O脚・X脚 浮き指

重度なO脚の方は、扁平足の方が多い

更新日:

重度なO脚の方は、扁平足の方が多い

O脚というと、膝や骨盤に問題があると思っているかもしれません。

O脚の原因が膝や骨盤にある方は、O脚でも軽度な方です。

また、足の内転筋が弱ってしまうのが原因で、O脚になってしまっていると思っている方も多いと思います。

これも、足の内転筋が原因の方は、O脚でも軽度な方です。

骨盤や膝を調整して、内転を鍛えて改善する方は、O脚の中でも軽度な方です。

実は、私自身が重度なO脚でした。

なかなか一般的なO脚改善の理論では改善しなかったことから、研究をはじめました。

すると、あることに気がつきます。

重度なO脚の方は、ほぼ全員と言っていいほど、扁平足だったのです。

私自身、左足の方がO脚が酷かったんんですが、左足の方が右に比べ、より扁平足でした。

扁平足とは?

偏平足は別名「回内足」とも言います。

回内足とは、こんな風になっています。

余談ですが、回外足のことをハイアーチともいいます。

扁平足は土踏まずが潰れた状態ですが、ハイアーチは土踏まずが過剰に盛り上がった状態です。

O脚の方は、扁平足(回内足)の方の方が多いですが、ハイアーチ(回外足)の方もいます。

なぜ、扁平足(回内足)だとO脚になりやすいのか?

回内足は、下の写真のように、ねじれています。

この写真を見てピンときたかもしれませんが、外反母趾も、回内足で発生します。

O脚の方は外反母趾になっている方も多いですよね。

偏平足(回内足)ですと、バランスを取るために、脛骨・腓骨(スネの骨)が内旋といって、内側にねじれます。

最後に股関節が内旋して、O脚の完成です。

で、こういうことです。

こういう一般的なイラストを見ても、扁平足については書いてありませんよね。

多くのO脚に関しての理論、アプローチが足りないのは、こういうことです。

また、歩くときに回外・回内運動を繰り返して歩いています。

O脚の方が、回内のみで歩いています。

でも身体とすれば、歩行時に、回外運動も行う必要があります。

代償動作と言って、動かないところとがあると、かばう働きがあります。

足首の回外運動できないことを、身体のどこかでかばおうとするのです。

O脚の方が、長く歩いていると腰が痛くなったり、膝が痛くなったり、股関節が痛くなったりすることがあると思います。

これは、足首の回外運動がうまくできないことを、かばうために、負担がかかっているからです。

足首が回外運動がうまくできない結果、O脚という変形として表れるのです。

結論:足首の過剰回内(オーバープロネーション)が良くなれば、O脚も良くなる

ということです。

ちゃんと足首の回外運動がうまくできれば、日常的にかかる負担が減ります。

結果として、だんだんとO脚の変形が取れてくるのです。

そもそも、回内足(オーバープロネーション)の方は、うまく使えている関節が少なく、身体の負担が日常的に大きいです。

結論:扁平足が改善することが、O脚を改善する早道?

歩行時に、ちゃんと足首の回内・回外運動がうまくできれば、日常的にかかる負担が減ります。

負担が減れば、O脚の変形を食い止めるどころか、O脚の改善も期待できます。

扁平足(回外足)を改善することが、O脚を早道とも言えます。

365日配信無料メルマガ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-O脚・X脚, 浮き指

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.