ぎっくり腰 腰痛

ぎっくり腰・腰痛の施術について「臨床動画あり」

季節の変わり目に多いのが、ぎっくり腰・腰痛です。

実は、私もぎっくり腰・腰痛の経験者です。

1ヶ月に2回もぎっくり腰・腰痛になったことがあります・・・

ぎっくり腰・腰痛を検索するとたくさん情報が出てきて困惑した方も少なくないと思います。

ぎっくり腰・腰痛と一言で言っても、とても奥が深く「〇〇をすれば大丈夫!」というものはありません。

1つの因子でぎっくり腰・腰痛を発症することは少なく、複数ないし多数の因子でぎっくり腰・腰痛を発症することが多いのです。

自分にあったぎっくり腰・腰痛の改善方法を見つけることが重要です。

ぎっくり腰・腰痛の臨床動画

開業して間もない頃は、「ぎっくり腰・腰痛」専門の施術を行っていました。

今でこそ、「ぎっくり腰・腰痛」専門の施術というのはやっていませんが、得意な施術です。

ぎっくり腰・腰痛の場合、2〜3回ほどの施術で、日常生活に支障がない状態にすることができます、

この動画は足首を調整してぎっくり腰の痛みを緩和する施術を行なっています。

スクリューホームムーブメント(終末強制回旋運動)を利用した「ぎっくり腰」の臨床動画

意外かもしれませんが、このスクリューホームムーブメントができないことで、ギックリ腰や腰痛になることもあります。

下に貼り付けた臨床動画では、スクリューホームムーブメントがちゃんと行えるように導くことで、ぎっくり腰の痛みを緩和しています。

ぎっくり腰・腰痛を放っておくとどうなる?

ぎっくり腰・腰痛(骨に異常がない場合)、放っておいても1〜2ヶ月もすれば、日常生活に支障がないようになります。

病院や整骨院に行くのが面倒くさい、お金を使いたくない場合でも、何もしなくても、時間が経てば良くなります。

病院や整骨院に通った場合に比べると、痛い期間が長いだけです。

こんな事を書くと商売っ気がないのですが、受診するか迷っているのでしたら、受診しなくても、ちゃんといつかは良くなります。

ただし

  • 骨折、靭帯損傷などの怪我
  • ヘルニア、脊柱管狭窄症などの病気
  • 化膿などの感染症
  • 尿管結石や腎盂炎

などを除き、あくまで異常がない場合に限ります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表  川崎浩司

厚生労働大臣免許 柔道整復師

2012年開業 看板も出さず宣伝広告を一切行わない、口コミ中心のスタイルで運営中。

人見知りで人前で喋ったり、目立つことが苦手なのに、うっかり(株)医療情報研究所から2018年に全国の徒手療法家向けのDVDを出版

-ぎっくり腰, 腰痛

© 2022 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」