自律神経失調症

自律神経失調症の施術はお金になる

投稿日:

自律神経失調症の施術はお金になる

自律神経失調症の不調を訴えて、施術を受けに来る方は意外と多いです。

病院で診断された方、ネットで調べて自己判断した方など、自分が自律神経に不調があるとわかるきっかけは様々です。

言葉だけひとり歩きしていますが、、、

自律神経失調症とはどんな病気なのでしょうか?

岡田さん(仮名)
先生、私、自律神経失調症って言われたんだけど、どうすればいいの?色々と調べていたら不安になってきちゃって。
川崎
必要以上に不安を煽る書き方や情報が溢れかえっていますからね。 
岡田さん(仮名)
そうなんです。調べれば調べるほど、不安になってきちゃって。
川崎
実は自律神経失調症という病名はないんです。
岡田さん(仮名)
え?! そうなの? 
川崎
純粋自律神経不全症という病名はあるんです。これは昔は起立性低血圧って言われていたみたいですね。

症状

主な症状は起立性低血圧であるが,発汗減少,暑さへの耐性低下,尿閉,膀胱痙攣(失禁の原因となりうる),勃起障害,便失禁または便秘,瞳孔異常など,他の自律神経症状がみられることもある。

 

診断

  • 臨床的評価

診断は除外診断による。通常,ノルアドレナリン値は臥位で100pg/mL未満であり,立位で上昇しない。体位性頻脈症候群との鑑別は,同症候群では通常,立位で低血圧を来さず,ノルアドレナリン値は上昇し,そして心拍数の上昇(30/分を超える上昇または120/分以上への上昇を10分間で認める)がみられることで可能である。

 

 

治療

 

治療は対症療法である:

  • 起立性低血圧:昇圧薬および弾性ストッキング

  • 便秘:高繊維食および便軟化剤

  • 膀胱痙攣:膀胱用鎮痙薬

  • 尿閉:膀胱自己導尿

  • 発汗異常:暑熱環境の回避

 

岡田さん(仮名)
私の症状と違うような・・・。
川崎
そうなんです。よく言われる自律神経失調症と純粋自律神経不全症はちょっと違うんですよね。 

ゴミ箱診断

岡田さん(仮名)
そうなんですね。自律神経失調症が正式な病名じゃないのに、なんでこんな診断名をつけるんだろう・・・
川崎
ドクターの間で使われる言葉で、ゴミ箱診断という言葉があります。どう悪いかわからない時に下される診断のことをこう呼ぶことがあるんです。ほかの病気は考えにくく、苦し紛れになんでもかんでもひとまとめにしてつけられるこういった“病名”を、「ゴミ箱診断」と呼ばれます。
岡田さん(仮名)
そうなんですか?・・・ 初めて知りました。
川崎
「神経のせい」とか「自律神経失調症」という病名は、はっきりと診断が下せないが患者さんが自覚症状があるときに、医者が苦し紛れにつける病名のことが多いのです。できるだけ正確な診断をつけて適切な治療を行いたい医療者にとっては安易に口に出したくな言葉なんです。
岡田さん(仮名)
と言うと、自律神経失調症って何らかの症状は確かにあるけれど、検査で何も異常が出なかった場合につけられる病名ってこと?
川崎
そうです!体の調子がなにかしら悪ければ、自律神経に必ず不調があるわけですから、間違ってはいないんです。でも、何にも言ってないのと一緒なんですよね。家の場所を聞かれて「日本です!」と答えるのと同じようなイメージですね。 

そもそも自律神経とは?

岡田さん(仮名)
先生、そもそも自律神経って何?w 
川崎
神経とは、生きていく活動に関わる情報を、体の中で伝達する働きがあります。で、神経は大きく二つに分類されます。例えば指を曲げる、膝を伸ばす、腰をかがめるなど、意識して行う活動に関わる神経を体性神経と呼びます。一方、血圧の調整や、体温、発汗、脈拍、胃腸の働きなど、普段、無意識に行われる活動に関わっている神経を自律神経と呼びます。
岡田さん(仮名)
そういうことなんだ。 
川崎
で、人間って無意識のうちに日々膨大なことを処理しています。人間の生命活動で、意識できる部分は非常に少ないんです。無意識で調整されている心臓の拍動や、血中酸素濃度の調整などが、意識しないと出来ないとしたら、寝てしまったら死んでしまいますよね。無意識は、意識では到底不可能な量の処理を常に行っています。情報量で比べると、無意識で行われている活動は、意識できるものの数万倍はあると言われています。実は生きていくための活動の大部分は自律神経が関わっています。体性神経は、ほんのごく一部なんです。
岡田さん(仮名)
ということは、「自律神経失調症」ってどこか、身体の調子悪いんじゃない? (原因は別にして)」と言っているってこと?
川崎
そうなんです。風邪だって、自律神経の不調がありますし。ギックリ腰でも、虫歯でも、バセドウ病でも、食中毒でも、恋の病でも、自律神経の不調が発生していると言えます。何か体の不調があれば、なんだって自律神経の失調だと言えます(笑)
岡田さん(仮名)
でも、なんでそんな病名つけるんだろう。不安になるじゃんね(笑)
川崎
まあ、なかなか「うーん、検査してもわからないので帰ってください」とは言えませんよね(笑)何かそれっぽく病名つけないと。
岡田さん(仮名)
あ、まあ確かに(笑)よく、自律神経に良いって言葉を聞くけど、よく考えたら何なんだろう(笑)

自律神経失調症の特効薬

川崎
そうなんですよね(笑)自律神経は、ちょっとしたことでも変化しますからね。数度の気温の上昇、湿度の変化、明るさや暗さ、音、匂い、、とか。周囲の環境の変化に対応するのが自律神経の役割ですからね。正直、何をやっても変化します。それこそ、ちょっと皮膚を触ったって、身体には、大きな変化を起きますよ。
岡田さん(仮名)
なんだっていいんですね。食べ者やサプリメント、音楽で自律神経に良いってものがあるけど、アレはアレで間違ってはいないんですね(笑)
川崎
はい(笑)間違ってはいませんね。注意したほうがいいのは、自律神経への効果を強く謳っているものですよねー

自律神経失調症はお金になる

岡田さん(仮名)
でも、自律神経への効果を謳っているのってよくみますよね。
川崎
マーケティングというか、セールス的な意図が働いているでしょうね。
岡田さん(仮名)
自律神経に良いって書いてあると売れそう(笑)前だったら買ってた! 間違えなく(笑) 今、この話聞いたからもう買わないけど(笑)
川崎
あと、「自律神経失調症」という情報はほとんど治療の役に立たないんです。これって、「先生、私なんだか身体の調子が悪いんです」と同じ意味ですからね(笑)
岡田さん(仮名)
なるほど。よくわからない人が、自律神経って言葉が付いているだけで、「なんか凄そう!」「効きそう!」って飛びついちゃうんですね。
川崎
そうなんです。だから自律神経失調症は儲かるんです(笑)情報弱者の人を食い物にしているみたいで、僕は好きじゃないですけど。
岡田さん(仮名)
そうするに、自律神経失調症の治療って終わりがないってことですもんね。
川崎
そうなんです。自律神経失調症の人は病院や治療院にとって”いいお客さん”になりえますからね。
岡田さん(仮名)
危なかったー 先生に聞いてみてよかったわ(笑)でも、先生こんなことを書かないほうが儲かるんじゃないの?w
川崎
(笑) まさに! こんな正直に書いてしまうから、きっとうちは儲からないんでしょうね(笑)
岡田さん(仮名)
(笑)

 

 

365日配信無料メルマガ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-自律神経失調症

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.