O脚・X脚 解剖学

【O脚の方は必見!】FTAとQーAngleを解説します!

更新日:

スポーツをやっている方でニーインが気になる方は多いですよね。

実は大腿骨は、まっすぐに伸びているわけではありません。

実は、ほんの少し内側方向へと伸びます。

したがって多少のニーインは正常ということです!

膝は180度ではなく、176度前後です。

この角度のことをFTAと言います。

この記事では、FTAとQーAngleについて解説します!

FTA

FTAとは、Femoro Tibial Angleのことです。

Femoro Tibial Angleとは、大腿骨と脛骨の角度です。

つまり、FTAとは大腿骨長軸と脛骨長軸の交点のなす角度です。

FTAは、通常は大腿骨体と脛骨の中央をとるため、X線などの画像から判断します。

FTAの正常角度は、176度前後です。

FTAをみることで、内反膝、外反膝などの膝関節のアライメントを知ることができます。

 

 

FTAと頸体角

FTAの正常角度は176度です。

FTAが176度になる場合、大腿骨の「頚体角」が、125度の場合です。

頚体角とは、大腿骨の骨頸部と骨体のなす角度のことです。

頚体角が、125度の場合が正常な頚体角となります。

FTAは大腿骨頚体角に左右されます。

内反股

頚体角が、125度より明らかに小さい場合(110度以下)を内反股と言います。

内反股の場合は、寛骨臼との適合性を得るために股関節内転位を取りやすく、膝関節の内側を荷重線が通る為に外反膝になりやすくなります。

外反膝は、X脚と呼ばれます。

外反膝(X脚)とは、FTAが170度以下の場合のことです。

外反股

頚体角が、125度より明らかに大きい場合(135度以上)は「外反股」と言います。

外反股の場合には、寛骨臼との適合性を得るために股関節外転位を取りやすく、膝関節の内側を荷重線が通る為に内反膝を呈しやすくなります。

内反膝は、O脚とも呼ばれます。

内反膝(O脚)とは、FTAが180度以上の場合のことです。

QーAngle

膝関節のアライメントにおいて、FTAとあわせて重要なのがQーAngleです。

FTAとQーAngleは混同しやすいです。

前述した通り、FTAはレントゲンなどの画像でしか正確には測定できません。

Q-Angleは、体表からのチェックが可能です。

QーAngleとは、Quadriceps Angleのことです。

Quadriceps Angleは大腿四頭筋腱角という意味です。

すなわち、QーAngleとは大腿四頭筋腱角のことです。

QーAngleは、上前腸骨棘(ASIS)から、膝蓋骨中心へ引いた線と、膝蓋骨中心から、脛骨粗面に引いた線が構成される角度になります。

 

大腿四頭筋が膝蓋骨を引っ張る方向を、QーAngleで知ることができます。

QーAngleによって、膝関節のアライメントをみることもできますが、大腿四頭筋の力のベクトルを推測することで、膝蓋骨の安定性をみることができます。

Q-angleの正常角度は、男性は約10度。

Q-angleの正常角度は、女性は約15度です。

Q-angleの角度が正常より大きい場合、大腿四頭筋の収縮により、膝蓋骨は外側に牽引されます。

膝蓋骨は外側に牽引されると、「膝蓋骨の脱臼・亜脱臼」や、「膝蓋大腿関節痛」を引き起こす原因になります。

「膝蓋骨の脱臼・亜脱臼」と「膝蓋大腿関節痛」は、男性より女性に多いと言われています。

「膝蓋骨の脱臼・亜脱臼」と「膝蓋大腿関節痛」が女性に多い理由3つ

  1. 男性より骨盤幅が広いという構造的な問題があります。 上前腸骨棘(ASIS)から膝蓋骨までの線に角度が大きくなるため。
  2. 大腿四頭筋筋力が弱い方が多く、膝蓋骨を安定させられないため。
  3. 大腿骨前捻角が大きいケースが女性に多いため。

また、大腿骨頚体角が125度より大きい場合にも、Q-angleは増えます。

-O脚・X脚, 解剖学

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2019 All Rights Reserved.