産前・産後 骨盤矯正

骨盤は締める方が正解? 骨盤は開く方が正解?

「産後は骨盤が開くので骨盤矯正をして締めないとダメ!」

という文言を見たことがあると思います。

  • 「骨盤は開くと❌」
  • 「骨盤を締めると○」

というのが定説になっているように思えます。

  • 「そもそも骨盤矯正にエビデンスないだろ?」
  • 「そもそも骨盤は開かねーよ!」

とお怒りの同業者の先生もいらっしゃると思います。

その辺の議論を始めるとキリがないので、そっと置いておきます。

「骨盤は開くと❌」「骨盤を締めると○」について調べてみました。

アメリカのガイドラインでは「骨盤を開いた方が○」でした

結論から言うと、アメリカのガイドラインでは「骨盤を開くことが慢性骨盤痛に効果的」となっていました。

いわゆる日本の骨盤矯正の「骨盤を開く・締める」の骨盤を開くというのとは少し違うのかもしれませんが・・・

慢性骨盤痛 Chronic Pelvic Pain Syndromeというと欧米では慢性前立腺炎、間質性膀胱炎、子宮、炎症性腸疾患など骨盤内臓器由来の疼痛を指します。

直腸診は診断時に行うそうです。

直腸診ですから。肛門に指を突っ込んで検査・診察するということですね・・・

骨盤底筋群マッサージは米国ガイドラインでも高い位置にあるそうです。

このガイドラインも、日本の骨盤矯正のとは少し違う印象です。

日本の骨盤矯正では、肛門に指を突っ込んで検査・診察はしないでしょう・・・

日本の場合、多くの治療院では「骨盤矯正で出産などで骨盤が開いた女性の痛みを改善する」と謳っています。

アメリカのガイドラインでは「骨盤を開くことが慢性骨盤痛に効果的」となっているのです。

あれれ?

ということは、アメリカ人と日本人は骨盤の構造がは真逆なのでしょうか?

正確には

仙骨の外側の2指幅の点で、医師は、痛みを誘発するために15秒間、仙結節/脊椎靭帯に強い圧力を加えるために人差し指を使用した。

その後、骨盤底筋と尾骨と仙骨の間の関節は、同時に人差し指を用いて60秒間背側に強制的に膨張させた

となっています。

つまり「わざと痛くなるように人差し指で痛みを誘殺するように押した後、直腸に指を入れて仙結節/脊椎靭帯を60秒押し続けた」

となっています・・・

医学的根拠に基づく骨盤矯正を行うには

「直腸に指を入れてて仙結節/脊椎靭帯を60秒背側に強制的に膨張させて骨盤を開く」

となるのでしょうか・・・

古い整体やカイロプラクティクの本には

「手袋して尻の穴に指突っ込んで尾骨を調整した」

「手袋して口の中に指突っ込んで尾骨を調整した」

みたいな写真もたくさん出てきますので、大昔はメジャーだったのかもしれませんね。

骨盤矯正を本格的に受けるには、

「直腸に指を入れてて仙結節/脊椎靭帯を60秒背側に強制的に膨張させて骨盤を開く」

ということですから、かなりの覚悟を持って施術を受けに行く必要がありますね・・・

まとめ

アメリカのガイドラインでは「骨盤を開いた方が○」でした。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表  川崎浩司

厚生労働大臣免許 柔道整復師

2012年開業 看板も出さず宣伝広告を一切行わない、口コミ中心のスタイルで運営中。

人見知りで人前で喋ったり、目立つことが苦手なのに、うっかり(株)医療情報研究所から2018年に全国の徒手療法家向けのDVDを出版

-産前・産後 骨盤矯正

© 2021 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」