O脚・X脚 浮き指

O脚と扁平足の関係とは?

更新日:

臨床をやっていると、よく遭遇するのがO脚です。

O脚が気になります」

O脚って改善しますか?」

同業の先生も、女性の患者さんから、一度くらいは聞かれたことがあるのではないでしょうか?

実はO脚は女性の方が多いのも、解剖学的に理由があります。

O脚の方をよく観察していますと、ほとんどの方が扁平足だということです。

O脚扁平足の関係を解剖学的に解説します!

O脚と扁平足は関係ある?

O脚扁平足と関係あります。

扁平足のことを、回内足とも言います。

扁平足(回内足)は、内側の縦アーチが低下し、足首が回内したままの状態です。

O脚の方は、足首が倒れてしまっていると思います。

扁平足(回内足)で、下腿(ふくらはぎの骨 脛骨腓骨)に、ねじれが加わります。

これが、O脚の起点になります。

土台である足が崩れてしまっていると、下の図のようにふくらはぎの軸が狂い始めます。

この図と実際の写真に当てはめるとこうなります。

何が起きているか、文字起こしをすると

骨盤の前傾

 ⇅

大腿骨の内旋

 ⇅

下腿(ふくらはぎの骨 脛骨腓骨)の外旋

 ⇅

扁平足(回内足)

となります。

O脚は、「扁平足(回内足)が先か?」「骨盤が先か?」と議論になることがあります。

現時点では、答えが明確になっていませんが、扁平足(回内足)に起因することが多い印象です。

足首や骨盤など、どこから原因が始まったかというよりも、同時に発生しているというのが正しいのかもしれません。

参考論文

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3102962/

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4089968/

O脚と浮き指の関係

O脚で扁平足(回内足)の場合、ほとんどの方が浮き指になってしまっています。

足の指がまともに使えず、足首だけでなく、脚自体の負担がとても大きくなります。

O脚を改善するには、扁平足(回内足)を改善するだけでなく、浮き指も改善する必要があります。

扁平足について

臨床を行なっていて見ることが多い扁平足の大半は、「回内足」によるものです。

先天的なものを「扁平足」と呼びます。

*ドイツなどの足病医は、扁平足と回内足を明確に区別しています。

私は、患者さんに説明するときは、あえて「回内足」を「扁平足」と説明することがあります。

「回内足」と説明しても、なかなか患者さんには伝わりにくいですから。

「回内足」を「扁平足」は厳密には違うわけです。

「回内足」を「扁平足」では、アプローチの仕方が変わることがありますので、明確しなければいけない位場合もあります。

扁平足になっていると、下腿の肢荷重線がまっすぐではなくなります、

O脚とは、機能的にみると下腿内弯 下腿が内捻・外捻、下腿外旋、下腿外方偏位です

荷重線がまっすぐではなくなりますので、下腿内弯します。

 

扁平足ですと、膝の位置が通常より外側に位置します。

前述したFTAが180度以上、ミクリッツ線が膝の内側を通ります。

膝の位置が通常より外側に位置するということは、膝蓋骨も外方変位しやすくなります。

Qアングルも減少するというわけですね。

扁平足だと、荷重線が変わってしまい、FTAやミクリッツ線、Qアングルにも大きく影響が出ます。

「扁平足を改善=O脚を改善すること」とも言えます。

扁平足を解剖学的に解説します!

扁平足とは、回内足のことです。

回内足とはを解剖学的に説明すると、内側縦アーチが低下した状態です。

回内足とは距骨下関節が回内したままの状態です。

結果、内側の縦アーチ(土踏まず)が低下します。

足の内側縦アーチを維持するものは、筋よりも靱帯です。

さらに、距骨下関節の回内の動きで接地期の間に距骨下関節が回内しうる最終域は

  • 距骨下関節と横足根関節の運動軸の先天的な位置
  • 関節面の形状
  • 骨を連結する靭帯の順で制限されている

内側の縦アーチ(土踏まず)は「筋の果たす役割は大きくない」となっています。

 

内側縦アーチを構成する骨 

  • 第1趾
  • 第1中足骨
  • 内側楔状骨
  • 舟状骨
  • 踵骨

内側縦アーチを支える靭帯

  • 足底腱膜
  • スプリング靭帯(底側踵舟靭帯)
  • 長、短足底靭帯(底側踵立方靭帯

内側縦アーチに関わる靭帯

  • 長母趾屈筋
  • 後脛骨筋
  • 長趾屈筋
  • 母趾外転筋
  • 短趾屈筋

内側縦アーチの機能

フォームクロージャー機能は、関節の構造によって負荷がかかった時に安定させる機能のことです。

これは、いわゆる「フォームクロージャー」と呼ばれます。

フォースクロージャー機能は、筋肉などの動的構造体で負荷がかかった時に、安定させる機能のことです。

そして、筋肉の活動が加わることで「フォースクロージャー」機能としての安定性を行います。

一般的には「フォームクロージャー」よりもフォースクロージャー」のほうが重要視されがちです。

これを簡単にいうと、足の内側縦アーチに対して、骨や靭帯などの構造面よりも、筋肉の活動に着目することが多いということです。

実は、足の内側縦アーチ保持において、重要なのはフォースクロージャーよりもフォームクロージャーです。

もっと言うと、足の内側縦アーチ保持は足底腱膜に依存が大きいのです。

「扁平足を改善=O脚を改善すること」とも言えます。

参考論文

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4089968/

https://trove.nla.gov.au/work/22705060

補足

つまり、回内足の可動域は、骨性や靭帯によって決まっている部分が大きく、先天的な要素があります。

となっています。

そもそも距骨は靭帯で筋肉が付着しない唯一の骨です。

9個の靭帯で支持されています。

回内足で「筋の果たす役割は大きくない」というのは、最もなことですね。

ただ、参考文献にもありますが、例外的なケースも多数あります。

これは、身体の構造は個人差が大きいと示唆していると言えます。

人種や性別が違えば、大いに考えられるます。

また、親と骨格が似るという観点からも、回内足が遺伝的に影響するのかもしれません。

しかし、足部の環境要因に左右されることも大いにあります。

また、距骨下関節の関節の動き方の定義が異なるということもありそうです。

まとめ

O脚扁平足の関係は

骨盤の前傾

 ⇅

大腿骨の内旋

 ⇅

下腿の外旋

 ⇅

扁平足(回内足)浮き指

-O脚・X脚, 浮き指

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2019 All Rights Reserved.