O脚・X脚 扁平足 足のトラブル

O脚と扁平足でも問題ない?!

O脚

扁平足

というワードだけ見ると、とてもネガティブに感じますよね。

実は、プロサッカー選手の多くは、O脚であり、扁平足と言われます。

理由としては、フットワークのような激しい左右の重心移動の動きが多く、結果として足部の靱帯の負担が大きくなり、アーチが低下し、回内足〔扁平足)になり、O脚になったのではないかと推測されています。

大問題じゃないか、と思いますよね?

現に、最近まではそのように言われるのが一般的でした。

回外足(ハイアーチ)の方が負担が大きい?

ところが、最近の研究結果では、

回内足〔扁平足)よりも、回外足(ハイアーチ)の方が、足部などへの負担が大きく、問題が大きい。

回内足〔扁平足)に場合、靱帯に緩みが出て、柔軟性が大きくなり過ぎているだけで、それほど問題はない場合もある。

という研究結果もあるようです。

痛みがあるなど、治療対象になる場合もあります。

それほど問題はない場合もある、というニュアンスでしたので、全く問題がないというわけではありません。

単に扁平足、O脚というところに注目するのではなく、様々な方面、角度から分析して、評価・判断する必要があるのかもしれません。

一概に扁平足、O脚だからダメ! とは言えないでしょう。

参考記事

https://www.palmbeachpost.com/sponsored/20190908/concerns-about-flat-feet

https://www.abc.net.au/life/what-causes-bunions-how-to-avoid-them/11215660

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表  川崎浩司

厚生労働大臣免許 柔道整復師

2012年開業 目立つ看板を出さずひっそりと口コミ中心のスタイルで運営中。

人見知りで人前で喋ったり、目立つことが苦手なのに、うっかり(株)医療情報研究所から2018年に全国の徒手療法家向けのDVDを出版

-O脚・X脚, 扁平足, 足のトラブル

© 2022 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」