股関節

股関節の外側が出っ張ってきて違和感があるという相談

更新日:

股関節の外側が出っ張ってきて違和感があるという相談   中野区 落合南長崎/新江古田在住の方

大島さん(仮名)
先生、お久しぶりです! 
川崎
お久しぶりです! 元気ですかって元気じゃないからいらしているんですよね(笑)
大島さん(仮名)
(笑)実はそれほどひどくはないんですが、子供を預けられるようになって、やっと来れました! 
川崎
そうでしたか。今、下のお子さんおいくつでしたっけ?
大島さん(仮名)
もうすぐ2歳です。なかなかおてんば娘で大変です(笑) 
川崎
(笑)今日は腰でしたっけ?
大島さん(仮名)
腰がキツくなってきたのと、ちょっとお聞きしたいことがありまして。 
川崎
はい! なんでしょうか?
大島さん(仮名)
股関節の外側が出っ張っているというか、違和感があって気になっているんです。 
川崎
この、足の付け根というか、この硬い部分ですよね?
大島さん(仮名)
はい!そうです。前はこんなに出っ張っていなかったんですが。 

正体は大腿骨の大転子

川崎
その出っ張っている場所は、大腿骨の大転子というところです。
大島さん(仮名)
あ、そうなんですか?! なんで出っ張ってきているんですか? 
川崎
骨って硬いんですけど、粘性があるんです。
大島さん(仮名)
粘性ですか?! 
川崎
そうなんです。長年荷重がかかっていると、ジワっと少しずつ圧がかかって曲がってきたりするんです。変形といってもいいですね。
大島さん(仮名)
そーなんですか?!  
川崎
ただ和田さんはまだ30代ですし、変形ではないと思います(笑)
大島さん(仮名)
良かったです!(笑)年配の方は変形してきたりするってことですか? 
川崎
そうなんです。少しずつ上半身の重みと重力で圧がかかるんです。漬物石みたいな感じでしょうか。
大島さん(仮名)
なるほど。 
川崎
高齢者になるとちょっと尻餅ついただけで股関節が簡単に骨折することがあるのですが、圧がかかり続けていることが原因とも言えますね。
大島さん(仮名)
私の叔母が、昔股関節を骨折して手術しました。 
川崎
多いんですよね。病院で働いている時に、見学したオペで一番多かったのが股関節でしたね。
大島さん(仮名)
そうなんですね。気をつけなきゃですよね。

股関節が内旋している

川崎
大島さんは、変形とかではなくて、股関節が内旋し過ぎているんです。
大島さん(仮名)
内旋ですか? 
川崎
はい。 内側に巻き込まれすぎているといった方がわかりやすいですかね。
大島さん(仮名)
内股っぽい感じですか? 
川崎
そうですね! そう思ってもらっても大丈夫です。
大島さん(仮名)
言われてみれば、確かに・・・
川崎
座った状態で、大転子を触って見てください。
大島さん(仮名)
はい。こうですか? 
川崎
そうです。大転子を触った状態で、股関節を内旋させて見てください。思いっきり内股にする感じです。
大島さん(仮名)
あ! なんか出っ張りますね。

[speech_bubble type="drop" subtype="L1" icon="kawasaki.jpg" name="川崎"]出っ張りますよね。今度はガニ股というか、外旋させて見てください。

大島さん(仮名)
あ! 今度は引っ込む感じがします。 
川崎
そうですよね。大島さん、知らず知らずのうちに股関節の内旋が酷くなってしまっていたんですよ。
大島さん(仮名)
そうなんですね!知らないうちにそんなにねじれていたとは・・・
川崎
自分では、生活習慣といいますか、知らず知らずにやっているクセとかでなっているものですから、なかなかわからないものですよね。
大島さん(仮名)
はい。全然気がつきませんでした(笑)では、今日も施術、宜しくお願いします! 
川崎
お願いします!。

最後にまとめると

股関節の外側が出っ張ってきて違和感があるという相談でした。

高齢者の場合、加齢で股関節が変形し、大転子が出っ張ることもあります。

多くの場合、股関節が内旋してしまっていることが原因です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-股関節

Copyright© 東京都豊島区江古田/東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.