施術 顎関節症

頭蓋骨調整について

更新日:

これまで、頭蓋骨の施術をちゃんと受けたことはありますか?

もしこれまで頭蓋骨の施術を受けたことがないのでしたら、まだまだあなたの身体は大きく変わるきっかけを秘めています。

特に、病院で検査しても異常がなく、これまで色々な治療を受けてきた方にこそ、受けてほしいのが頭蓋骨への施術です。

あなたの身体を一気に変える可能性を秘めています。

頭蓋骨は研究すればするほど奥深く、あらゆる可能性を秘めていると感じます。

頭蓋骨の機能解剖学

実は頭蓋骨というのは、ヘルメットのような一つの骨で出来ていません。

23個(舌骨を入れると24個)の骨がパズルのように結合し1つの頭蓋骨を形成しています。

そんな固い頭蓋骨が捻れるとか歪むというのは、あまりイメージできないのではないでしょうか?

後頭骨・蝶形骨・側頭骨・頭頂骨・前頭骨・篩骨・下鼻甲介・涙骨・鼻骨・鋤骨・上顎骨・口蓋骨・頰骨・下顎骨・舌骨です。

それぞれ骨で小さいのですが、関節を作っています。

頭蓋骨が顔面の約60個の関節を繋いでいる縫合があります。

触診ができる縫合は約半分くらいです。

逆に言えば半分の縫合、関節も触診、検査、調整できるのです。

頭蓋骨を調整するとどうなるのか?

頭蓋骨は、意外と動く構造です。

頭蓋骨の一部の動きが悪くなったり、ズレたり、ねじれたりするのです。

頭蓋骨の動きの悪さ、ねじれたりズレた個所が多くなりますと、身体の一部だけではなく、身体全体に色々な影響が生じてくることがあります。

また頭蓋骨は全身の骨や関節、筋肉と対応する場所があります。

頭蓋骨の動きの悪さ、ねじれたりズレを調整しますと、以下のような変化が出ることがあります。

  • 頭蓋骨を調整すると足首の動きに変化が出たり。
  • 頭蓋骨を調整すると膝の痛みが取れたり。
  • 頭蓋骨を調整すると背中の張りが取れたり。
  • 頭蓋骨を調整すると腰痛や肩コリが和らいだり。
  • 頭蓋骨を調整すると、骨盤の向きや傾きに変化が出たり。

つまり頭蓋骨から全身が調整が可能ということです。

また、逆に手や足、骨盤などからも頭蓋骨を変えることも可能です。

「頭蓋骨の動きの悪さ、ねじれやズレ=身体の動きの悪さ、ねじれやズレ」

ということです。

そういった意味では、

「顔のゆがみも=身体のゆがみ」

とも言えます。

頭蓋骨と顎関節症との関係

顎関節症は、顎関節だけが悪いわけではありません。

全身の身体不調などの問題が、結果として顎関節に影響が出ています。

頭蓋骨の動きの悪さ、ねじれやズレと顎関節症との関連は非常に深いと思われます。

先ほども書きましたが、

「頭蓋骨の動きの悪さ、ねじれやズレ=身体の動きの悪さ、ねじれやズレ」

です。

顎関節症がある方は、腰痛や肩こり、頭痛、膝の痛み、耳鳴り、生理痛、生理不順など、様々な問題を抱えている方が多いです。

顎関節症だからといって、顎関節だけ診るのではなく、頭蓋骨を始め、全身をしっかり診て調整を入れることは非常に大事なことです。

調子が悪い方の頭蓋骨は横に膨らんでいます。

肩こり・腰痛・ひざ痛、背中の痛み、首痛、腱鞘炎、寝ても疲れが取れない、常に息苦しい、慢性疲労、ヘルニア、精神的なストレス、胃腸の不調など、挙げていくとキリがありませんが、不調な方をチェックしていると、間違えなく横に膨らんでいて、頭蓋骨自体の可動性がないのです。

頭蓋骨はねじれたり歪んだりするのですが、下の写真を見ていただくと、耳の位置が左右でずれてしまっているのがお分かりいただけると思います。

なぜ、頭蓋骨の動きがなくなったり、横に膨らむのでしょうか?

 

頭蓋骨は膨らんだり縮んだりしている。

一次呼吸と言って、息を吸うと横に膨らみ、息を吐くと縦に膨らみます。

一分間に15回程度動いていると言われています。

自律神経失調症の方を長年診ていてある傾向に気がつきます。

頭蓋骨がねじれていたり、歪んでいるのはもちろんですが、頭蓋骨が横に膨らんでいるのです。

身体の不調が出ている方は、頭蓋骨が横に膨らみ、肋骨も横に膨らんでいます。

施術して調子が良くなると、頭蓋骨と肋骨も締まり、頭が小さくなった印象を受けると思います。

身体は水の入った風船

「人体は水の入った色々な大きさの風船袋の集合体」ということです。

外側の大きな袋に圧力をかけると、当然変形しますよね。

中のヘチマ状につながった全ての袋が変形します。

頭蓋骨が横に膨らむと?

単純に頭が膨らむと、神経の入っている菅も膨らみ、脳脊髄液でいっぱいになります。

すると脳だけでなく、脊髄や神経も圧がかかり、働きが悪くなります。

また、脳圧がかかり血液を脳に送りづらくなり、心臓にも負担がかかります。

また、頭蓋骨が横に膨らむということは、全身を包んでいる膜自体も膨れます。

すると胸郭内の内圧が下がり、息が吸い込まれ、胸郭は空気で満たされます。

これは肋間筋が収縮して肋骨が上に上がり、横隔膜は下がります。

つまり、息を吸ったままの状態になるのです。

長期化すると常に呼吸が浅く、一日中疲れている状態。

心臓にも負担がかかり、心臓も疲れます。

横隔膜が下がると胃を圧迫します。

胃が圧迫されると、腸の負担も大きくなります。

食欲不振や過食、胃もたれ、便秘、下痢などの症状で悩まされることになります。

頭蓋骨が横に膨らむことの脳の圧迫的ストレスは精神にも影響を及ぼします。

精神の不安定、やる気が出ない、自分勝手、怒りっぽい、うつ症状、集中力がなくなる、など。

脳脊髄液自体が脳に溜まるので、脳自体もストレスがかかるのです。

頭蓋骨調整に関しての質問をまとめました

頭蓋骨を調整すると何が変わるんですか?

先ほど挙げた、肩こり・腰痛・ひざ痛、背中の痛み、首痛、腱鞘炎、寝ても疲れが取れない、常に息苦しい、慢性疲労、ヘルニア、精神的なストレス、胃腸の不調などに変化が出るようです。

背骨や骨盤、足首、手首、肘、内臓の動きにも変化を出すことができます。

頭蓋骨調整って痛くないんですか?

施術中に痛みを感じることはほとんどないと思います。

痛いというよりは、ウトウトとしてしまう方、イビキをかいて寝てしまうかたがほとんどです。

頭蓋骨が本来の状態を取り戻すことで、呼吸が深くなり眠くなるかもしれませんね。

子供からお年寄りまで、安心して受けていただけると思います。

頭蓋骨調整を受けられない方はいますか?

美容整形手術などを受けている方は、やめておいたほうが無難です。

365日配信無料メルマガ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-施術, 顎関節症

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.