膝痛 解剖学

【膝が痛い方必見!】スクリューホームムーブメント(終末強制回旋運動)とは?

投稿日:

【膝や腰が痛い方必見!】スクリューホームムーブメント(終末強制回旋運動)とは?

スクリューホームムーブメント(終末強制回旋運動)という言葉は聞いた事がありますか?

医療関係者の方でしたら、聞いた事があると思いますが、一般の方は、聞いた事がないと思います。

まあ、一般の方にとっては、知っていても知らなくても、どうでもいい話かもしれませんが(笑)

膝が痛い方、トレーニングをしている方は、スクリューホームムーブメント(終末強制回旋運動)という運動があるということを知っていてもいいと思います!(多分・・・)

スクリューホームムーブメントがうまく働かない事が、ひざ痛や腰痛の原因になることも多いのです。

どうしても専門的になり、説明が難しくなるかもしれませんが、できるだけわかりやすく、スクリューホームムーブメントについてご説明します。

スクリューホームムーブメント(終末強制回旋運動)を簡単に言うと・・・

一般の方向けの説明するならば、スクリューホームムーブメントとは?

膝を伸ばした時に、脛骨外旋(スネの骨を外側に向ける動き)が起こり、カチッとロックが、かかるようになっています。

脛骨外旋が起きて、カチッとロックがかかることで、筋力に頼ることなく膝を伸すことができて、人間は長時間楽に立っていられます。

ということです。

医療従事者向けに説明するなら、スクリューホームムーブメントとは?

膝関節が、最終伸展時に脛骨は大腿骨に対して、5~15°程度の外旋運動を起こし、膝関節が最も安定した肢位に導かれます。

膝関節最終伸展時(ねじ込み運動)に、大腿骨を固定する場合脛骨は外旋し、脛骨を固定した場合大腿骨が内旋する。

ということです。

スクリューホームムーブメントの参考動画

文字だけですと、意味がわからない方も多いと思いますので、参考動画を載せておきます。

雑に言うと、スクリューホームムーブメントとは、膝を伸ばした時に、脛の骨が外側にねじれる事で、うまくロックさせ、膝を安定させると言うものです。

スクリューホームムーブメント(終末強制回旋運動)ができないと、どうなるのか?

具体的に挙げていきます。

  • 変形性膝関節症(膝OA)
  • 膝の屈曲拘縮・膝の内旋・膝の内反変形 (膝が伸びないなど)
  • O脚・X脚
  • 腰痛・背中の痛み
  • ひざ痛 
  • 股関節痛
  • 肩こり・首の痛み
  • シンスプリント
  • 脛の痛み
  • ふくらはぎの痛み
  • 足の甲の痛み
  • 踵の痛み

などと、挙げていくとキリがありません。

「まっすぐ立つ」、「ちゃんと膝を曲げる、伸ばす」という動きができない事が、全身に影響を及ぼすのです。

スクリューホームムーブメントができないと、代償動作といって、他の関節が、スクリューホームムーブメントの代わりを行います。

O脚やX脚のように、股関節や膝が内側にねじれてしまうのは、スクリューホームムーブメントができていないからです。

また、スクリューホームムーブメントができないと、大腿骨や股関節が内旋します。

大腿骨や股関節が内旋すると、骨盤・仙骨が前傾します。

骨盤・仙骨が前傾すると、反り腰の状態になり、腰痛の原因になります。

スクリューホームムーブメント(終末強制回旋運動)を利用した「ぎっくり腰」の臨床動画

意外かもしれませんが、このスクリューホームムーブメントができないことで、ギックリ腰や腰痛になることもあります。

下に貼り付けた臨床動画では、スクリューホームムーブメントがちゃんと行えるように導くことで、ギックリ腰を改善しています。

ご参考までに。

スクリューホームムーブメント(終末強制回旋運動)をできるようにするには?

ざっくり言うと、スクリューホームムーブメントとは、膝を伸ばした時に、脛の骨が外側にねじれる事で、うまくロックさせ、膝を安定させると言うものです。

スクリューホームムーブメントをできるようにするには、膝を伸ばした時に、脛骨を外旋できるようにしてあげればいいのですね。

これを一人でやると行うとなると、なかなか大変です。

一人で、一人二役行い、膝を伸ばした時に、脛骨を外旋できるようにしてあげればいいと言うことになります。

荷重をかけたスクワットで、意識して脛骨外旋の動きを行うのもありです。

スクワットをやる際に、注意点があります。

knee in toe out(ニーイン・トゥーアウト)に注意すること

スクワットを行う際に、注意して頂きたいのが、ニーイン・トゥーアウト(Knee in  Toe out)にならないようにすることです。

ニーイン・トゥーアウト(Knee in  Toe out)とは、膝が内側に入り、つま先が外をむいている状態です。

ニーアウト・トゥーアウト(Knee out  Toe out)でスクワットを行うこと

スクリューホームムーブメントを改善するためにも、ニーアウト・トゥーアウト(Knee out  Toe out)でスクワットを行うことです。

スクワットをやる際に、ニーアウト・トゥーアウト(Knee out  Toe out)で行う事で、スクリューホームムーブメントを改善してしまいましょうと言う事ですね。

スクリューホームムーブメントがうまくできない方が、スクワットを行うと、おそらくニーアウト・トゥーアウト(Knee out  Toe out)してしまうはずです。

ニーアウト・トゥーアウト(Knee out  Toe out)でスクワットが、うまくできるようになるまで、若干の膝の痛みを伴うかもしれません。

根気強く、取り組んでみてくださいね。

最後にまとめると

スクリューホームムーブメントとは?

膝を伸ばした時に、脛骨外旋(スネの骨を外側に向ける動き)が起こり、カチッとロックが、かかるようになっています。

脛骨外旋が起きて、カチッとロックがかかることで、筋力に頼ることなく膝を伸すことができて、人間は長時間楽に立っていられます。

ということです。

スクリューホームムーブメント(終末強制回旋運動)ができないと、どうなるのか?

というと、

  • 変形性膝関節症(膝OA)
  • 膝の屈曲拘縮・膝の内旋・膝の内反変形 (膝が伸びないなど)
  • O脚・X脚
  • 腰痛・背中の痛み
  • ひざ痛 
  • 股関節痛
  • 肩こり・首の痛み
  • シンスプリント
  • 脛の痛み
  • ふくらはぎの痛み
  • 足の甲の痛み
  • 踵の痛み

などがおきます。

実は、スクリューホームムーブメント(終末強制回旋運動)ができるようにしてあげることで、身体の様々な症状を改善する事ができます。

誰の手も借りず、スクリューホームムーブメント(終末強制回旋運動)ができるようになるためには、荷重をかけたスクワットがオススメです。

 

スクワットをやる際に、注意点があります。

ニーアウト・トゥーアウト(Knee out  Toe out)でスクワットを行うことです。

スクワットをやる際に、ニーアウト・トゥーアウト(Knee out  Toe out)で行う事で、スクリューホームムーブメントを改善してしまいましょうと言う事ですね。

スクリューホームムーブメントがうまくできない方が、スクワットを行うと、おそらくニーアウト・トゥーアウト(Knee out  Toe out)してしまうはずです。

ニーアウト・トゥーアウト(Knee out  Toe out)でスクワットが、うまくできるようになるまで、若干の膝の痛みを伴うかもしれません。

根気強く、取り組んでみてくださいね。

365日配信無料メルマガ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-膝痛, 解剖学

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.