東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」

東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」

各種症状

手首を反らせると、手首の真ん中が痛い【手首の腱鞘炎】の原因と対策とは?

手首を反らせると、手首の真ん中が痛い【手首の腱鞘炎】の原因と対策とは?

手首を反らせると、手首の真ん中が痛い【手首の腱鞘炎】の原因と対策とは?

仕事中だけでなく、プライベートでも手は一日中、使いっぱなしです。

一日中使っているわけですから、手が痛いというのは、なかなかストレスです。

手首を反らせると、手首の真ん中が痛い・・・

というトラブルを訴える方というのは、多いのです。

特に、PC作業で、マウスを使う際には、手首を反らせて使います。

またスマホ操作などでも、手首を軽く反らせて使うことが多いのではないでしょうか?

何かと、手首をいうのは、反らせて使うことが多いです。

なぜ、手首に痛みが出るのかと言いますと、身体の使い方に問題があるのです。

具体的にいうと、手首の使い方と、肩甲骨の使い方の2つです。

解説していきます。

原因その1 手首を小指側に曲げて使っていませんか?

普段、こうやって使っていませんか?

手首を小指側に曲げて使っていませんか?

手首を反らせると、痛い方は、マウス操作の際に、手首が少し小指側に曲がっていることが多いはずです。

手首を小指側に曲げることを尺屈というのですが、尺屈の状態で手首を使うと、手首の関節の可動域が増え、前腕の筋肉や骨がうまく使えず、負担が増えて、痛みが出てしまうのです。

手首を親指側に曲げて使う

 

写真のように、親指側に曲げた状態を、橈屈と言います。

マックスまで親指側に曲げてロックした状態(橈屈)にすると、手首の可動域が最も小さくなり、手首が締まります。

手首の可動域が最も小さくなり、手首が締まっている状態だと、前腕の筋肉や骨をうまく使うことができます。

サポーターやギプスなどで固定しなくても、自然に手首を締めて、手首だけではなく、腕全体で操作することができるようになります。

まずは、日々の使い方を改めてください。

腕立て伏せをすると、手首が痛くなる方は、手首をハの字に形にして行うと、痛みが出ません。

手首を小指側に曲げて使っている場合の対策は?

まずは、手首を橈屈位(親指側に曲げて使う)にして、使いましょう。

慣れるまでは大変ですが、反復練習あるのみです。

セルフケア

手首の指の骨の間の部分を緩めてみてください。

中手骨という骨です。

手首の真ん中に痛みがある方は、この中手骨の骨の間が、固まっていて、ちょっと押すだけで痛みがあるはずです。

手首の関節が動きすぎて痛みが出ているわけですから、この手根骨だけでなく、中手骨という骨の動きにも問題が出ています。

この中手骨の間を緩めるだけで、中手骨の動きが良くなります。

手首を反る時に、中手骨の動きが良くなれば、手首の関節の負担を減らすことができます。

まだ、軽度な方でしたら、このセルフケアだけで、ある程度痛みは軽減します。

簡単にできると思いますので、是非やってみて下さいね。

原因その2 肩甲骨がうまく使えていない

一般論になりますが、どこかが痛くなるということは、身体の連動が、止まってしまっているということです。

身体を固めて行うスポーツはありません。

柔らかくしなやかに使うことが大原則です。

手首を反らせると、手首の真ん中が痛くなるということは、手首の反らせる動きをしたときに、どこかで連動が止まっています。

どこで止まっているかと言いますと、肩甲骨です。

肩甲骨下制の動きができていない

手首を反らせると、手首の真ん中が痛くなる場合、鎖骨と肩甲骨を押し下げるような、肩甲骨下制の動きができていないのです。

図だけですと、難しいと思いますので、動画を貼ります。

という動きです。

実は、手首を反らせる動きを、身体全体で行うと、上腕外旋・肩関節外旋・肩甲骨下制の動きになります。

ベンチプレスや、腕立て伏せの動作で考えると、非常にわかりやすいと思います。

肩甲骨下制の動きを伴わない状態で、手首を反らせると、手首が痛くなるか、肘が痛くなるか、肩の前側など、どこかに負担がかかります。

実は、手首を反らせる動きを、身体全体で行い、上腕外旋・肩関節外旋・肩甲骨下制することで、手首の反らせる動きを、体全体で逃すイメージになります。

手首を反らせると、手首の真ん中が痛くなる方は、この肩甲骨下制の動きがうまくできない方が非常に多いです。

下の懸垂の動画も参考になるかと思います。

懸垂も同じです。

身体全体で懸垂を行うには、上腕外旋・肩関節外旋・肩甲骨下制の動きになります。

肩関節外旋(肩甲上腕関節)

手の平を、真正面に向ける動きとでも言いましょうか。

図だけですと、難しいと思いますので、動画を貼ります。

肩関節外旋(肩甲上腕関節)を開くような動きをすると、肘がお腹にぶつかるような動きになります。

また、結果として肩甲骨下制の動きになります。

l

懸垂の動きを行うと、肩関節外旋、上腕骨外旋、肩甲骨下制の動きで行うことになります。

ベンチプレス、腕立て伏せでも同様です。

肩甲骨下制の動きを伴わない状態で、ベンチプレス、腕立て伏せを行うと、手首が痛くなるか、肘が痛くなるか、肩の前側などなど、どこかに負担がかかります。

手首を反らせると、手首の真ん中が痛くなる方は、猫背気味の方が多い

肩関節外旋、上腕骨外旋、肩甲骨下制は、結果首が長くなり、胸を張って、肩甲骨を寄せる動きになります。

日本人は、肩こりの人が多いというのも、この「肩関節外旋、上腕骨外旋、肩甲骨下制」という動きが苦手な人が非常に多いように感じます。

単に肩甲骨を寄せる、胸を張るという動きとは、似ていますが、違う動きです。

「肩関節外旋、上腕骨外旋、肩甲骨下制」の結果、単に肩甲骨を寄せる、胸を張るという動きになります。

「肩関節外旋、上腕骨外旋、肩甲骨下制」がうまくできない・・・

残念ですが、背骨や骨盤の状態、肩甲骨や鎖骨の状態、腕のねじれ具合によっては、「肩関節外旋、上腕骨外旋、肩甲骨下制」がうまくできないことがあります。

なんらかの介入が必要です。

専門家に診てもらいましょう。

肩甲骨がうまく使えていない場合の対策は?

「肩関節外旋、上腕骨外旋、肩甲骨下制」で、手首を反らせて使いましょう。

慣れるまでは大変ですが、反復練習あるのみです。

慣れるという意味では、腕立て伏せの動きで慣れるといいと思います。

腕立て伏せを、やっても手首が痛くならなくなれば、日常生活で手首が痛くなることは、まずないです。

逆に、腕立て伏せをやると手首が痛くなるということは、「肩関節外旋、上腕骨外旋、肩甲骨下制」ができていないと思われます。

ですが、残念ながら「手首が橈屈位」、「肩関節外旋、上腕骨外旋、肩甲骨下制」ができていても、手首に痛みが出ることがあります。

手根骨(手首の骨)がうまく動いていないことで、手首を反らせると、痛みが出ることがある

ということです。

手首から先は。これだけ細かい骨がたくさんあります。

手根骨と言われる、月状骨、舟状骨、大菱形骨、小菱形骨、豆状骨、有鈎骨、有頭骨、三角骨という骨達です。

この小さな骨が、うまく動けないと、手首を反らせる動作に支障をきたします。

手根骨が、うまく動けない場合は、なんらかの介入が必要です、

専門家に診てもらいましょう。

最後にまとめると

手首を反らせると、手首の真ん中が痛い【手首の腱鞘炎】の原因は?

手首を小指側に(尺屈)して使っている。

肩甲骨をうまく使えていない。

の2つです。

対策としては、

手首を橈屈位(親指側に曲げて使う)にして、使いましょう。

「肩関節外旋、上腕骨外旋、肩甲骨下制」で使いましょう。

の2つです。

手首を橈屈位、「肩関節外旋、上腕骨外旋、肩甲骨下制」で手首を反らせても痛みが出る場合、手根骨や背骨や骨盤の状態、肩甲骨や鎖骨の状態、腕のねじれに問題があります。

ますは、一度ご相談を。

The following two tabs change content below.
「ながさき整骨院」院長 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 ほぼ毎日、蒙古タンメン中本を食べ、ベンチプレスをやり、SNSを更新しています! 気になったら気軽にフォローしてください。 整形外科や診療所勤務を経て、数カ所の整骨院で勤務。その後、業界最大手の整骨院グループで分院長を経験後に2012年4月に独立。2017年11月に法人化。 開業後も試行錯誤を続け、頭蓋骨や手や腕、足を操作し、自由自在に骨盤や背骨を変えてしまう独自の施術を考案。特に、身体の土台である足を重視する。現在も未だ進化中。

Subscribe / Share

COMMENT ON FACEBOOK

予約の取り方

初めての方の予約の取り方

ながさき整骨院は完全予約制となっております。

予約は電話予約、Web予約をお願いしております。

施術中や外出中で電話に出られない場合もあります。

申し訳ありませんがその時はしばらく経ってからまたお電話いただくか、Web予約にてお願いします。

予約専用番号 03-3958-5141

不明な点はお気軽におたずねください。

予約の取り方

施術料金

代表の川崎が考案した独自の施術法です。

この独自の施術方法が高く評価され、プロの施術家向けにDVDが発売されています。

プロの先生にも指導している安心・安全の施術です。

頭蓋骨や骨盤や背骨だけでなく、全身の筋膜・筋肉・関節のバランスを調整し、痛みや動きを改善します。

頭痛・眼精疲労・顎関節症・過度なストレスによる疲労・疲れやすい・呼吸が浅い・自律神経失調症、寝ちがえ・慢性の首痛・ストレートネック・首こり、肩こり・五十肩・胸郭出口症候群・、手のしびれ・テニス肘・ゴルフ肘・手根管症候群・手首の痛み・腱鞘炎・肋間神経痛・背中痛・腰痛・ギックリ腰・腰椎椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・梨状筋症候群・股関節痛・変形性膝関節症・膝の痛み・ふくらはぎの痛み、足首の痛み・足底筋膜炎・外反母趾、内反小趾、O脚・X脚・猫背・反り腰などでお悩みの方にオススメです。

施術料金

無料メルマガ

無料365日「健康のヒント」では、川崎が10年以上かけて、試行錯誤や失敗から学んだ独自の「健康のヒント」を毎日1通お届けします。

毎日配信される「健康のヒント」をあなたの健康や人生にご活用ください。

同業の先生でしたら、読んですぐに使えるようなネタもたくさん書いています。

ということは、なんとなく読んでいるだけでも、相当な知識が得られるということです(笑)

同業の先生は、

「健康のヒント」は、パソコンでも携帯電話でもどちらでも受信が可能です。

購読の解除はいつでも可能ですので、お気軽に登録どうぞ!

無料メルマガ

営業時間・アクセス

東京都豊島区長崎4−8−10ー1F

西武池袋線「東長崎駅」北口徒歩2分 大江戸線 落合南長崎駅 徒歩10分  有楽町線・副都心線 千川駅 要町駅 徒歩15分

来院されている地域

豊島区長崎、豊島区南長崎、新宿区西落合、豊島区要町、豊島区千川、豊島区高松、豊島区西池袋、豊島区池袋本町、豊島区池袋、豊島区南池袋、豊島区目白、中野区江原町、板橋区向原、練馬区小竹町、練馬区栄町、練馬区豊玉北、中野区江古田、

TELL 03-3958-5141

◆営業時間

平日/10:00~21:00

土曜日/10:00~18:00

◆お休み

水曜日、日曜日、祝日

その他、不定休あり

営業時間・アクセス