O脚・X脚 浮き指

O脚と扁平足の関係とは?

更新日:

臨床をやっていると、よく遭遇するのがO脚です。

O脚が気になります」

O脚って改善しますか?」

同業の先生も、女性の患者さんから、一度くらいは聞かれたことがあるのではないでしょうか?

実はO脚は女性の方が多いのも、解剖学的に理由があります。

O脚の方をよく観察していますと、ほとんどの方が扁平足だということです。

O脚扁平足の関係を解剖学的に解説します!

O脚と扁平足は関係ある?

O脚扁平足と関係あります。

扁平足のことを、回内足とも言います。

扁平足(回内足)は、内側の縦アーチが低下し、足首が回内したままの状態です。

O脚の方は、足首が倒れてしまっていると思います。

扁平足(回内足)で、下腿(ふくらはぎの骨 脛骨腓骨)に、ねじれが加わります。

これが、O脚の起点になることもあります。

身体の土台である足部が扁平足で崩れてしまっていると、下の図のようにふくらはぎの軸が狂い始めます。

この図と実際の写真に当てはめるとこうなります。

何が起きているか、文字起こしをすると

骨盤の前傾

 ⇅

大腿骨の内旋

 ⇅

下腿(ふくらはぎの骨 脛骨腓骨)の外旋

 ⇅

扁平足(回内足)

となります。

O脚は、「扁平足(回内足)が先か?」「骨盤が先か?」と議論になることがあります。

現時点では、答えが明確になっていませんが、扁平足(回内足)に起因することが多い印象です。

足首や骨盤など、どこから原因が始まったかというよりも、同時に発生しているというのが正しいのかもしれません。

参考論文

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3102962/

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4089968/

扁平足が改善すればO脚も改善する?

扁平足が改善すれば、O脚も改善につながります。

もっというと、足首(扁平足)に手をつけず、膝や股関節、骨盤だけ施術してもO脚を改善するのは難しかもしれません。

ながさき整骨院では、身体の土台である足をつくり直すことを重要視しています。

身体の土台である足をつくり直すことで、脚のねじれが取れて、O脚が治るだけでなく、他の身体の不調までもが改善されることも多いのです。

身体の土台である足をつくり直すことで、改善した後も戻りにくいことも特徴です。

足は、28個の骨は小さな骨の集合体です。

その小さな骨同士のあいだでそれぞれ関節が構成されています。

足首の関節は

  • 底屈・背屈
  • 内反・外反
  • 回内・回外

の三軸の動きがあります。

また、複合する分回し運動もあります。

運動軸は、ちゃんと斜めに交わっているのが理想ですが、この足首の運動軸は色々な理由により壊れます。

言ってしまえば、足部が捻れるので、脚がねじれ、O脚になってしまうという見方もできます。

突然ですが、足や足の指、脚のねじれを取るような施術を受けたことはありますか?

大半の方が「いいえ・・・」という答えだと思います。

普通は、あまり調整を入れない場所ですよね(笑)

首や肩、背中のマッサージや、背骨、骨盤、肩甲骨の調整が一般的ではないかと思います。

O脚の調整といっても、膝の調整や膝を縛ったり、股関節、骨盤の調整がメインのところが多いようです。

これまでO脚が改善されなかったのも

「足や足の指、脚のねじれを取る施術を受けていなかっただけ」

という方も多く見られます。

実は「足や足の指、脚のねじれを取る施術」というのは、非常に高度で繊細なテクニックです。

O脚がなかなか改善しないのも「足や足の指、脚のねじれを取る施術」が日本でもできる先生がほとんどいない現実・・・なのも、そういった理由です。

シンプルなテクニックなのですが、非常に奥深く、施術の反応や結果には、毎回驚かされます。

これまで、どこに行っても何をやっても身体の不調が改善されなかった方も多いと思います。

O脚が改善されなかったのも、「あなたが悪いのではなく、施術で抜け落ちていた場所があっただけ」なのかもしれません。

そんな方にこそ、ながさき整骨院のO脚矯正の施術を自信を持ってオススメします。

あなたとお会いできることを楽しみにしています。

また、自宅で行えるO脚矯正改善のエクササイズもお伝えしています。

エクササイズと言っても、O脚改善や身体を整えることが目的のエクササイズです。

2018年に、院長川崎が足の専門家として、柔道整復師、鍼灸師、PT、OTなど徒手療法家向けに向けに、(株)医療情報研究所からDVDが発売されています。

*参考動画 2018年に(株)医療情報研究所からDVDを出した際の動画です。

扁平足(回内足)の人は浮き指が多い?

O脚で扁平足(回内足)の場合、ほとんどの方が浮き指になってしまっています。

浮き指は、短趾屈筋という筋肉が筋力低下というのも一因あります。

O脚で、扁平足で、浮き指だという方は、ますは短趾屈筋を鍛えることから始めてみることもオススメです。

短趾屈筋がうまく収縮せず、足の指がまともに使えないということは、足首や足の裏だけでなく、脚自体の負担がとても大きくなります。

扁平足の解剖学

扁平足を解剖学的に説明すると、内側縦アーチが低下した状態で、距骨下関節が回内したままの状態です。

結果、内側の縦アーチ(土踏まず)が低下します。

実は、足の内側縦アーチを維持するものは、筋よりも靱帯で、筋力はほとんど関係ないとされています。

さらに、距骨下関節の回内の動きで接地期の間に距骨下関節が回内しうる最終域は

  • 距骨下関節と横足根関節の運動軸の先天的な位置
  • 関節面の形状
  • 骨を連結する靭帯の順で制限されている

内側の縦アーチ(土踏まず)は「筋の果たす役割は大きくない」となっています。

 

内側縦アーチを構成する骨 

  • 第1趾
  • 第1中足骨
  • 内側楔状骨
  • 舟状骨
  • 踵骨

内側縦アーチを支える靭帯

  • 足底腱膜
  • スプリング靭帯(底側踵舟靭帯)
  • 長、短足底靭帯(底側踵立方靭帯

内側縦アーチに関わる靭帯

  • 長母趾屈筋
  • 後脛骨筋
  • 長趾屈筋
  • 母趾外転筋
  • 短趾屈筋

内側縦アーチの機能

フォームクロージャー機能は、関節の構造によって負荷がかかった時に安定させる機能のことです。

これは、いわゆる「フォームクロージャー」と呼ばれます。

フォースクロージャー機能は、筋肉などの動的構造体で負荷がかかった時に、安定させる機能のことです。

そして、筋肉の活動が加わることで「フォースクロージャー」機能としての安定性を行います。

一般的には「フォームクロージャー」よりもフォースクロージャー」のほうが重要視されがちです。

これを簡単にいうと、足の内側縦アーチに対して、骨や靭帯などの構造面よりも、筋肉の活動に着目することが多いということです。

実は、足の内側縦アーチ保持において、重要なのはフォースクロージャーよりもフォームクロージャーです。

もっと言うと、足の内側縦アーチ保持は足底腱膜に依存が大きいです。

参考論文

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4089968/

https://trove.nla.gov.au/work/22705060

扁平足とFTA、O角、ミクリッツ線の関係

扁平足になっていると、下腿の肢荷重線がまっすぐではなくなります、

O脚とは、機能的にみると下腿内弯 下腿が内捻・外捻、下腿外旋、下腿外方偏位です

荷重線がまっすぐではなくなりますので、下腿内弯します。

 

扁平足ですと、膝の位置が通常より外側に位置します。

FTAが180度以上、ミクリッツ線が膝の内側を通ります。

膝の位置が通常より外側に位置するということは、膝蓋骨も外方変位しやすくなります。

Qアングルも減少するというわけですね。

扁平足だと、荷重線が変わってしまうこともあり、FTAやミクリッツ線、Qアングルにも影響が出る場合もあります。

扁平足について 補足

回内足の可動域は、骨性や靭帯によって決まっている部分が大きく、先天的な要素があります。

臨床を行なっていて見ることが多い扁平足の大半は、「回内足」によるものです。

先天的なものを「扁平足」と呼びます。

*ドイツなどの足病医は、扁平足と回内足を明確に区別しています。

「回内足」を「扁平足」では、アプローチの仕方が変わることがありますので、明確しなければいけない位場合もあります。

扁平足を解剖学的に説明すると、内側縦アーチが低下した状態で、距骨下関節が回内したままの状態です。

そもそも距骨は靭帯で筋肉が付着しない唯一の骨です。

9個の靭帯で支持されています。

距骨自体に筋肉が付着していませんから、回内足で「筋の果たす役割は大きくない」というのは、最もなことです。

もちろん例外的なケースも多数あります。

身体の構造は個人差が大きいと示唆していると言えます。

人種や性別も含め、かなり個体差があると言われています。

また、親と骨格が似るという観点からも、回内足が遺伝的に影響するとも言えます。

発育段階で、足部の環境要因に左右されることも大いにあります。

また、距骨下関節の関節の動き方の定義が異なるということもあります。

と、色々と書いてきましたが、はっきりしない書き方だなと思った方も多いと思います。

実は、プロサッカー選手の多くは、O脚であり、扁平足です。

理由としては、フットワークのような激しい左右の重心移動の動きが多く、結果として足部の靱帯の負担が大きくなり、アーチが低下し、回内足〔扁平足)になり、O脚になったのではないかと推測されています。

大問題じゃないか、と思いますよね?

ところが、最近の研究結果では、

回内足〔扁平足)よりも、回外足(ハイアーチ)の方が、足部などへの負担が大きく、問題が大きい。

回内足〔扁平足)に場合、靱帯に緩みが出て、柔軟性が大きくなり過ぎているだけで、それほど問題はない場合もある。

という研究結果もあるようです。

痛みがあるなど、治療対象になる場合もありますので、一概には言えません。

単に扁平足、O脚というところに注目するのではなく、下半身全体、全身を評価して、判断する必要があるということです。

参考記事

https://www.palmbeachpost.com/sponsored/20190908/concerns-about-flat-feet

https://www.abc.net.au/life/what-causes-bunions-how-to-avoid-them/11215660

まとめ

O脚扁平足の関係は

骨盤の前傾

 ⇅

大腿骨の内旋

 ⇅

下腿の外旋

 ⇅

扁平足(回内足)浮き指

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表  川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 2012年開業。頭蓋骨や手や足の骨を調整して全身を変えるちょっと変わった整体を行なっています。 私自身が重度のO脚だったことから、「足」「O脚」の研究を長年行なっています。 2018年に「足」についてのDVDが(株)医療情報研究所から販売されています。 痛みや症状、お悩みを解決することで「あなたの生活の質が感動的に上がること」を目指し、毎日一生懸命施術しています。

-O脚・X脚, 浮き指

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2019 All Rights Reserved.