足のトラブル

長母趾屈筋腱炎(足の腱鞘炎)

更新日:

長母趾屈筋腱炎(足の腱鞘炎)

長母趾屈筋腱炎というのは、あまり聞きなれない名前かもしれませんね。

具体的には、

「足の親指を曲げると、パキッと音が鳴る」

「足の親指を曲げると、くるぶしの辺りが痛い」

という、症状が起きます。

手の腱鞘炎は、ばね指と言われます。

ばね指は、指を曲げ伸ばすと、引っ掛かりやパキッと音とがなります。

重症化すると、痛みが強くなり、自動運動では曲げ伸ばしが困難になることもあります。

長母趾屈筋腱炎は、ばね指の足の指バージョンと言えるかもしれません。

バレエ愛好者に多いことから、「バレエ足」とも言われることがあるそうです。

また痛みの出る場所が(くるぶしの辺り)、三角骨障害で痛みが出る場所と近く、鑑別が非常に難しいと言われています。

長母趾屈筋腱炎の原因について書いていきたいのですが、まずは長母趾屈筋の解説を簡単に行います。

長母趾屈筋とは?

起始 腓骨体後面の下方2/3 下腿骨膜の後面

停止 母趾の末節骨底

支配神経 脛骨神経

主な働き 足関節の屈曲(底屈)、足の内反、母趾の屈曲(IP関節)

簡単に説明すると、ふくらはぎの筋肉の下から出て、内くるぶしの下の腱鞘というストロー状のところを通ります。

内くるぶしの下の腱鞘で90度方向転換します。

その後、足の裏を通り、母趾の先の骨の裏側に付着します。

下腿三頭筋という、ふうらはぎの筋肉に覆われ、外反母趾にならないように頑張っている筋肉でもあります。

また、内側の縦アーチの維持を助けています。

爪先立ちやなどの動作をする際に、働きます。

長母趾屈筋腱炎の原因とは?

母趾を曲げて使いすぎていると、母趾の付け根が痛くなり、曲げる度にパキッということもあります。

踝のあたりの痛みの原因の説明をします。

先ほども書きましたが、長母趾屈筋は、

「ふくらはぎの筋肉の下から出て、内くるぶしの下の腱鞘というストロー状のところを通ります。

内くるぶしの下の腱鞘で90度方向転換します。

その後、足の裏を通り、母趾の先の骨の裏側に付着します。」

内くるぶしの下の腱鞘のところで、90度方向転換するわけなのですが、ここで負担が大きくなってしまいます。

内くるぶしの下で、長母趾屈筋の負担が大きくなり、炎症が発生し、痛みが出ます。

先ほども書きましたが、三角骨障害と鑑別が難しい足のトラブルでもあります。

長母趾屈筋腱炎の対策とは?

使いすぎと言われることが多いはずです。

安静にしても、改善せず、重症な場合は腱鞘を切開しする手術が行われることもあります。

三角骨障害と鑑別する意味でも、まずは整形外科を受診したのちに、当院で施術と流れをお勧めしております。

安静、固定・・・というのが、よく言われる話なのですが、、、

長母趾屈筋腱炎の方をよく観察していると、ある特徴があることを発見します。

その特徴とは・・・

扁平足(足首の過剰回内)を改善すること

足首は、上の図を見ていただければわかりますが、小さな骨の結合体です。

精密機械のように、実に複雑で細かい動きをしています。

骨と骨をつなぐ靭帯ですが、およそ身体の4分の1の靭帯が足首に集中しています。

足首は、そのくらい複雑で細かいのです。

先ほどにも書いた通り、長母趾屈筋腱炎の方の足を観察すると、扁平足(足首の過回内・オーバープロネーション)がおきています。

画像参考元 http://bullion.co.jp/archives/43

扁平足(足首の過剰回内)

「足首の過回内が、長母趾屈筋腱炎となんの関係があるのか?」

と思いますよね。

上の図を見ていただければわかるのですが、足首が崩れてしまっているので、すねの骨(脛骨や腓骨)が捻れます。

長母趾屈筋がねじられ、引っ張られるイメージが想像できるのではないでしょうか?

この足首の過剰回内の問題を解決することこそが、長母趾屈筋腱炎の改善への早道なのです。

扁平足の一般的に推奨される運動療法

タオルギャザーが推奨されています。

これは説明しなくても良いかもしれませんが、一応説明します。

タオルを床に置き、足の指や足の裏でタオルを引き寄せたり、丸めたりする運動です。

タオルギャザーで筋力を強化して、扁平足を改善しましょう、ということです。

タオルギャザーで扁平足が改善するのか?

タオルギャザーをいくらやっても、変化を感じられず、気がつくとやめてしまった・・・

という方は多いのではないでしょうか?

タオルギャザーで扁平足が改善した方を、私は見たことがありません。

タオルギャザーで扁平足が悪化する?

扁平足を引き起こすメカニズムを考えると、タオルギャザーの効果というのは、非常に懐疑的に見ざるをえません。

扁平足は、踵の骨や距骨の過剰回内(オーバープロネーション)から発生しています。。

つまり、踵の関節が過剰回内を起こし、中足骨がねじれて潰れてしまうことが、扁平足の直接的な原因です。

これは、外反母趾と発生機序は同じです。

先ほど、挙げたタオルギャザー。

やってみると気がついた方がいるかもしれませんが、過剰回内(オーバープロネーション)、扁平足を悪化させる動きを助長するのです。

タオルギャザーを行うと、低下しているアーチが持ち上がるどころか、指の間が開き、アーチが低下してしまうのです・・・

じゃあ、どんな動きをやれば良いのでしょうか?

それは爪先立ちの動きです。

長母趾屈筋腱炎を改善するためのトレーニング

爪先立ちの動き(カーフレイズ)

タオルギャザーとか逆の動きなのですが、立った状態で、爪先立ちの動きをすると、足のアーチが上がります。

足の指を床に押し付けるような動きになり、土踏まずが盛り上がるのです。

タオルギャザーのような動きは、逆に中足骨を床に押し付ける動きで、足のアーチを低下させます。

爪先立ちの動き(カーフレイズ)は、タオルギャザー(床に敷いたタオルを足の指や足の裏で手繰り寄せる運動)とは逆の動きです。

立った状態で、爪先立ちの動きをすると、中足骨が締まり、足のアーチが上がります。

足の指を床に押し付けるような動きになり、ぐっと土踏まずが盛り上がるのです。

この動きこそが、過剰回内(オーバープロネーション)を改善する動きでもあります。

参考動画

カーフレイズのコツは、しっかりと足の指で地面を掴むように踏ん張り、身体を持ち上げる時に真上に上げることです。

真上ではなく、前に倒れるように、身体を持ち上げると楽に上がるのですが、足の裏や足の指、ふくらはぎに効きません。

真上にやると、超きついです。

動画のように壁につかまりながらではないとできないと思います。

回数も、そんなにこなせない思いますので、最初はできる範囲でやって行くといいと思います。

オススメは10回 4セットです。

これを週に2〜3回です。

4日トレーニングを開けてしまうと、神経の発達が遅くなると言いますか、戻ってしまうとされています。

最低でも、週に2回は取り組んでください。

扁平足が発生した環境を考える

カーフレイズなどの運動療法を行うのも大事なのですが、考えていくべきなのが、扁平足が発生した環境です。

「立つ」、「歩く」、「走る」という、ベーシックな動きをどのように改善していくのか?

という事です。

せっかくカーフレイズをできるようになっても、日常の「立つ」、「歩く」、「走る」という、ベーシックな動きが改善できなければ、意味がありません。

その方法としては、カーフレイズ などのエクササイズを、日常的な生活の中で、意識的にテーマを持って動作する事で、扁平足の改善には役に立つはずです。

扁平足で悩んでいる方の、何かのお役に立てればと思います。

最後にまとめると

長母趾屈筋腱炎の原因は、オーバーワーク、足首の過回内が原因して考えられます。

痛い場所だけ見るのではなく、足全体、また全身をよく観察して、施術を行う必要があります。

365日配信無料メルマガ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-足のトラブル

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.