東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」

東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」

腰痛

腰痛に腰周りのストレッチをしてはいけない3つの理由〜豊島区池袋/東長崎「ながさき整骨院」〜

腰痛に腰周りのストレッチをしてはいけない3つの理由〜豊島区池袋/東長崎「ながさき整骨院」〜

豊島区池袋/東長崎「ながさき整骨院」腰痛に腰回りのストレッチをしてはいけない3つの理由

あいたたた・・・ 長時間デスクワークをやっていると、腰周りが固まってくる嫌なあの感じ・・・

そこから立ち上がろうとすると、あのなんとも言えない腰が抜けそうな不安感・・・

仕事ができなくなったり、休んだりするほどではないものの、不安ですよね。これからずっとこの不安感がつきまとうのかと思うと。年々年をとるごとに腰痛がひどくなるんじゃないか? とか。私自身、20代の頃、なかなかの腰痛持ちでしたので、凄くお気持ちがわかります。

一ヶ月に2回もぎっくり腰をやった時は焦りましたね・・・ こんなのが毎年起きたらどうしよう・・・ 

当時から自分自身が通っていた整形外科や整骨院で教えてもらった腰痛体操やストレッチはかなりやっていました。でも、やった後は軽くなる感じがするのですが、すぐに戻ってしまうのです。毎日毎日、欠かさずやっていましたよ。

でも、先述した腰が固まってくる感じ、動き始めに抜けそうな不安感がなくなることはありませんでした。

「ある意味、腰痛は一生付き合っていくもの、こまめに通ってください。」 こんな説明を受けたのを覚えています。

その後、この治療業界に入り、今度は私が施術する側になりました。先輩から言われるがまま、腰や脚、お尻のマッサージをしたり、ストレッチを施術に入れたりしていました。患者さんは凄く「やってもらった感じ」「満足度」はあったと思います。私が昔施術をうけているときにそうでしたから(笑)でも、全然改善できないことに気がついてしまいました。その後、私の腰痛改善への旅が始まるのです。その後、セミナーや勉強会で色々な先生に師事し、経験を積み、勉強を重ねました。

すると、今まで自分の腰痛がなぜよくならなかったのか、なぜ腰痛を治せなかったのかわかってきました。

理由その1 ほとんどの慢性腰痛は腰自体に痛みの原因がない。

現在、85%の腰痛が原因を特定できないと言われています。腰があまりに痛くて、病院でレントゲン等を撮ったものの、「骨に異常はありませんね」痛み止めを出しますから、様子をみてください。こんなことを言われてガッカリした方も多いと思います。私もかつてそうでした。保険制度の問題で、腰痛という傷病名に対して、全身のレントゲンは取れないです。ほぼ腰だけになってしまうと思います。

仮に首が原因で腰痛がでていたら、腰だけのレントゲンだけでは特定できなくなりますね。

腰の筋肉が張っている、腰椎が動かないというのにもそこに至るまでにストーリーがあります。カラダはとてもうまくできていて、何か異常があると上手くバランスを取ろうとします。固まっている筋肉があるということは、カラダのどこかに緩みすぎている筋肉があります。関節も同様ですね。動きが悪い関節があるということは、動きすぎている関節がどこかにあります。腰痛の場合、ほとんどの場合、腰椎や腰の筋肉が動きすぎています。だからオーバーワークになって痛みが出てくるんですね。コルセットをすると一時的にラクになった感じがするのは動きすぎている腰をコルセットを巻くことで動きに制限かけて動かなくしているだけです。腰を動かなくすると、また他の部位が動き過ぎますよね。例えば背中や膝なんかが痛みがでてくることが多いのではないでしょうか? 

もし、腰周りのストレッチをやって、劇的に改善したのでしたらそれは非常にラッキーだったと思います。おそらく15%の方に入ったのでしょう。

腰周りの筋肉が縮みぎて固いのか、伸びてしまって固いのか正確な評価が必要。

単に筋肉が張っている、固いといっても全てがストレッチをして筋肉を伸ばせば良いというものではありません。固いからといって何でもかんでも揉んだり、ほぐしたり、伸ばせば良いというものではありません。

もし筋肉が縮み過ぎているのでしたら、ストレッチで伸ばしたり、ほぐすのはいいと思います。伸びてしまっている固い箇所をそれ以上に「固いから」という理由でストレッチするのは褒められた行為ではないことをご理解しただけたと思います。筋肉が張ってくる、力が入るのも理由があります。カラダにとって必要だからです。

とにかく柔らかく、柔軟性をつければいいという誤解もあります。全身の筋肉、関節が緩みすぎていると立てなくなたり、力が入らなくなりますよね。筋肉や関節にも適度な”しまり”というのが必要です。

もし、腰の筋肉、関節が頑張りすぎているのでしたら、他の仕事をしていない筋肉、関節にうまく仕事をさせれば腰のフォローをしてくれます。そうすれば腰の筋肉はそんなに頑張らなくて良くなりますね。

プロから見て、何でもかんでも 固い=ストレッチ という固定概念は外してほしいと思います。

伸張反射の存在

伸張反射ってご存知でしょうか?

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説
伸張反射
しんちょうはんしゃ
stretch reflex

筋肉に張力を与えた際,その筋肉自身が収縮を生じる反射。関節の外側についている伸筋の場合,この反射によって関節の伸張が起る。反射の機構は,筋肉内部に自己伸長受容のための筋紡錘という受容末端が埋込まれていることによる。
本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ざっくりいうと、ストレッチをして筋肉を伸ばすとと反射により筋肉が縮むという反応です。逆だと筋肉を縮めると、その後反射により伸びるという反応です。ネット等でもストレッチに関する色々な意見を散見します。要は、ストレッチのやり方だという意見もあります。

ストレッチは筋肉や関節の位置を正しい位置で正しい方向に関節の参考可動域を守っておこなうのが大原則だと思います。固いから力ずくでやればいいというものでもありません。全てのストレッチが悪いと言っているわけではありません。やり方、方法の問題ですね。なかなか個人のレベルでは正しく行うのは難しいのではないでしょうか?

そんなことを言いたくなるくらい、不適切なストレッチでカラダをかえって悪くしている方が多いように感じます。

 

The following two tabs change content below.
「ながさき整骨院」代表  好きなもの:蒙古タンメン中本、WordPress、ブログ、SNS 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士

Subscribe / Share

462 views

予約の取り方

初めての方の予約の取り方

ながさき整骨院は完全予約制となっております。

予約は電話予約、Web予約をお願いしております。

施術中や外出中で電話に出られない場合もあります。

申し訳ありませんがその時はしばらく経ってからまたお電話いただくか、Web予約にてお願いします。

予約専用番号 03-3958-5141

不明な点はお気軽におたずねください。

予約の取り方

施術料金

当院では、治療のレベルを高く保つために、全て自費での施術とさせていただいております。

痛い場所だけを診るのではなく、全身をしっかりと診て施術を行います。

また、全身調整のみで施術のコースはありません。

施術料金

営業時間・アクセス

東京都豊島区長崎4−8−10ー1F

西武池袋線「東長崎駅」北口徒歩2分 大江戸線 落合南長崎駅 徒歩10分  有楽町線・副都心線 千川駅 要町駅 徒歩15分

来院されている地域

豊島区長崎、豊島区南長崎、新宿区西落合、豊島区要町、豊島区千川、豊島区高松、豊島区西池袋、豊島区池袋本町、豊島区池袋、豊島区南池袋、豊島区目白、中野区江原町、板橋区向原、練馬区小竹町、練馬区栄町、練馬区豊玉北、中野区江古田、

TELL 03-3958-5141

◆営業時間

平日/10:00~21:00

土曜日/10:00~18:00

◆お休み

水曜日、日曜日、祝日

その他、不定休あり

営業時間・アクセス