産前・産後 骨盤矯正 腰痛

妊婦さん(妊娠中)の腰痛

更新日:

妊婦さん(妊娠中)の腰痛の機能解剖学

妊婦(妊娠中)さんは腰痛になったらどうすれば良いの?

妊娠中に腰が痛くなると大変ですよね。

何せ妊娠中ですから、薬や注射、点滴という選択肢がなくなります。

かと言って、ストレッチや運動と言ってもなかなかできることが限られます。

何せお腹が大きくなっている場合は厳しいです。

また、まだお腹が大きくない安定期に入っていない状態だと、運動なんて、とんでもない話ですよね。

さて、どうしよう?

となってしまいますよね。

結論から言います。

仙骨の前傾を和らげる

妊娠中の女性は、胎内の赤ちゃんが大きくなるにつれ、子宮や骨盤は前傾しがちになり、いわゆる反り腰の状態になります。

言ってみれば、上図のような状態になります。

腰が反り返るような状態になりますから、腰が痛くなってもおかしくはありませんよね。

要は、この仙骨の傾きを和らげていけばいいのです。

骨盤周辺の関節が締まり過ぎているか、緩み過ぎている

また、安定期に入っておらず、お腹もそれほど大きくなっていないのに、急に腰が痛くなったという方もいるかと思います。

ホルモンの関係などで、骨盤周辺の関節を構成している靭帯に何らかの影響が出ていることが考えられます。

骨盤周辺には、関節が結構あります。

仙骨と腸骨を構成している仙腸関節、恥骨結合、腰仙関節、股関節など、なかなか大きい関節が揃っています。

どこかの関節に問題が出ているか、全ての関節が、ほどほどに問題が出ていることもあります。

関節も緩み過ぎている場合、締まり過ぎている場合もあります。

また、仙腸関節はしまっているけど、恥骨結合が緩いなど。

人によって異なり、何とも言えないのです。

自ずと、対処法も人それぞれ異なると言うことになります。

身体全体でバランスをとっていく

妊娠中の女性は、胎内の赤ちゃんが大きくなるにつれ、子宮や骨盤は前傾しがちになり、いわゆる反り腰の状態になります。

仙骨の前傾をとっていけば、と言う簡単なものではありません。

直接、仙骨の前傾をとっていくと言うのは、ちょっと怖いですよね。

妊娠中の方の骨盤を、あまり触りたくはありません。

全身のバランスが取れてくれば、結果として骨盤の前傾が緩和されてくるのです。

妊娠中痛くなったら・・・

結論として、プロにみてもらった方が近道かもしれません。

ただ、骨盤周りを触る先生はちょっと怖いので、骨盤だけ、背骨だけとかではなく、全身を見てくれる先生がいいでしょうね。

ただ、妊娠中の大事な身体です。

何かあってからでは手遅れです。

十分に下調べして、信用できる先生が見つかるといいですね。

この記事が、何かをお役に立てば幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-産前・産後 骨盤矯正, 腰痛

Copyright© 東京都豊島区江古田/東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.