東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」

東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」

足のトラブル

アキレス腱付着部炎 

アキレス腱付着部炎 

アキレス腱付着部炎 

アキレス腱付着部炎は、名前からどんな症状が出るが想像がつきやすいかもしれませんね。

アキレス腱炎は、アキレス腱そのものが痛くなることが多いのですが、アキレス腱付着部炎は、もう少し下の部分や、踵に近い部分が痛くなることが多いのです。

スポーツをやっている方でしたら、一度くらいはアキレス腱付着部炎になったことがあるかもしれません。

アキレス腱付着部炎の原因について書いていきたいのですが、まずはアキレス腱付着部炎の解説を簡単に行います。

アキレス腱とは?

腓腹筋とヒラメ筋を併せて下腿三頭筋と呼びます。

いわゆる「ふくらはぎ」の筋肉です。

腓腹筋とヒラメ筋の停止腱のことをアキレス腱と呼びます。

このアキレス腱は、人体で最も太い最強の腱でもあります。

下腿三頭筋の主な働きとしましては、足関節の底屈(ける動き)、ひざ関節の屈曲(ひざを曲げる動き)です。

日常でどうやって使っているか解説します。

足首を伸ばしたり、つま先立ちの動作時に働きます。

スポーツなどでは、ランニング動作や、跳躍動作が含まれる多くの動作で強く働きます。

アキレス腱付着部炎の原因とは?

先ほども書きましたが、アキレス腱は人体で最も太い最強の腱であり、歩いたり、走ったり、跳躍動作が含まれる多くの動作で強く働きます。

アキレス腱自体は、下腿三頭筋の力を、そのまま伝える組織であり、

膝の後ろ→ふくらはぎ→アキレス腱→踵→足裏腱膜は、一つの連続した組織と見ることができます。

ねじれなど、どこかに負担がかかることで、踵の後ろや踵の下に炎症が起きて痛みが出ます。

また、アキレス腱には血管がほとんどないため、一度炎症が起きると非常に治りにくい場所でもあります。

アキレス腱付着部炎の3つの原因

原因1 足首の過剰回内

足首は、上の図を見ていただければわかりますが、小さな骨の結合体です。

精密機械のように、実に複雑で細かい動きをしています。

骨と骨をつなぐ靭帯ですが、およそ身体の4分の1の靭帯が足首に集中しています。

足首は、そのくらい複雑で細かいのです。

先ほどにも書いた通り、アキレス腱付着部炎の方の足を観察すると、足首の過回内(オーバープロネーション)がおきています。

画像参考元 http://bullion.co.jp/archives/43

「足首の過回内が、アキレス腱付着部炎となんの関係があるのか?」

と思いますよね。

上の図を見ていただければわかるのですが、足首が崩れてしまっているので、すねの骨(脛骨や腓骨)が捻れます。

脛骨・腓骨が捻れれば、下腿三頭筋も捻じれます。

アキレス腱自体にも負担がかかってしまうのです。

原因2 浮き指

浮き指と呼ばれ、上の写真をみると足の指がそっくり返ってしまっているのがわかると思います。

あえて浮き指の状態を作っていただくと、ふくらはぎが伸ばされて、張るのがわかると思います。

この浮き指の状態で、歩いたり、走ったり、ジャンプのような跳躍動作をするので、アキレス腱に負担がかかり、炎症が起き、痛みが出てしまうのです。

たびたびアキレス腱付着部炎になるという方の足をチェックすると、浮き指になっている方が非常に多いのです。

原因3 足関節に背屈制限がある

アキレス腱付着部炎を起こしている方の足をチェックすると、足関節の動きで、背屈という足をいうつま先を上にあげる動きに制限がある方が非常に多いです。

背屈に制限があるため、つま先がまっすぐ上げられず、回内という回すように足を引っ張り上げることになります。

ねじれの動きが入るので、アキレス腱もねじれ、負担が大きくなり、炎症が起きて痛みが出るのです。

足関節に背屈制限がある方は、アキレス腱の内側に負担がかかります。

アキレス腱付着部炎を改善するには?

  1. 足首の過剰回内を改善する
  2. 浮き指を改善する
  3. 足関節の背屈制限を改善する

ということになります。

足首のねじれなどを改善しないと、マッサージやストレッチだけではなかなか改善しません。

歩き方、走り方、ジャンプなどの跳躍動作を改善する必要もあります。

アキレス腱付着部炎を起こしている方は、過回内などのアライメント不良を起こしています。

足の裏全体にしっかりと体重をかけて、動作が行えるように改善する必要もあります。

The following two tabs change content below.
「ながさき整骨院」代表  好きなもの:蒙古タンメン中本、WordPress、ブログ、SNS 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士

Subscribe / Share

COMMENT ON FACEBOOK

予約の取り方

初めての方の予約の取り方

ながさき整骨院は完全予約制となっております。

予約は電話予約、Web予約をお願いしております。

施術中や外出中で電話に出られない場合もあります。

申し訳ありませんがその時はしばらく経ってからまたお電話いただくか、Web予約にてお願いします。

予約専用番号 03-3958-5141

不明な点はお気軽におたずねください。

予約の取り方

施術料金

当院では、治療のレベルを高く保つために、全て自費での施術とさせていただいております。

痛い場所だけを診るのではなく、全身をしっかりと診て施術を行います。

また、全身調整のみで施術のコースはありません。

施術料金

営業時間・アクセス

東京都豊島区長崎4−8−10ー1F

西武池袋線「東長崎駅」北口徒歩2分 大江戸線 落合南長崎駅 徒歩10分  有楽町線・副都心線 千川駅 要町駅 徒歩15分

来院されている地域

豊島区長崎、豊島区南長崎、新宿区西落合、豊島区要町、豊島区千川、豊島区高松、豊島区西池袋、豊島区池袋本町、豊島区池袋、豊島区南池袋、豊島区目白、中野区江原町、板橋区向原、練馬区小竹町、練馬区栄町、練馬区豊玉北、中野区江古田、

TELL 03-3958-5141

◆営業時間

平日/10:00~21:00

土曜日/10:00~18:00

◆お休み

水曜日、日曜日、祝日

その他、不定休あり

営業時間・アクセス