O脚・X脚 扁平足 浮き指 足のトラブル

【ふくらはぎの歪みが気になる方必見!】「ふくらはぎの外側の骨」が張り出すメカニズムと改善ポイントを解剖学的に解説します!

更新日:

  • 「ふくらはぎの歪みが気になります・・・」
  • 「ふくらはぎの歪みって治りますか?」

という質問をされることがあります。

女性の方からだけではなく、男性の方からも聞かれます。

他には

  • ふくらはぎの外側の骨?が張り出して、その周りに筋肉と脂肪が付いている。
  • ふくらはぎの内側も張り出しているので、正面からみるとふくらはぎが、かなり太く見える。
  • 「太もも」も外側の筋肉が盛り上がっています。
  • 痩せても、足はだけは細くならないので悩んでいる。
  • もしかしてO脚?
  • ふくらはぎは全く柔らかくなく、カチカチです。
  • 足の裏が疲れやすい。
  • 肩こりや腰痛もある。

などでお悩みでないでしょうか?

上記のことは、私自身が昔悩んでいたことでした。

ふくらはぎのマッサージやストレッチを行っても、少し歩いただけで、またむくんで筋肉がカチカチになってしまう。。。

また、正しい立ち方や歩き方などを調べて実践しても、いまいちあっているのかわからず、立っていてもすぐに疲れます。。。

こんか経験はないでしょうか?

私自身、いくらストレッチをしたり、気をつけても改善する気配がありませんでした。

長年、研究に研究を重ね、解剖学的に何が起きていて、何をすれば良いのか少しずつわかってきました。

「ふくらはぎの歪み」「ふくらはぎの外側の骨が張り出す」メカニズムを解剖学的に解説します!

「ふくらはぎの歪み」「ふくらはぎの外側の骨が張り出す」が張り出すメカニズムのポイント2つ!

  • ふくらはぎの歪み
  • ふくらはぎの外側の骨が張り出す

脚が開いていると思っている方は多いとおもいます。

メカニズムのポイントは2つあります。

  1. 脚が開いているのではなく、「脚がねじれてしまっている」ということ。
  2. 扁平足(回内足)になってなっているということ

扁平足は「足首がねじれている」状態です。

  • 足首がねじれている
  • 脚がねじれてしまっている

ので、脚を単にくっつけようとしても改善されないのです。

改善するには、「ねじれた脚」「ねじれた足首」を逆に捻って戻すということになります。

また、脚がねじれる要因として、太ももの外側の筋肉が強く(外側広筋)、太ももの内側の筋肉(内側広筋)が弱いということも挙げられます。

もう少し専門的に書きますと

骨盤の前傾

 ⇅

大腿骨の内旋

 ⇅

下腿(ふくらはぎの骨のこと 脛骨腓骨)の外旋

 ⇅

足首の過剰回内(回内足・扁平足)

というメカニズムで、「ふくらはぎの歪み」「ふくらはぎの外側の骨が張り出す」の発生するパターンが一番多く見られます。

下腿が外旋しすぎていることが、「ふくらはぎの歪み」「ふくらはぎの外側の骨が張り出す」とも言って良いです。

この場合、「足首が先か?」「骨盤が先か?」と議論になることがあります。

現時点では、答えが明確になっていません。

骨盤から起因することもあれば、足首に起因することも、あるということです。

足首や骨盤など、どこから原因が始まったかというよりも、同時に発生しているというのが正しいのかもしれません。

したがってアプローチとしては、骨盤と足首のアプローチは必須ということになります。

「ふくらはぎの歪み」「ふくらはぎの外側の骨が張り出す」の改善ポイント2つ!

  1. 脚のねじれを取ること!
  2. 扁平足(回内足)を改善すること!

の2つです。

改善するには、「ねじれた脚を逆に捻って戻していく」いうことが重要になります。

太ももの外側の筋肉が強く(外側広筋)、太ももの内側の筋肉(内側広筋)が弱いと書きました。

  • ふくらはぎの歪み
  • ふくらはぎの外側の骨が張り出す

で悩んでいる方は、太ももの外側の筋肉(外側広筋)がパンパンに固く張っていると思います。

太ももの外側の筋肉(外側広筋)をほぐしたり、ストレッチしたりして、とにかく緩め、太ももの内側の筋肉(内側広筋)を鍛えていくということが重要になります。

また、扁平足(回内足)もありますので、足の指、足の裏を鍛えて扁平足(回内足)も改善していく必要があります。

「ふくらはぎの歪み」「ふくらはぎの外側の骨が張り出す」の解剖学的に解説します。

「ふくらはぎの歪み」「ふくらはぎの外側の骨が張り出す」の場合、ミクリッツ線が膝の内側を通り、内反膝(O脚)になっています。

また、内反膝(O脚)とは、FTAが180度以上の場合のことです。

ミクリッツ線について

ミクリッツ線とは、日本語でいうと、「下肢荷重線」「下肢機能線」と言います。

ミクリッツ線とは、一言で言うと「大腿骨頭の中心」と「足関節の中心」を結んだ線のことです。

正常な膝であれば、膝関節中心(脛骨の内側顆間隆起内側)を通ります。

  • ミクリッツ線が膝の内側を通る場合 O脚
  • ミクリッツ線が膝の内側を通る場合 X脚
  • ミクリッツ線が膝の中心を通る場合 正常

画像引用元

https://pt-matsu.com/mikulicz-line/

*ミクリッツ線は、レントゲンでしか判断できません

FTAについて

 FTAの減少と増大

  • 内反膝は、O脚とも呼ばれます。
  • 内反膝(O脚)とは、FTAが180度以上の場合のことです。
  • 外反膝は、X脚と呼ばれます。
  • 外反膝(X脚)とは、FTAが170度以下の場合のことです。

FTAの正常角度は、176度前後。

*FTAは、レントゲンでしか判断できません

まとめ

  • ふくらはぎの歪み
  • ふくらはぎの外側の骨が張り出す

脚が開いていると思っている方は多いとおもいます。

実は、脚が開いているというよりは、「脚がねじれてしまっている」ということ。

「脚がねじれてしまっている」ので、脚を単にくっつけようとしても改善されないのです。

改善するには、ねじれた脚を逆に捻って戻すということになります。

また、扁平足(回内足)の方も非常に多いです。

足の指、足の裏を鍛えて扁平足(回内足)も改善していく必要があります。

 

専門的に書くと

骨盤の前傾

 ⇅

大腿骨の内旋

 ⇅

下腿(ふくらはぎの骨のこと 脛骨腓骨)の外旋

 ⇅

足首の過剰回内(回内足・扁平足)

というメカニズムで、「ふくらはぎの歪み」「ふくらはぎの外側の骨が張り出す」の発生するパターンが一番多く見られます。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-O脚・X脚, 扁平足, 浮き指, 足のトラブル

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2019 All Rights Reserved.