膝痛 解剖学

【膝が痛い方必見!】スクリューホームムーブメント(終末強制回旋運動)とは?

更新日:

スクリューホームムーブメント(終末強制回旋運動)という言葉は聞いた事がありますか?

医療関係者の方でしたら、聞いた事があると思いますが、一般の方は、聞いた事がないと思います。

まあ、一般の方にとっては、知っていても知らなくても、どうでもいい話かもしれませんが(笑)

膝が痛い方、トレーニングをしている方は、スクリューホームムーブメント(終末強制回旋運動)という運動があるということを知っていてもいいと思います!(多分・・・)

スクリューホームムーブメントがうまく働かない事が、ひざ痛や腰痛の原因になることも多いのです。

どうしても専門的になり、説明が難しくなるかもしれませんが、できるだけわかりやすく、スクリューホームムーブメントについてご説明します。

スクリューホームムーブメント(終末強制回旋運動)を簡単に言うと・・・

一般の方向けの説明するならば、スクリューホームムーブメントとは?

膝を伸ばした時に、脛骨外旋(スネの骨を外側に向ける動き)が起こり、カチッとロックが、かかるようになっています。

脛骨外旋が起きて、カチッとロックがかかることで、筋力に頼ることなく膝を伸すことができて、人間は長時間楽に立っていられます。

ということです。

医療従事者向けに説明するなら、スクリューホームムーブメントとは?

膝関節が、最終伸展時に脛骨は大腿骨に対して、5~15°程度の外旋運動を起こし、膝関節が最も安定した肢位に導かれます。

膝関節最終伸展時(ねじ込み運動)に、大腿骨を固定する場合脛骨は外旋し、脛骨を固定した場合大腿骨が内旋する。

ということです。

スクリューホームムーブメントの参考動画

文字だけですと、意味がわからない方も多いと思いますので、参考動画を載せておきます。

雑に言うと、スクリューホームムーブメントとは、膝を伸ばした時に、脛の骨が外側にねじれる事で、うまくロックさせ、膝を安定させると言うものです。

スクリューホームムーブメント(終末強制回旋運動)ができないと、どうなるのか?

具体的に挙げていきます。

  • 変形性膝関節症(膝OA)
  • 膝の屈曲拘縮・膝の内旋・膝の内反変形 (膝が伸びないなど)
  • O脚・X脚
  • 腰痛・背中の痛み
  • ひざ痛 
  • 股関節痛
  • 肩こり・首の痛み
  • シンスプリント
  • 脛の痛み
  • ふくらはぎの痛み
  • 足の甲の痛み
  • 踵の痛み

などと、挙げていくとキリがありません。

「まっすぐ立つ」、「ちゃんと膝を曲げる、伸ばす」という動きができない事が、全身に影響を及ぼすのです。

スクリューホームムーブメントができないと、代償動作といって、他の関節が、スクリューホームムーブメントの代わりを行います。

O脚やX脚のように、股関節や膝が内側にねじれてしまうのは、スクリューホームムーブメントができていないからです。

また、スクリューホームムーブメントができないと、大腿骨や股関節が内旋します。

大腿骨や股関節が内旋すると、骨盤・仙骨が前傾します。

骨盤・仙骨が前傾すると、反り腰の状態になり、腰痛の原因になります。

スクリューホームムーブメント(終末強制回旋運動)を利用した「ぎっくり腰」の臨床動画

意外かもしれませんが、このスクリューホームムーブメントができないことで、ギックリ腰や腰痛になることもあります。

下に貼り付けた臨床動画では、スクリューホームムーブメントがちゃんと行えるように導くことで、ギックリ腰を改善しています。

ご参考までに。

スクリューホームムーブメントの参考動画

ざっくり言うと、スクリューホームムーブメントとは、膝を伸ばした時に、脛の骨が外側にねじれる事で、うまくロックさせ、膝を安定させると言うものです。

スクリューホームムーブメントをできるようにするには、膝を伸ばした時に、脛骨を外旋できるようにしてあげればいいのですね。

 

参考論文

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3102962/

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4089968/

最後にまとめると

スクリューホームムーブメントとは?

膝を伸ばした時に、脛骨外旋(スネの骨を外側に向ける動き)が起こり、カチッとロックが、かかるようになっています。

脛骨外旋が起きて、カチッとロックがかかることで、筋力に頼ることなく膝を伸すことができて、人間は長時間楽に立っていられます。

ということです。

スクリューホームムーブメント(終末強制回旋運動)ができないと、どうなるのか?

というと、

  • 変形性膝関節症(膝OA)
  • 膝の屈曲拘縮・膝の内旋・膝の内反変形 (膝が伸びないなど)
  • O脚・X脚
  • 腰痛・背中の痛み
  • ひざ痛 
  • 股関節痛
  • 肩こり・首の痛み
  • シンスプリント
  • 脛の痛み
  • ふくらはぎの痛み
  • 足の甲の痛み
  • 踵の痛み

などがおきます。

実は、スクリューホームムーブメント(終末強制回旋運動)ができるようにしてあげることで、身体の様々な症状を改善する事ができます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表  川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 2012年開業。頭蓋骨や手や足の骨を調整して全身を変えるちょっと変わった整体を行なっています。 私自身が重度のO脚だったことから、「足」「O脚」の研究を長年行なっています。 2018年に「足」についてのDVDが(株)医療情報研究所から販売されています。 痛みや症状、お悩みを解決することで「あなたの生活の質が感動的に上がること」を目指し、毎日一生懸命施術しています。

-膝痛, 解剖学

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2019 All Rights Reserved.