腰痛

右腰が痛い人は、大半の方が右腰が凹んでいる

更新日:

右腰が痛い人は、大半の方が右腰が落ち込んでいる

最近、日々の施術をしていて苦戦しているのが右の腰痛。

で、チェックすると写真のように右腰が前方に落ち込んでいるパターンのです。

なぜ、こんなに苦戦しているのかというと、やることを全部やっても、右腰の落ち込みが取れないからなのです。

やること全部やった、と言っても、変化が出ていないということは、まだ足りない何かがあるはずなんですけどね(笑)

この写真の方は、左に比べると、右が1cmくらい下がっています。

お話を伺うと、やはり右の方が左より痛いとのこと。

見るからに痛そうですもんね。

背骨は雑巾絞りのようにねじれている。

背骨ですが、大半の方が雑巾絞りのように捻れています。

例えば、この方のように腰椎(腰の骨)が右に前方回旋していると、その上の下部の胸椎(胸の骨)は左に前方回旋しています。

で、またその上の背骨もそれぞれ、逆方向に捻れあっていることが多いのです。

また、腰椎が右前方回旋していますから、骨盤は左に回旋していることが多いのです。

雑巾のように絞られているわけですから、骨や椎間板にも圧がかかって、負担がかかりますよね。

筋肉とすれば、そんなに捻れて欲しくないので、引っ張り合いのようになります。

それで、筋肉も疲れてきて、炎症が起きて痛くなるんですね。

骨盤の前面に問題があり

背骨を調整すると解決することもあれば、解決しないこともあります。

この方の場合は解決しませんでした。

結果としては、骨盤の前面の鼠径靭帯に問題がありました。

左よりも、やはり右の鼠径靭帯の方が問題が大きかったようです。

鼠径靭帯とは?

鼠径靭帯は腸骨の上前腸骨棘から恥骨の恥骨結節へ達します。

また、外腹斜筋腱膜からなり、大腿の筋膜に続いています。

鼠径靭帯は柔らかな組織からなっています。

体幹から下肢にかけての前面を通り、大腿三角の上縁をなします。

鼠径靭帯の中央部、すなわち上前腸骨棘から恥骨結節にかけての途中で、大腿神経が現れます。

外腹斜筋の停止腱膜が発達したもので、あまり靭帯っぽくない靭帯かな、と個人的に勝手に思っています(笑)

ということは、鼠径靭帯に変化が出れば、外腹斜筋にも変化が出るということです。

外腹斜筋

外腹斜筋は、腹部の筋肉のうちで腹壁外側部を走る側腹筋の一つです

起始 第5~第12肋骨外側面から斜め前下方に走り、

停止 腸骨稜および鼠径靱帯、白線 (en:Linea alba (abdomen)) に付着します。

体幹の前屈、側屈、反対側回旋、胸郭引き上げ、腹腔内圧拡大、などの働きがあります。

腰椎自体には、直接付着していませんが、肋骨や背骨の動きには関わりがあります。

妄想する力

こうやって解剖学を紐起きながら、パズルのように考えて、施術を組み立てていくわけです。

仮説を立てて検証する。

その力を付けるには、妄想力というのも、必要そうです(笑)

365日配信無料メルマガ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-腰痛

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.