コラム

雨の日に頭痛が起きたり、古傷が痛むメカニズムについての有力な説

  • 雨の日の頭痛・・・
  • 雨の日は古傷が痛む・・・
  • 台風が来ると頭痛が・・・
  • 台風が来ると古傷が痛む・・・

こんな経験はないでしょうか?

または身の回りに悩んでいる方がいらっしゃるかもしれません。

これまで医学的には否定的な見解が多かったような気がします。

これまで有力だったのは

「雨が降る前は関節が痛む…」

  • 実際、患者全員が「天候と痛みは関係ある」と確信している
  • しかしながら、客観的なデータを調べると何の関連もない
  • ベタな表現に引っ張られた患者が勝手に「今日痛いのは天気のせい???」と思い込んでいる

とされていました。

ただ、臨床をやっていると天気と痛みの関連を訴える方が多いのも事実。

実際のところはどうなのでしょうか?

最近、最も有力であろう説が明らかになりました。

雨の日に頭痛が起きたり、古傷が痛むメカニズム

気圧が下がる

⇩⇩⇩⇩⇩

内耳の気圧センサー感知

⇩⇩⇩⇩⇩

視床下部を通じて交感神経亢進

⇩⇩⇩⇩⇩

ノルアドレナリン血中放出

⇩⇩⇩⇩⇩

ノルアドレナリンが侵害受容器刺激活動亢進(痛みを感じる神経を刺激)

⇩⇩⇩⇩⇩

ノルアドレナリンが血管収縮を促す

⇩⇩⇩⇩⇩

ノルアドレナリンが血液中のマクロファージ・肥満細胞活性させ、ヒスタミン、TNFα放出し痛みを感じる神経を刺激

⇩⇩⇩⇩⇩

ノルアドレナリンが副腎髄質に働きかけアドレナリン分泌促進

⇩⇩⇩⇩⇩

痛みを感じる神経を刺激

現時点では上記のメカニズムが有力とされています。

痛くなる人と痛くならない人がいるのはなぜ?!

通常の状態では、天気の影響で侵害受容器が刺激されても、実は痛みを感じることはほとんどないとされています。

しかし、神経などに炎症などが存在すると、正常時では認められなかった交感神経に反応する回路が新たに出現すると言われています。

正常時では認められなかった交感神経に反応する新たな回路が、気圧の変化で痛みを感じるようになってしまうとされています。

そのため古傷がある方は、気圧の変化に敏感になります。

頭痛持ちと言われる方も、上記と同じメカニズムで気圧の変化に敏感になっていると考えられています。

顎関節症も天気の影響を受けやすい?!

天気の変化で痛みにより影響を受けやすかったのは片頭痛です。

特に気圧と気温の変化が関係しています。

天気の変化による痛みの変動が大きいのは意外にも顎関節症です。

一言で痛みといっても影響の度合いが違うようです。

気圧が低ければ低いほど頭痛が起きやすい?!

気圧が低ければ低いほど頭痛が起きやすいと言うわけではないようです。

平均気圧を1013hPaとすると、少し低い1003〜1007hPaで最も片頭痛が悪化しやすかったという研究結果があります。

また、気圧が平均気圧よりも5hPa以上低下する前の日に頭痛が起きやすくなり、5hPa以上高くなる2日前に頭痛が改善するとも報告されています。

参考文献

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/17403039/

Kelman, L. The triggers or precipitants of the acute migraine attack. Cephalalgia 27, 394-402, doi:10.1111/j.1468-2982.2007.01303.x (2007).

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/19273827/

Mukamal, K. J., Wellenius, G. A., Suh, H. H. & Mittleman, M. A. Weather and air pollution as triggers of severe headaches. Neurology 72, 922-927, doi:10.1212/01.wnl.0000344152.56020.94 (2009).

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/15186304/

Prince, P. B., Rapoport, A. M., Sheftell, F. D., Tepper, S. J. & Bigal, M. E. The effect of weather on headache. Headache 44, 596-602, doi:10.1111/j.1526-4610.2004.446008.x (2004)

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28244179/

Cioffi, I. et al. Effect of weather on temporal pain patterns in patients with temporomandibular disorders and migraine. J Oral Rehabil 44, 333-339, doi:10.1111/joor.12498 (2017).

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28244179/

Cioffi, I. et al. Effect of weather on temporal pain patterns in patients with temporomandibular disorders and migraine. J Oral Rehabil 44, 333-339, doi:10.1111/joor.12498 (2017).

https://springerplus.springeropen.com/articles/10.1186/s40064-015-1592-4

 Okuma, H., Okuma, Y. & Kitagawa, Y. Examination of fluctuations in atmospheric pressure related to migraine. Springerplus 4, 790, doi:10.1186/s40064-015-1592-4 (2015).

https://www.jstage.jst.go.jp/article/internalmedicine/50/18/50_18_1923/_article/-char/ja/

Kimoto, K. et al. Influence of barometric pressure in patients with migraine headache. Intern Med 50, 1923-1928 (2011).

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表  川崎浩司

厚生労働大臣免許 柔道整復師

2012年開業 看板も出さず宣伝広告を一切行わない、口コミ中心のスタイルで運営中。

人見知りで人前で喋ったり、目立つことが苦手なのに、うっかり(株)医療情報研究所から2018年に全国の徒手療法家向けのDVDを出版

-コラム

© 2021 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」