外反拇趾 扁平足 浮き指 足のトラブル

【リスフラン関節症】歩くと足の甲が痛い 

更新日:

この記事をご覧になっているということは、

  • 歩くと足の甲が痛い
  • 体重をかけると足の甲が痛い

でお困りではないでしょうか?

足の甲がある場所は、解剖学的には「リスフラン関節」があります。

  • 歩くと足の甲が痛い
  • 体重をかけると足の甲が痛い

で病院を受診すると、「リスフラン関節症」と診断される事が多いと思われます。

あまり馴染みがない傷病名かもしれませんね。

そんな、歩くと足の甲が痛い「リスフラン関節症」について、解剖学的に解説します!

ちなみに、リスフラン靭帯損傷とリスフラン関節症は違う症状です。

リスフラン関節症とは?

リスフラン関節症とは、

  • 歩くと足の甲が痛い
  • 体重をかけると足の甲が痛い

などの症状が現れます。

関節炎などが発生し、腫れている方も多いです。

また、何度も関節炎を起こすことで、骨棘が発生し、リスフラン関節が変形することがあります。

リスフラン関節症は、外反母趾扁平足(回内足)の方が多く、なりやすい傾向があります。

外反母趾扁平足(回内足)ですと、親指でうまく踏ん張れなくなります。

横アーチの頂点の第2趾のあたりに非常に負担が大きくなり、痛みが出やすくなります。

放っておいても、良くなることはありません。

一時的に関節炎が治っても、再発します。

何度も関節炎を起こすことで、骨棘が発生し、関節の変形をきたし、重症化するリスクがあります。

早めに専門家に診てもらうことをお勧めします。

リスフラン関節症で、一番痛みが出る場所は?

実際に、リスフラン関節症で痛みが出る場所は、足の甲ですが、解剖学的に言うと、第2趾のリスフラン関節周辺です。

第2趾のリスフラン関節周辺は、横アーチの頂点となるため、力学的に非常に負担の大きくなる部位です。

外反母趾扁平足(回内足)などが原因で、横アーチが低下すると、体重が均等に乗らず、横アーチの頂点の第2趾のリスフラン関節周辺に大きな負荷がかかります。

横アーチの頂点の第2趾のリスフラン関節周辺が、力学的に負担が大きくなるため、足の甲に痛みや炎症が発生しやすくなります。

扁平足(回内足)などが原因で、横アーチが低下すると、結果として「リスフラン関節症」になるということです。

また、立方骨という骨が低下していることが原因で、リスフラン関節に負担がかかり、足の甲に痛みが出ることもあります。

リスフラン関節の解剖学

 

リスフラン関節(足根中足関節)は、5つの中足骨底と3つの楔状骨立方骨からなる関節です。

詳しく書くとリスフラン関節(足根中足関節)は5つあります。

  1. 第1中足骨と内側楔状骨
  2. 第2中足骨と中間楔状骨
  3. 第2中足骨と外側楔状骨
  4. 第3中足骨と外側楔状骨
  5. 第4~5中足骨立方骨が連結しています。

5つのリスフラン関節(足根中足関節)だけは、第1足根中足関節のみが独立した強力な関節包があります。

理由として考えられるのが、歩行や荷重において、第1足根中足関節にかかる負荷や衝撃に対してだと考えられます。

横アーチの解剖学

横アーチは、中足骨頭レベル、中足骨後方レベル、足根骨レベルと3つあります。

楔状骨が関わるのは、足根骨レベルのアーチです。

外側楔状骨は、立方骨とで「楔立方関節」を構成しています。

 

外側楔状骨は、立方骨とで「楔立方関節」を構成して、横アーチを構成しています。

横アーチは、縦アーチの同様に、歩行、走る、ジャンプの時に、クッション機能として働き、クッションの役割があります。

また、横アーチは足部の安定機構としても働き、力を伝える役割もしています。

参考論文

The Lisfranc joint encompasses 6 articulations, weak dorsal ligaments, and strong plantar ligaments. The Lisfranc ligament serves to secure the second metatarsal in the keystone of the midfoot. Traumatic ligament injury and fracture can result in deformity, instability, pain, and degenerative joint disease of the Lisfranc joint. Increased awareness of Lisfranc joint anatomy and advanced imaging has allowed more accurate diagnosis and treatment of this injured joint complex. Nontraumatic degenerative joint disease can also result from congenital and acquired deformity such as first ray insufficiency, abnormal metatarsal parabola, and equinus. Open reduction with internal fixation (ORIF) demands accurate anatomic alignment to prevent the need for salvage arthrodesis. Early studies have shown that primary arthrodesis of the medial 3 rays has performed equally well or better than ORIF for the displaced primarily ligamentous and severe injuries. A paradigm shift may emerge as more studies favor primary arthrodesis.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20934104

リスフラン関節症だと、なぜ歩くと足の甲に痛みが出るの?

解剖学的に歩行に重要な役割があるのが、横アーチ縦アーチです。

横アーチ縦アーチが構造的に崩れてしまう事が、様々な問題を発生させます。

専門的に書きますと、歩行時に「フォームクロージャー」「フォースクロージャー」がうまく働かなくなります。

フォームクロージャー機能は、関節の構造によって負荷がかかった時に安定させる機能のことです。

これは、いわゆる「フォームクロージャー」と呼ばれます。

フォースクロージャー機能は、筋肉などの動的構造体で負荷がかかった時に、安定させる機能のことです。

そして、筋肉の活動が加わることで「フォースクロージャー」機能としての安定性を行います。

横アーチ縦アーチが構造的に崩れてしまうことで、「フォームクロージャー」「フォースクロージャー」がうまく働かなくなり、関節や靭帯への負担が大きくなります。

横アーチ縦アーチが構造的に崩れてしまうことで、関節が機能低下し、歩くと足の甲に痛み(リスフラン関節症)が発生します。

また、横アーチ縦アーチは構造的に崩れてしまうことを、扁平足(回内足)と言います。

本来は、歩行時に一周期で、回外、回内を繰り返して歩いています。

ところが、扁平足(回内足)の方は、回外の動きがうまくできないため、扁平足(回内足)のまま歩くことになります。

回外の動きがうまくできず、回内のまま歩くことは、足部にとっては、非常にストレスになります。

歩行時に、回外運動がうまくできないことが、足の甲(リスフラン関節)に負担がかかり、痛みや炎症が起きる原因になるということです。

参考論文

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3414868/

リスフラン関節症を改善するには?

扁平足(回内足)を改善することです。

もっと細かくいうと、横アーチ縦アーチを機能させるようにすることです。

扁平足(回内足)を改善することで、横アーチ縦アーチを機能させ、リスフラン関節の負担を軽減させていくわけですね。

リスフラン関節症は、人によって異なりますので、「これをやれば改善します!」という手法をご紹介する事が出来ません。

最低限やっておくと良さそうなエクササイズをご紹介します。

足の指の筋肉(短趾屈筋)を鍛えるトレーニングをご紹介します。

浮き指が腰痛や反り腰、膝の痛み、肩こり、猫背を引き起こす???

最後にまとめると

リスフラン関節症とは、

  • 歩くと足の甲が痛い
  • 体重をかけると足の甲が痛い

などの症状です。

実際に、リスフラン関節症で痛みが出る場所は、足の甲ですが、解剖学的に言うと、第2趾のリスフラン関節周辺です。

第2趾のリスフラン関節周辺は、横アーチの頂点となるため、力学的に非常に負担の大きくなる部位です。

扁平足(回内足)などが原因で、横アーチが低下すると、体重が均等に乗らず、横アーチの頂点の第2趾のリスフラン関節周辺に大きな負荷がかかります。

横アーチの頂点の第2趾のリスフラン関節周辺が、力学的に負担が大きくなるため、足の甲に痛みや炎症が発生しやすくなります。

扁平足(回内足)などが原因で、横アーチが低下すると、結果として「リスフラン関節症」になるということです。

-外反拇趾, 扁平足, 浮き指, 足のトラブル

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2019 All Rights Reserved.