腰痛

腰痛や背中の痛みは、風邪をひいた時のように管理しなければいけない場合も・・・

投稿日:

背中の痛みや腰痛。

整形外科を受診し、特に大きな問題はなかったが、安心はしたものの、まだ痛みが残る。。。

「うーん、どうしよう」となり、対処法を考え

  • ストレッチ?
  • 体操?
  • 運動?
  • 湿布や痛み止め?
  • 他の整形外科?
  • 接骨院?
  • 整体?
  • カイロプラクティク?

と思われたかもしれません。

ところが、上記の行為が、背中の痛みや腰痛の改善を遅らせることもあれば、悪化させる場合もあります。

もちろん、上記の行為を行なったことで、背中の痛みや腰痛の改善につながることもありますので、一概には言えませんが。

何が言いたいかと言うと、「背中の痛みや腰痛は、風邪引いた時みたいに対処する必要がある」と言うこと。

風邪を引いた場合、強い鎮痛剤などの注射や抗生物質が必要ではなく、水分補給、栄養補給してしっかり休養することが大事ですよね。

背中の痛みや腰痛も同じです。

いきなり

まずは基本的な

  • 水分補給
  • 栄養補給
  • しっかり休養する

を行い、それでも改善が芳しくなければ、次の一手を考えた方が良いかと思います。

参考記事

https://www.rnz.co.nz/national/programmes/sunday/audio/2018713323/back-pain-should-be-managed-like-the-common-cold

解説します。

痛みが出ていると言うことは、どこかの組織が損傷している?

背中の痛みや腰痛に限らず、どこかが痛いということは、筋肉や靭帯や関節包など、軟部組織を損傷している可能性が非常に高いです。

特に何かをした記憶もなく、軟部組織を損傷している自覚がない方も多いと思います。

痛みのメカニズムは、かなり複雑です。

損傷している、していないと一概に言えないのですが、話が複雑になってしまいますので、ご理解をお願いします。

参考論文

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26752509

スポーツ外傷と、スポーツ障害の違いです。

スポーツ外傷は

  • 捻って足首を捻挫した
  • 手をついた際に肩を痛めた
  • 膝をひねった

など、わかりやすいケガですね。

スポーツ障害は

  • テニス肘
  • ゴルフ肘
  • シンスプリント
  • ランナー膝
  • ジャンパー膝

スポーツ障害の方は、小さなダメージが重なって軟部組織が損傷されます。

デスクワークなどで、肩や首、背中や腰を痛めてしまうのは、スポーツ障害的な感じかもしれません。

蓄積で身体にダメージを受けている場合、まず必要なことが

  • 水分補給
  • 栄養補給
  • しっかり休養する

です。

ストレッチやリハビリや筋トレ、整体などを行うのは、まずは基本的なことをしっかり行い、身体が回復してから行なった方が効率よく行えます。

施術と食事どっちが大事?

結論から言うと、施術も食事も大事です。

トレーニングも食事の関係と近いかもしれません。

トレーニングだけ行っても、しっかり栄養を摂らなければ、身体は壊れっぱなしで、身体は発達しません。

そもそも、しっかり栄養を摂らないと、高強度のトレーニングも行えませんから・・・

食べたもので身体ができていますが、食事と痛みも関係があります。

また、喫煙も痛みと大きく関係します。

タバコを吸うと筋肉や腱が脆くなるという研究結果があります。

喫煙により血流も悪くなり、組織修復作用も悪くなります。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27663657?fbclid=IwAR2o9kU5k6xcuejKjGDS5sCGjBC9IkEHQAr6DM1lQS5oEPV-W9lsEmmj2cw

繰り返しになりますが、

  • 水分補給
  • 栄養補給
  • しっかり休養する

が不足していると、組織修復作用も悪くなります。

結果、痛みが出やすい、治りが悪いという結果になりやすいということですね。

  • ケガをしやすい
  • 背中が痛くなりやすい
  • 慢性腰痛
  • ケガの治りが悪い
  • しょっちゅうどこかが痛くなる

という方は、ドクターショッピングを繰り返したり、いろいろな民間療法やサプリメントを試す前に。

まずは基本的な

  • 水分補給
  • 栄養補給
  • しっかり休養する

を行いましょう!

腰痛体操やストレッチ、体操や筋トレを行う前に、まずは基本的なことから行なってみましょう!

まとめ

「背中の痛みや腰痛は、風邪引いた時みたいに対処する必要がある」と言うこと。

風邪を引いた場合、強い鎮痛剤などの注射や抗生物質が必要ではなく、水分補給、栄養補給してしっかり休養することが大事ですよね。

背中の痛みや腰痛も同じです。

いきなり

まずは基本的な

  • 水分補給
  • 栄養補給
  • しっかり休養する

を行い、それでも改善が芳しくなければ、次の一手を考えた方が良いかと思います。

参考記事

https://www.rnz.co.nz/national/programmes/sunday/audio/2018713323/back-pain-should-be-managed-like-the-common-cold

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表  川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 2012年開業。頭蓋骨や手や足の骨を調整して全身を変えるちょっと変わった整体を行なっています。 私自身が重度のO脚だったことから、「足」「O脚」の研究を長年行なっています。 2018年に「足」についてのDVDが(株)医療情報研究所から販売されています。 痛みや症状、お悩みを解決することで「あなたの生活の質が感動的に上がること」を目指し、毎日一生懸命施術しています。

-腰痛

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2019 All Rights Reserved.