BLOG 腰痛

腰痛と膝窩(膕・ひかがみ)の圧痛の関係

投稿日:

腰痛と膝窩(膕・ひかがみ)の圧痛の関係

最近、腰痛の施術で少々スランプ気味でした。

なかなか改善しきれないことが多かったのです。

こういう時こそ、基本に立ち返ってみるものですね。

もう一度、基本に立ち返ってクライアントさんの身体をよく観察するということです。

すると、見事に最近、見落としていた場所が見つかりました。

腰痛施術では基本中の基本とも言える場所です。

膝窩(膕・ひかがみ)の圧痛

実は、膝窩の圧痛を取っていくことが、腰痛の方への施術のキモとなるのです。

基本中の基本なのですが、案外見落としてしまうものですね。

自分への戒めも込めて、この記事を書いています。

腰が痛い方は、膝窩を優しく丹念に触ってみてください。

ゴリっと硬く、触ると飛び上がるほど痛い場所があると思います。

膝窩のこのゴリっとしたところがなくなると、腰痛が楽になるのです。

ひかがみって言葉は聞いたことありますか?

漢字で書くと 膕 です。

難しい漢字ですね(笑)

場所は、膝の後ろ側のくぼんでいるところです。

膝窩のことを、ひかがみとも言います。

昔の日本の古い言葉らしいです。

なぜ「ひかがみ」へのアプローチで腰が楽になるのか?

膝から下の骨は、脛骨、腓骨と2本の骨があります。

腓骨という骨がなかなか面白いのです。

結構、動きます。

動くということは、捻れやすいということです。

腓骨がねじれるので、ひかがみが硬くなったり、痛みが出るのですね。

また、腓骨が動くということは、腓骨に付いている筋肉や靭帯も動くということになります。

膝に近い部分に恥骨頭があるのですが、腓骨等には膝の外側側副じん帯、大腿二頭筋が付着しています。

腓骨頭の位置が狂うと、外側々副じん帯にも影響が出るので、膝の動きや痛みにも関わります。

大腿二頭筋は坐骨結節という、骨盤から出ています。

ということは、腓骨が動くと骨盤の動きにも影響が出ます。

大腿二頭筋に骨盤が引っ張られるイメージですから、腰の機能や動きにも影響が出てしまうのですね。

長引く腰の痛みで悩んでいる方は、ぜひ「ひかがみ」をチェックしてみてください。

きっと飛び上がるほど痛いはずです(笑)

膝窩(膕・ひかがみ)の圧痛がなくなれば

全員に100%効くとは言えませんが、6〜7割くらいの方は、膝窩の圧痛がなくなれば、腰痛がラクになります。

ぜひ、腰痛で悩んでいる方は試してみてください。

膝窩に圧痛があるということは、それだけ脛骨・腓骨がねじれているとも言えます。

脚がねじれてしまっているということですね。

膝窩の圧痛がなくなると、膝の痛みもラクになることもありますし、脚がか軽くなった印象を受ける方のいると思います。

あ、脚のむくみにも効くこともあります!

365日配信無料メルマガ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-BLOG, 腰痛

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.