頭蓋骨調整

頭蓋骨の歪み・ねじれ 「頭蓋骨調整」について

これまで、頭蓋骨の施術を受けたことはありますか?

受けたことがない方が、ほとんどだと思います。

実は、頭蓋骨を調整して、肩こり、首の痛み、腰痛や膝痛、足の痛みなども改善することができるのです。

「え?頭蓋骨で?」

と思いますよね。

施術を受けた患者さんにとても驚かれます。

実はオステオパシーの頭蓋骨調整や頭蓋仙骨療法は、古くから世界中に伝わり行われています。

頭蓋骨調整は、非常に繊細かつ複雑なテクニックが多く、習得するのにかなりの時間がかかるのも事実です。

そのため、頭蓋骨調整が行える先生は非常に少ないのが現状です。

つい最近まで療術業界では「頭蓋骨系のテクニック」が流行っていました。

ですが、最近ではブームが去ってしまいました。

実際に今でも現場でバリバリ使用している先生は、ほんのわずかではないでしょうか?

  • 頭蓋骨調整の効果は理解できるが難しすぎてあきらめた
  • 頭蓋骨を動かす感覚がつかめずあきらめた
  • 頭蓋骨の触診が難しくあきらめた
  • 頭蓋骨調整の効果を実感できずあきらめた

となり、やめてしまう先生が多いようです。

頭蓋骨調整について、わかりやすくQ&A式にまとめてみました。

参考にして頂けると嬉しいです。

頭蓋骨が歪んだり捻れるとどうなるんですか?

身体に不調がある方のほとんどが、頭蓋骨がびっくりするくらい歪みねじれています。

そして、頭蓋骨が動かない!

意外かもしれませんが

  • 頭蓋骨は歪む
  • 頭蓋骨はねじれます。

ちゃんと調整すれば

  • 頭蓋骨は歪みは取れる
  • 頭蓋骨のねじれも取れる。

そして、頭蓋骨の歪みやねじれが取れると、全身が変わります。

  • 頭蓋骨を調整することで、
  • 肩こりがなくなったり
  • 腰痛がなくなったり
  • 膝の痛みが取れたり
  • 背中の張りや違和感が取れたり
  • 骨盤の歪みが取れたり
  • 足首が動くようになったり

ということが可能ということです。

頭蓋骨から全身が調整できるということです。

また、逆に手や足、骨盤から頭蓋骨の歪みやねじれを変えることも可能です。

頭蓋骨の歪み・ねじれ=身体の歪み・ねじれ

ということです。

顔の骨も頭蓋骨の一部です。

ということは

顔の歪み・ねじれ=身体の歪み・ねじれ

とも言えます。

頭蓋骨を整え、動きやすくすることで、身体もどんどん回復し、痛みや症状も取れていきます。

動きやすい頭蓋骨を作っていくことで、痛みや症状が出にくい健康的な身体を作っていくこともできます。

頭蓋骨調整を受けたことがありますが、効果を実感できなかったのは何故でしょうか?

「他で頭蓋骨調整を受けたが効果が実感できなかった」

という方の多くが「頭部の施術だけしか行われなかった」です。

手当て・徒手療法(整体)というのは、実はとっても繊細で奥が深いものです。

狙う部位としても

  • 頭蓋骨
  • 関節
  • 筋肉
  • 皮膚
  • 内臓

などと挙げればきりがないです。

どこも大切な部位です。

頭蓋骨や筋肉や内臓だけ施術すればいいというものではないし、全部みれた方がいいのは、言うまでもありませんよね。

軟部組織の施術というのは誤魔化しがききます。

語弊があって怒る方もいると思いますが事実です。

例えば、そのあたりの人に

  • 肩揉んでもらう
  • ふくらはぎを揉んでもらう
  • 手を当ててもらう

上手い下手は別として、すぐできます。

しかしながら「脛骨と腓骨を動かしてください」と言ってもできないと思います。

なんでこんなことを書いてるのかというと、骨や関節をしっかり扱える先生が少ないのですね。

例えば

  • 恥骨
  • 腸骨
  • 仙骨
  • 坐骨

に対してしっかりアプローチできないのに、どうやって骨盤矯正をやるのでしょうか?

骨や関節を含め、全身の調整ができないのに頭蓋骨の調整を行おうとするため、効果を出せなかった可能性が高いです。

頭蓋骨の調整だけで全てか解決するわけではありませんし、首から下だけの施術で全てか解決するわけではありません。

頭蓋骨調整だけ行うというのでは、片手落ちの状態ですので、効果が出し切れなかった可能性が高いです。

頭蓋骨調整の適応症状は?

これまで、ほとんどの方が頭蓋骨を調整されたことがないと思います、

頭蓋骨のチェックや施術をしないということは、片手落ちの施術とも言えます。

頭蓋骨は脳を覆っている骨格でも一番大事な部位です。

その一番大事な部位である頭蓋骨を調整していないのですから、片手落ちの施術とも言えます。

頭蓋骨は研究すればするほど奥深く、未だに発見も多く、驚かされます。

頭部のトラブル

頭痛、首の痛み、あごの痛み、あごの違和感、目の疲れ、噛み合わせ、顎関節症、軽度の耳鳴り

背部のトラブル

肩の痛み、肩こり、四十肩、五十肩、背中の痛みやしびれ、肋間神経痛、呼吸の浅さ、息苦しさなど

手のトラブル

指、手、腕の痛み、シビレ、手首、肘の痛み 腱鞘炎など

腰部のトラブル

ぎっくり腰、慢性的な腰痛、股関節痛、股関節の違和感、恥骨痛、恥骨の違和感、産後の骨盤の歪み・違和感・痛み

足のトラブル

膝の痛み、足首の痛み、足の裏の痛み、O脚・X脚、外反母趾、坐骨神経痛、足のむくみ・浮き指、扁平足しびれなど

全身のトラブル

手足の冷えやむくみ、便秘など、生理痛、生理不順、不眠、全身疲労、更年期障害、不妊症、自律神経の不調 

頭蓋骨って1つの骨じゃないんですか?

実は頭蓋骨というのは、ヘルメットのような一つの骨で出来ていません。

23個(舌骨を入れると24個)の骨がパズルのように結合し1つの頭蓋骨を形成しています。

そんな固い頭蓋骨が捻れるとか歪むというのは、あまりイメージできないのではないでしょうか?

後頭骨・蝶形骨・側頭骨・頭頂骨・前頭骨・篩骨・下鼻甲介・涙骨・鼻骨・鋤骨・上顎骨・口蓋骨・頰骨・下顎骨・舌骨です。

それぞれ骨で小さいのですが、関節を作っています。

頭蓋骨が顔面の約60個の関節を繋いでいる縫合があります。

触診ができる縫合は約半分くらいです。

逆に言えば半分の縫合、関節も触診、検査、調整できるとも言えます。

頭蓋骨は動かないとネットやSNSで見たのですが・・・

医学的には、頭蓋骨は動くこともなければ、歪んだり捻れることもないとされています。

ところが、頭蓋骨の骨自体に軽く刺激を入れると、変化が起きているのも事実です。

頭蓋骨の調整をきっかけに、劇的に身体が変わり、痛みや症状から解放される方もいます。

頭蓋骨調整で、骨自体は動いてはいませんが、反射などにより、身体に変化が起きているのかもしれません。

「ながさき整骨院」には、病院や一般的な整骨院・整体・カイロで改善しなかった方がたくさんいらっしゃいます。

「医師と同じ考え方・治し方じゃなくても良い」と思っています。

一般的な医学理論で改善しなかったのですから、当たり前ですよね。

既成概念を振り払い、常に新しい考えのもと、施術に当たらせて頂きます。

頭蓋骨の調整は痛いですか?

軽く擦ったりする程度の施術です。

痛みを感じる事はほとんどないと思います。

「こんなソフトなのにこんなに身体が変わるの?」

と驚かれることもしばしば。

ごく優しい刺激で十分のようです。

強く痛くやれば効果が上がるというものでもありません。

小顔になりますか?

小顔にはなりません。

世の中の小顔矯正と呼ばれるのものは、顔を小さくしているのではなく、顔のむくみを取っているだけです。

一日効果が持続すれば良い方ではないでしょうか?

頭蓋骨のねじれや歪みが取れることで、顔がすっきり見え、顔が小さくなったような印象を持つ方もいます。

子供でも受けられますか?

最小ですと4ヶ月から施術をした実績があります。

非常に繊細でソフトな施術ですので、赤ちゃんや子供でも安全に受けていただけます。

*お母さんから写真を頂きました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表  川崎浩司

厚生労働大臣免許 柔道整復師

2012年開業 看板も出さず宣伝広告を一切行わない、口コミ中心のスタイルで運営中。

人見知りで人前で喋ったり、目立つことが苦手なのに、うっかり(株)医療情報研究所から2018年に全国の徒手療法家向けのDVDを出版

-頭蓋骨調整

© 2020 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」