O脚・X脚 浮き指

O脚と扁平足の関係について

臨床をやっていると、よく遭遇するのがO脚扁平足です。

O脚なんですが、扁平足と関係ありますか?」

という質問をいただくことも多いです。

O脚扁平足の関係を解剖学的に解説します!

O脚と扁平足は関係ある?

O脚扁平足は関係あります。

原因とは言い切れませんがO脚扁平足の関係は深いです。

骨盤の前傾

 ⇅

大腿骨の内旋

 ⇅

下腿(ふくらはぎの骨のこと 脛骨腓骨)の外旋

 ⇅

足首の過剰回内(回内足・扁平足)

というフローがあります。

このフローを見る限り、O脚の原因は扁平足?!

となりがちです。

ところが

骨盤帯の問題⇨O脚⇨扁平足

扁平足⇨O脚⇨骨盤帯の問題

という全く逆のフローで発生することもあれば、半々くらいで進行することもあるようですので原因かと言われれば一概に言えません。

O脚の原因は扁平足とは言い切れませんが、関係はあるということなのでしょうね。

O脚の人は足首の扁平足のことが多いのも、関係が深いからなのです。

O脚と扁平足でも問題ない?!

実は、プロサッカー選手の多くは、O脚であり、扁平足です。

理由としては、フットワークのような激しい左右の重心移動の動きが多く、結果として足部の靱帯の負担が大きくなり、アーチが低下し、回内足〔扁平足)になり、O脚になったのではないかと推測されています。

大問題じゃないか、と思いますよね?

ところが、最近の研究結果では、

回内足〔扁平足)よりも、回外足(ハイアーチ)の方が、足部などへの負担が大きく、問題が大きい。

回内足〔扁平足)に場合、靱帯に緩みが出て、柔軟性が大きくなり過ぎているだけで、それほど問題はない場合もある。

という研究結果もあるようです。

痛みがあるなど、治療対象になる場合もありますので、一概には言えません。

単に扁平足、O脚というところに注目するのではなく、様々な方面、角度から分析して、評価・判断する必要があるのかもしれません。

一概に扁平足、O脚だからダメ! とは言えないでしょう。

参考記事

https://www.palmbeachpost.com/sponsored/20190908/concerns-about-flat-feet

https://www.abc.net.au/life/what-causes-bunions-how-to-avoid-them/11215660

O脚と扁平足のメカニズムについて

まずはO脚のメカニズム、バイオメカニクスについて解説していきます。

O脚で悩んでいる方の多くが

  • 膝が完全に伸ばせない
  • 膝を伸ばした際に、下腿(脛骨腓骨)が外旋できない、または内旋する
  • 扁平足

という現象が起きています。

これは私もそうです。

この現象には、スクリュー・ホーム・ムーブメント(screw home movement)という身体運動が大きく関わっています。

screw home movementを簡単に説明します。

膝関節を伸展していくと、最終伸展時 にスクリュー・ホーム・ムーブメント(screw home movement)と呼ばれる 下腿(脛骨腓骨

のごくわずかな外旋運動のことです。

立位や荷重位では下腿は足部を介し て地面に固定されているので、自由に下腿(脛骨腓骨)が外旋することはできません。

closed kinetic chain の状態です。

どうなっているかと言いますと、下腿が動かないで、大腿骨がクルッと内旋します。

通常の場合は、下腿が動かない代わりに、大腿が内旋して、リバースのような動きをしているということです。

しかし、多くのO脚の方は、そのようには動きません。

つまり、うまく大腿骨が内旋できなくなっています。

そうすると、膝を伸ばすためには下腿が外旋す るしかないので、地面に足部が固定されているにもかかわらず、下腿を強引に外旋させることになります。

強引に下腿が外旋してしまうと、カップリングモーションで下腿は外側に倒れる動きを行います。

このように、膝や下腿がねじれて、O脚のようになってしまうのです。

さらに、下腿を外旋させるためには、足部の外側のアーチが邪魔になります。

ですからO脚の方は、足部の外側のアーチをつぶすと自由に動けるようになります。

外側のアーチがつぶれると、内側のアーチも外側のアーチに乗っているの で、内側アーチもつぶれます。

内側のアーチも外側のアーチも潰れることで、扁平足になります。

これ以上アーチを潰さないためにも、膝を延びるようにしていく必要があります。

O脚を改善するためには、まずは膝が伸びるようにする必要がありますが、膝を完全に伸ばすため には SHMを誘導する必要があります。

膝を他動的に伸ばしてながら、下腿(脛骨腓骨)の外旋を誘導すると膝が伸びてくるということは非常に多いです。

ではなぜ SHM が、逆(内旋) になってしまっているのか?

この現象を改善することがO脚を改善するカギとなります。

扁平足・回内足について

扁平足のことを、回内足とも言います。

扁平足(回内足)は、内側の縦アーチが低下し、足首が回内したままの状態です。

扁平足を解剖学的に説明すると、内側縦アーチが低下した状態で、距骨下関節が回内したままの状態です。

距骨下関節の回内の動きで接地期の間に距骨下関節が回内しうる最終域は

  • 距骨下関節と横足根関節の運動軸の先天的な位置
  • 関節面の形状
  • 骨を連結する靭帯の順で制限されている

内側の縦アーチ(土踏まず)は筋の果たす役割は大きくありません。

 

内側縦アーチを構成する骨 

  • 第1趾
  • 第1中足骨
  • 内側楔状骨
  • 舟状骨
  • 踵骨

内側縦アーチを支える靭帯

  • 足底腱膜
  • スプリング靭帯(底側踵舟靭帯)
  • 長、短足底靭帯(底側踵立方靭帯

内側縦アーチに関わる靭帯

  • 長母趾屈筋
  • 後脛骨筋
  • 長趾屈筋
  • 母趾外転筋
  • 短趾屈筋

参考論文

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4089968/

https://trove.nla.gov.au/work/22705060

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3102962/

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4089968/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表  川崎浩司

厚生労働大臣免許 柔道整復師

2012年開業 看板も出さず宣伝広告を一切行わない、口コミ中心のスタイルで運営中。

人見知りで人前で喋ったり、目立つことが苦手なのに、うっかり(株)医療情報研究所から2018年に全国の徒手療法家向けのDVDを出版

-O脚・X脚, 浮き指

© 2021 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」