坐骨神経痛

【お尻から太ももの裏が痛い方必見!】坐骨神経痛と扁平足の関係を解剖学的に解説します!

更新日:

坐骨神経と足首は、一見無関係に思えます。

そもそも、坐骨神経痛の95%は梨状筋というお尻の筋肉由来のものだと言われています。

特に坐骨神経痛になってしまう方の多くは、過剰に骨盤(仙骨)前傾している傾向があります。

仙骨がそれ以上前傾しないように、梨状筋の負担が大きくなり、坐骨神経痛が出るというわけですね。

どうして過剰に骨盤(仙骨)前傾するかというと、足部の問題で発生します。

反り腰

これをまとめると

足部の問題→下半身がねじれる→仙骨が前傾する→大腿骨(股関節)が内旋する→梨状筋が引っ張られてテンションが高まる→坐骨神経が絞扼される

になります。

足部の問題は、具体的には何が起きているかというと、扁平足(足首の過剰回内)です。

坐骨神経痛と足首が扁平足(過剰回内)の関係ををまとめました!

扁平足(過剰回内)が改善すると坐骨神経痛が改善していく理由

扁平足(過剰回内)の方は、にこうやって捻れていきます。

これをわかりやすくすると、こうなります。

扁平足(過剰回内)だと、下半身全体のねじれて仙骨が前傾するわけですね。

坐骨神経痛の原因は、梨状筋という筋肉由来が95%だと言われています。

仙骨が前傾すると、梨状筋に負担がかかり、坐骨神経痛が出るということですね。

扁平足(過剰回内)が改善すると、いかがでしょうか?

下半身全体のねじれが改善して、仙骨の前傾が改善すれば、坐骨神経痛が改善する下地ができます。

扁平足(過剰回内)とは?

足首の過剰回内(オーバープロネーション)について説明もある程度載せましたが、理解する必要はありません。

ざっくりと、足首が捻れていると理解してもらえればオッケーです!

 

こうやって捻れていると理解していただければオッケーです!

足の動きは難しいので、一応説明を書きましたが、読み飛ばしてもらっても大丈夫です。

例えば、この扁平足回内足が改善できれば、O脚・X脚の改善が8割が完了します!

参考論文

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4089968/

足首の過剰回内(オーバープロネーション)とは、距骨下関節が回内したままの状態です。

結果、内側の縦アーチ(土踏まず)が低下します。

足の内側縦アーチを維持するものは、筋よりも靱帯です。

さらに、距骨下関節の回内の動きで接地期の間に距骨下関節が回内しうる最終域は

  • 距骨下関節と横足根関節の運動軸の先天的な位置
  • 関節面の形状
  • 骨を連結する靭帯の順で制限されている

「筋の果たす役割は大きくない」となっています。

参考文献

https://trove.nla.gov.au/work/22705060

つまり、回内足の可動域は、骨性や靭帯によって決まっている部分が大きく、先天的な要素があります。

となっています。

そもそも距骨は靭帯で筋肉が付着しない唯一の骨です。

9個の靭帯で支持されています。

回内足で「筋の果たす役割は大きくない」というのは、最もなことですね。

ただ、参考文献にもありますが、例外的なケースも多数あります。

これは、身体の構造は個人差が大きいと示唆していると言えます。

人種や性別が違えば、大いに考えられるます。

また、親と骨格が似るという観点からも、回内足が遺伝的に影響するのかもしれません。

しかし、足部の環境要因に左右されることも大いにあります。

また、距骨下関節の関節の動き方の定義が異なるということもありそうです。

まとめ

坐骨神経痛を改善するには、扁平足(過剰回内)からが改善しましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 痛みや症状の原因を解剖学的に考察し、改善へと導くお手伝いをさせて頂いております。 「1回の施術で痛みをゼロにする」ことを目標にしています。 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-坐骨神経痛

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2019 All Rights Reserved.