O脚・X脚 扁平足 浮き指 足のトラブル

ふくらはぎの歪み(ふくらはぎの外側の骨が張り出す)メカニズムについて解説します。

  • 「ふくらはぎの歪みが気になります・・・」
  • 「ふくらはぎの歪みって治りますか?」

という質問をされることがあります。

もう少し細かい質問ですと

  • ふくらはぎの外側の骨?が張り出して、その周りに筋肉と脂肪が付いている。
  • ふくらはぎの内側も張り出しているので、正面からみるとふくらはぎが、かなり太く見える。
  • 「太もも」も外側の筋肉が盛り上がっています。
  • 痩せても、足はだけは細くならないので悩んでいる。
  • ふくらはぎは全く柔らかくなく、カチカチです。
  • 足が疲れやすい。
  • ふくらはぎのマッサージやストレッチを行っても、すぐに筋肉がカチカチになってしまう。
  • 正しい立ち方や歩き方などを調べて実践しても、いまいちあっているのかわからず、立っていてもすぐに足が疲れる。

などがあります。

ふくらはぎに問題が出るのですが、ふくらはぎだけに介入しても、改善することは少ないのです。

この記事を最後までお付き合いいただければ、なぜふくらはぎのマッサージやストレッチを行っても、なかなか改善しないのかがお分かり頂けると思います、

ふくらはぎの歪み(ふくらはぎの外側の骨が張り出す)メカニズムを解剖学的に解説します。

「ふくらはぎの歪み」「ふくらはぎの外側の骨が張り出す」が張り出すメカニズムについて

大きく分けて2つあります。

  1. ふくらはぎ(下腿三頭筋)の筋肉の機能低下
  2. ふくらはぎ(脛骨腓骨)が捻れている(外旋し過ぎている)

ふくらはぎ(下腿三頭筋)の筋肉の機能低下について

下腿三頭筋の主な働きとしましては、足関節の底屈(ける動き)、ひざ関節の屈曲(ひざを曲げる動き)です。

具体的には、歩行、足首を伸ばしたり、つま先立ちの動作時に働きます。

スポーツなどでは、ランニング動作や、跳躍動作が含まれる多くの動作で強く働きます。

下腿三頭筋は、日常生活やスポーツでほぼ全ての動作に関わります。

下腿三頭筋が機能低下することで

  • ふくらはぎ(下腿三頭筋)が、いつもむくんでいる
  • ふくらはぎ(下腿三頭筋)が、いつも疲れてパンパンに張って膨らんでいる
  • ふくらはぎ(下腿三頭筋)が捻れる

ふくらはぎ(脛骨腓骨)が捻れている(外旋し過ぎている)について

ふくらはぎの外側の骨が張り出すというと、「単に脚が開いている?」と思っている方は多いとおもいます。

正確には、脚が開いているのではなく「脚がねじれてしまっている」ということなのです。

骨盤の前傾

 ⇅

大腿骨の内旋

 ⇅

下腿(ふくらはぎの骨のこと 脛骨腓骨)の外旋

 ⇅

足首の過剰回内(回内足・扁平足)

また、脚がねじれる要因として、太ももの外側の筋肉が強く(外側広筋)、太ももの内側の筋肉(内側広筋)が弱いということも挙げられます。

「ふくらはぎの歪み」「ふくらはぎの外側の骨が張り出す」の改善する考え方

  1. ふくらはぎ(下腿三頭筋)の筋肉の機能を上げる
  2. ふくらはぎ(脛骨腓骨)が捻れを取る(内旋できるようにする)

ふくらはぎ(下腿三頭筋)の機能を向上するためには?

下腿三頭筋が付着する骨としては

  • 大腿骨
  • 脛骨
  • 腓骨
  • 踵骨

です。

この4つの骨が構成する関節としては

になります。

ただ下腿三頭筋になんらかの介入を施すことも大事ですが、下腿三頭筋に付着する骨・関節の機能を向上することも重要です。

少なくとも、上記全ての関節に介入することは最低限、必須かと思います。

最低限というのも

と関連する関節を考えると、足首ほぼ全ての骨、仙腸関節などの骨盤帯、椎骨なども介入することは必要になるかと思います。

ふくらはぎ(脛骨腓骨)が捻れを取る(内旋できるようにする)

捻れた足を逆に捻っていくということになります。

骨盤の前傾(反り腰)

 ⇅

大腿骨の内旋

 ⇅

下腿(ふくらはぎの骨のこと 脛骨腓骨)の外旋

 ⇅

足首の過剰回内(回内足・扁平足)

という流れで発生していますので

  • 骨盤の過剰な前傾(反り腰)を改善する
  • 大腿骨の過剰な内旋を改善する
  • 下腿の過剰な外旋を改善する
  • 足首の過剰回内(回内足・扁平足)を改善する

ということになります。

まとめ

「ふくらはぎの歪み」「ふくらはぎの外側の骨が張り出す」が張り出すメカニズムについて

大きく分けて2つあります。

  1. ふくらはぎ(下腿三頭筋)の筋肉の機能低下
  2. ふくらはぎ(脛骨腓骨)が捻れている(外旋し過ぎている)
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表  川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 2012年開業 「頭蓋骨」「足」「O脚」の研究を始めて5年。2018年にDVD発売。

-O脚・X脚, 扁平足, 浮き指, 足のトラブル

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2020 All Rights Reserved.