯が多数あります。

例えば、足首の関節を捻挫すると、足首の外側のくるぶしの下にある前距腓靱帯という靭帯が損傷したり、断裂することがあります。

この前距腓靭帯という靭帯がダメージを受けることにより、同時に足根洞の周辺のいろいろな足首の靱帯がダメージを受けます。

靭帯がダメージを受けることにより、足根洞内に出血します。

これが瘢痕組織や線維組織に変わり滑膜炎や浮腫を起こします。

これが、足首の痛みや違和感の発生原因になるのです。

なぜ、捻挫をしやすくなるのか?

また、繰り返し捻挫をしていると、この足根洞周辺に慢性的なストレスがかかります。

慢性的なストレスから、炎症が続くことがあります。

炎症が続くと、神経終末の機能が損なわれてしまいます。

そうすると、本来持っている足から伝わる感覚が鈍くなってしまいます。

足のバランスというのは、微妙なバランス感覚を「足根洞」にある神経終末でとらえています。

足首の関節が、適切なバランスを保てるように、長腓骨筋や短腓骨筋などに、脳の指令が届くようになっています。

 また、本来は足首を捻って捻挫しそうになっても、反射によって足首を正常な位置に戻すように筋肉が反応します。

こういう無意識のとっさの判断を行うためには「足根洞」から足首の筋肉にすぐに指令が行かなければなりません。

足首の神経終末が捻挫などのケガで、ダメージを受けている場合、この命令がうまく伝わらなくなります。

結果として、捻挫を繰り返す結果となったり、ちょっとした路肩の角で足をひねったりすることになります。

また究極の場合には、足の筋肉が緊張しっぱなしになることもあります。

腓骨筋痙性扁平足

また、捻挫をした後に、上記に挙げたことが原因で、捻挫した側の足だけ扁平足になってしまうことがあります。

これも、臨床をやっていてよく見られる疾患ですね。

どうすれば足根洞症候群がよくなるのか?

本来の位置から、ズレてしまっている足首の骨格を正しい位置に戻して行く。

足首の骨格を正しい位置に戻した上で、足首をどんどん使っていく。

弱っている筋肉を強化していきます。

痛い→動かしたくない→ますます動かしたくない→もっと痛い

と負のループに入ってしまっていることが多いです。

足首の骨を正しい位置に近づけていくだけで、痛みが軽減していくことも多いです。

自分でなんとかしようと思うよりも、専門家に診てもらった方が早道でしょう。

 

The following two tabs change content below.
「ながさき整骨院」院長 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 ほぼ毎日、蒙古タンメン中本を食べ、ベンチプレスをやり、SNSを更新しています! 気になったら気軽にフォローしてください。 整形外科や診療所勤務を経て、数カ所の整骨院で勤務。その後、業界最大手の整骨院グループで分院長を経験後に2012年4月に独立。2017年11月に法人化。 開業後も試行錯誤を続け、頭蓋骨や手や腕、足を操作し、自由自在に骨盤や背骨を変えてしまう独自の施術を考案。特に、身体の土台である足を重視する。現在も未だ進化中。

Subscribe / Share

COMMENT ON FACEBOOK

予約の取り方

初めての方の予約の取り方

ながさき整骨院は完全予約制となっております。

予約は電話予約、Web予約をお願いしております。

施術中や外出中で電話に出られない場合もあります。

申し訳ありませんがその時はしばらく経ってからまたお電話いただくか、Web予約にてお願いします。

予約専用番号 03-3958-5141

不明な点はお気軽におたずねください。

予約の取り方

施術料金

代表の川崎が考案した独自の施術法です。

この独自の施術方法が高く評価され、プロの施術家向けにDVDが発売されています。

プロの先生にも指導している安心・安全の施術です。

頭蓋骨や骨盤や背骨だけでなく、全身の筋膜・筋肉・関節のバランスを調整し、痛みや動きを改善します。

頭痛・眼精疲労・顎関節症・過度なストレスによる疲労・疲れやすい・呼吸が浅い・自律神経失調症、寝ちがえ・慢性の首痛・ストレートネック・首こり、肩こり・五十肩・胸郭出口症候群・、手のしびれ・テニス肘・ゴルフ肘・手根管症候群・手首の痛み・腱鞘炎・肋間神経痛・背中痛・腰痛・ギックリ腰・腰椎椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・梨状筋症候群・股関節痛・変形性膝関節症・膝の痛み・ふくらはぎの痛み、足首の痛み・足底筋膜炎・外反母趾、内反小趾、O脚・X脚・猫背・反り腰などでお悩みの方にオススメです。

施術料金

無料メルマガ

無料365日「健康のヒント」では、川崎が10年以上かけて、試行錯誤や失敗から学んだ独自の「健康のヒント」を毎日1通お届けします。

毎日配信される「健康のヒント」をあなたの健康や人生にご活用ください。

同業の先生でしたら、読んですぐに使えるようなネタもたくさん書いています。

ということは、なんとなく読んでいるだけでも、相当な知識が得られるということです(笑)

同業の先生は、

「健康のヒント」は、パソコンでも携帯電話でもどちらでも受信が可能です。

購読の解除はいつでも可能ですので、お気軽に登録どうぞ!

無料メルマガ

営業時間・アクセス

東京都豊島区長崎4−8−10ー1F

西武池袋線「東長崎駅」北口徒歩2分 大江戸線 落合南長崎駅 徒歩10分  有楽町線・副都心線 千川駅 要町駅 徒歩15分

来院されている地域

豊島区長崎、豊島区南長崎、新宿区西落合、豊島区要町、豊島区千川、豊島区高松、豊島区西池袋、豊島区池袋本町、豊島区池袋、豊島区南池袋、豊島区目白、中野区江原町、板橋区向原、練馬区小竹町、練馬区栄町、練馬区豊玉北、中野区江古田、

TELL 03-3958-5141

◆営業時間

平日/10:00~21:00

土曜日/10:00~18:00

◆お休み

水曜日、日曜日、祝日

その他、不定休あり

営業時間・アクセス