東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」

東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」

足のトラブル

長母趾屈筋腱炎(足の腱鞘炎)

長母趾屈筋腱炎(足の腱鞘炎)

長母趾屈筋腱炎(足の腱鞘炎)

長母趾屈筋腱炎というのは、あまり聞きなれない名前かもしれませんね。

具体的には、

「足の親指を曲げると、パキッと音が鳴る」

「足の親指を曲げると、くるぶしの辺りが痛い」

という、症状が起きます。

手の腱鞘炎は、ばね指と言われます。

ばね指は、指を曲げ伸ばすと、引っ掛かりやパキッと音とがなります。

重症化すると、痛みが強くなり、自動運動では曲げ伸ばしが困難になることもあります。

長母趾屈筋腱炎は、ばね指の足の指バージョンと言えるかもしれません。

バレエ愛好者に多いことから、「バレエ足」とも言われることがあるそうです。

また痛みの出る場所が(くるぶしの辺り)、三角骨障害で痛みが出る場所と近く、鑑別が非常に難しいと言われています。

長母趾屈筋腱炎の原因について書いていきたいのですが、まずは長母趾屈筋の解説を簡単に行います。

長母趾屈筋とは?

起始 腓骨体後面の下方2/3 下腿骨膜の後面

停止 母趾の末節骨底

支配神経 脛骨神経

主な働き 足関節の屈曲(底屈)、足の内反、母趾の屈曲(IP関節)

簡単に説明すると、ふくらはぎの筋肉の下から出て、内くるぶしの下の腱鞘というストロー状のところを通ります。

内くるぶしの下の腱鞘で90度方向転換します。

その後、足の裏を通り、母趾の先の骨の裏側に付着します。

下腿三頭筋という、ふうらはぎの筋肉に覆われ、外反母趾にならないように頑張っている筋肉でもあります。

また、内側の縦アーチの維持を助けています。

爪先立ちやなどの動作をする際に、働きます。

長母趾屈筋腱炎の原因とは?

母趾を曲げて使いすぎていると、母趾の付け根が痛くなり、曲げる度にパキッということもあります。

踝のあたりの痛みの原因の説明をします。

先ほども書きましたが、長母趾屈筋は、

「ふくらはぎの筋肉の下から出て、内くるぶしの下の腱鞘というストロー状のところを通ります。

内くるぶしの下の腱鞘で90度方向転換します。

その後、足の裏を通り、母趾の先の骨の裏側に付着します。」

内くるぶしの下の腱鞘のところで、90度方向転換するわけなのですが、ここで負担が大きくなってしまいます。

内くるぶしの下で、長母趾屈筋の負担が大きくなり、炎症が発生し、痛みが出ます。

先ほども書きましたが、三角骨障害と鑑別が難しい足のトラブルでもあります。

長母趾屈筋腱炎の対策とは?

使いすぎと言われることが多いはずです。

安静にしても、改善せず、重症な場合は腱鞘を切開しする手術が行われることもあります。

三角骨障害と鑑別する意味でも、まずは整形外科を受診したのちに、当院で施術と流れをお勧めしております。

安静、固定・・・というのが、よく言われる話なのですが、、、

長母趾屈筋腱炎の方をよく観察していると、ある特徴があることを発見します。

その特徴とは・・・

足首の過剰回内

足首は、上の図を見ていただければわかりますが、小さな骨の結合体です。

精密機械のように、実に複雑で細かい動きをしています。

骨と骨をつなぐ靭帯ですが、およそ身体の4分の1の靭帯が足首に集中しています。

足首は、そのくらい複雑で細かいのです。

先ほどにも書いた通り、O脚やX脚の方の足をチェックすると、足首の過回内(オーバープロネーション)がおきています。

画像参考元 http://bullion.co.jp/archives/43

 

足首の過剰回内

「足首の過回内が、長母趾屈筋腱炎となんの関係があるのか?」

と思いますよね。

上の図を見ていただければわかるのですが、足首が崩れてしまっているので、すねの骨(脛骨や腓骨)が捻れます。

長母趾屈筋がねじられ、引っ張られるイメージが想像できるのではないでしょうか?

この足首の過剰回内の問題を解決することこそが、長母趾屈筋腱炎の改善への早道なのです。

最後にまとめると

長母趾屈筋腱炎の原因は、足首の過回内が助長していると考えられます。

痛い場所だけ見るのではなく、足全体、また全身をよく観察して、施術を行う必要があります。

The following two tabs change content below.
「ながさき整骨院」代表  好きなもの:蒙古タンメン中本、WordPress、ブログ、SNS 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士

Subscribe / Share

COMMENT ON FACEBOOK

予約の取り方

初めての方の予約の取り方

ながさき整骨院は完全予約制となっております。

予約は電話予約、Web予約をお願いしております。

施術中や外出中で電話に出られない場合もあります。

申し訳ありませんがその時はしばらく経ってからまたお電話いただくか、Web予約にてお願いします。

予約専用番号 03-3958-5141

不明な点はお気軽におたずねください。

予約の取り方

施術料金

当院では、治療のレベルを高く保つために、全て自費での施術とさせていただいております。

痛い場所だけを診るのではなく、全身をしっかりと診て施術を行います。

また、全身調整のみで施術のコースはありません。

施術料金

営業時間・アクセス

東京都豊島区長崎4−8−10ー1F

西武池袋線「東長崎駅」北口徒歩2分 大江戸線 落合南長崎駅 徒歩10分  有楽町線・副都心線 千川駅 要町駅 徒歩15分

来院されている地域

豊島区長崎、豊島区南長崎、新宿区西落合、豊島区要町、豊島区千川、豊島区高松、豊島区西池袋、豊島区池袋本町、豊島区池袋、豊島区南池袋、豊島区目白、中野区江原町、板橋区向原、練馬区小竹町、練馬区栄町、練馬区豊玉北、中野区江古田、

TELL 03-3958-5141

◆営業時間

平日/10:00~21:00

土曜日/10:00~18:00

◆お休み

水曜日、日曜日、祝日

その他、不定休あり

営業時間・アクセス