外反拇趾 扁平足

足の小指が内側に曲がる足のトラブル「内反小趾」「テーラーズバニオン」「バニオネット」の原因と対策とは?

更新日:

足の小指が内側に曲がる「内反小趾」「テーラーズバニオン」「バニオネット」の原因と対策とは?

現在人は、とにかく足の変形、トラブルを抱えている方が多いです。

具体的には、足の親指が内側に曲がってたり、足の小指が曲がっているという変形・トラブルです。

実際に、相談を受けることもあります。

「足の小指が内側に曲がっている気がするんですが、これってなんでしょうか?」

などとです。

足の親指が内側に曲がることを、外反母趾というのは有名ですから、知っている方がほとんどだと思います。

足の小指が内側に曲がってしまっていることを、「内反小趾」「テーラーズバニオン」「バニオネット」といいます。

「内反小趾」という足部の変形があることは、意外と知られていません。

「内反小趾」について解説します。

「内反小趾」とは?

外反母趾同様、「内反小趾」 は足の小指が内側に曲がってしまう変形です。

男性よりも、女性に多い変形です。

海外では、あぐらをかいて仕事をする洋服の仕立て職人に多かったそうです。

小指の付け根に痛が出たことから、テーラーズバニオンと呼ばれていたそうです。

おそらくこの記事を読んでいる女性の方の80%くらいの方が、「内反小趾」 だと思われます。

「内反小趾」 は、足が疲れやすい、足のむくみ、足が太くなる、冷え性などの原因にもなります。

また、意外かもしれませんが、坐骨神経痛、肩こり、腰痛などの原因になることがあります。

実際、肩こり、腰痛、坐骨神経痛などで悩んでいる方の足をチェックすると、ほぼ100%足になんらかの問題があります。

もっというと、肩こり、腰痛、坐骨神経痛は、足から診ていかないと治らないとも言えます。

「内反小趾」 の原因とは?

回内足(扁平足)

「内反小趾」 の原因は、外反母趾と同じです。

「内反小趾」 と外反母趾はワンセットです。

「内反小趾」はあるが、外反母趾はない。

という方はいません。

「内反小趾」 の原因は、距骨、踵の骨が原因です。

この距骨、踵の骨が、回内と言って、内側に倒れてしまうことが原因で、足首のねじれが始まります。

「内反小趾」 の方は、回内足(扁平足)になってしまっています。

生まれつき、中足骨が長い

残念ながら生まれつき変形しやすい方もいます。

この中足骨という骨が生まれつき長いと、「内反小趾」になりやすいのです。

「内反小趾」 の対策とは?

回内足(扁平足)を改善することが、「内反小趾」の対策になります。

具体的には、

  • 足底板(インソールも含む)
  • サポーター
  • 消炎鎮痛剤(痛い場合)
  • 運動療法や徒手療法、リハビリテーション

などが挙げられます。

回内足(扁平足)をきちんと診てくれるところは、それほど多くはないようです。

もし、専門家に診てもらわず、自力で治したいという方向けに、オススメのトレーニングがありますのでご紹介します。

カーフレイズ

爪先立ちの動き(カーフレイズ)は、爪先立ちのようなトレーニングです。

立った状態で、爪先立ちの動きをすると、中足骨が締まり、足のアーチが上がります。

足の指を床に押し付けるような動きになり、ぐっと土踏まずが盛り上がるのです。

この動きこそが、回内足(扁平足)「内反小趾」を改善する動きでもあります。

参考動画

カーフレイズのコツは、しっかりと足の指で地面を掴むように踏ん張り、身体を持ち上げる時に真上に上げることです。

真上ではなく、前に倒れるように、身体を持ち上げると楽に上がるのですが、足の裏や足の指、ふくらはぎに効きません。

動画のように壁につかまりながらではないとできないと思います。

回数も、そんなにこなせない思いますので、最初はできる範囲でやって行くといいと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-外反拇趾, 扁平足

Copyright© 東京都豊島区江古田/東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.