東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」

東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」

股関節

腰や股関節の外側が痛い原因とは?

腰や股関節の外側が痛い原因とは?

腰が痛いと一口にいっても、痛い場所はさまざまです。

腰の真ん中が痛いという方、腰の内側が痛いという方、腰の外側が痛いという方。

患者さんが訴える場所はさまざまです。

この記事では、「腰、股関節の外側が痛い」ということに絞って、書きました。

なぜ、腰、股関節の外側が痛みが出るのか?

の原因を解説します。

一言で言うと、立方骨という足首の小さな骨が、本来の働きをしていないため、

「腰、股関節の外側が痛くなる」

ことが多いのです。

また、立方骨が本来の働きをしていないことが、実は身体にとっては様々な影響が出ます。

腰、股関節の痛みだけでなく、肩こりや膝の痛み、坐骨神経痛、のような、関係なさそうな症状が、立方骨という小さな骨が原因のことも多いのです。

まずは、立方骨がどれだけ地味で凄い役割をしている骨なのか?

を解説します。

立方骨ってどんな骨?

立方骨は足首の骨の中でも要です。

屋台骨として足部を、しっかりと支えています。

立方骨は、多くの骨との接触を持ち、関節を形成しています。

  • 踵立方関節(踵骨)
  • 足根中足関節(第4、5中足骨)
  • 立舟関節(舟状骨)
  • 楔立方関節(楔状骨)
  • リスフラン関節(横足根関節)

踵の骨の、前方外側にありまして、テントのような形をしています。

内側には、舟状骨と楔状骨があり、立方骨の前には、第4,5中足骨があります。

立舟関節、楔立方関節はほとんど可動性を持ちません。

立方骨に付着する筋肉

  • 小趾対立筋
  • 母子内転筋斜頭
  • 後脛骨筋(付着するとする文献があります)
  • 短趾屈筋
  • 長腓骨筋は腱鞘を介して立方骨と癒合しています。

立方骨に付着する靭帯

  • 足根中足靭帯
  • 楔立方靭帯
  • 立方舟靭帯
  • 底側踵立方靭帯
  • 背側踵立方靭帯
  • 長足底靭帯

外側の縦アーチ

立方骨は、外側縦アーチを構成する骨の1つで、要石(=キーストーン)とされています。

外側アーチは、第5中足骨、立方骨、踵骨で形成されます。

立方骨は、外側縦アーチだけでなく、内側の縦アーチや足根骨部の横のアーチにも影響を及ぼします。

立方骨の低下問題

立方骨の低下という、地味で大きな問題があります。

立方骨が低下することで、腰痛や足の痛みだけでなく、肩こりやひざ痛、姿勢の悪さなどの、問題を引き起こすと行ったほうが適切です。

立方骨の低下は足部を崩してしまい、足底のアーチ(土踏まず)の低下を招く原因になります。

なぜ、立方骨は低下するのか?

が挙げられます。

凹足も、扁平足も真逆のような感じですが、どちらの場合も、立方骨が低下してしまっていることが多いのです。

凹足(ハイアーチ)の場合

ハイアーチは、足底のアーチが盛り上がっている状態です。(特に内側縦アーチ)

内側の足底のアーチが盛り上がる状態では、外側に荷重がかかります。

外側に荷重がかかり続けることで、立方骨を押し下げ、立方骨の低下をつくります。

扁平足の場合

扁平足(回内足)は内側のアーチが潰れている状態です。

凹足とは逆に、内側に荷重がかかるなら、外側が盛り上がって、「立方骨は低下どころか、盛り上がるのでは?」と思うかもしれません。

距骨下関節が、過回内すると、距骨の底屈内転、ショパール関節外転、楔状骨外転という動きが起きます。

ショパール関節外転、楔状骨外転すると、結果として、立方骨が低下してしまうのです。

イメージとしては上から立方骨を押しつぶすように、覆いかぶさってくる感じでしょうか。

扁平足(回内足)でも立方骨の低下は生じるということになります。

立方骨が低下することで、腰や股関節の外側に痛みが出ることが多い

立方骨が低下して、本来の役目を果たさないことで、足の外側のアーチにも負担がかかり、腰や股関節の外側に痛みが出やすくなります。

また、腰や股関節の外側に痛みに痛みが出ている方は、内反小趾になっている方も多いですね。

なぜ、立方骨が低下することが、腰や股関節の外側に痛みが出るのか?

立方骨がうまく動けない場合、スクリューホームムーブメント(終末強制回旋運動)という動きがうまくできなくなります。

具体的には、脛骨、腓骨、立方骨という骨が、うまく動けなくなることで、代償動作で腰や股関節に負担がかかり、痛みが出る原因になります。

足からの影響で腰や股関節に影響が出るのかご説明します。

スクリューホームムーブメント(終末強制回旋運動)ができていない

スクリューホームムーブメント(終末強制回旋運動)?

と思われたと思います。

一般の方向けの説明するならば、スクリューホームムーブメントとは?

膝を伸ばした時に、脛骨外旋(スネの骨を外側に向ける動き)が起こり、カチッとロックが、かかるようになっています。

脛骨外旋が起きて、カチッとロックがかかることで、筋力に頼ることなく膝を伸すことができて、人間は長時間楽に立っていられます。

ということです。

医療従事者向けに説明するなら、スクリューホームムーブメントとは?

膝関節が、最終伸展時に脛骨は大腿骨に対して、5~15°程度の外旋運動を起こし、膝関節が最も安定した肢位に導かれます。

膝関節最終伸展時(ねじ込み運動)に、大腿骨を固定する場合脛骨は外旋し、脛骨を固定した場合大腿骨が内旋する。

ということです。

スクリューホームムーブメントの参考動画

文字だけですと、意味がわからない方も多いと思いますので、参考動画を載せておきます。

雑に言うと、スクリューホームムーブメントとは、膝を伸ばした時に、脛の骨が外側にねじれる事で、うまくロックさせ、膝を安定させると言うものです。

スクリューホームムーブメント(終末強制回旋運動)ができないと、どうなるのか?

具体的に挙げていきます。

  • 変形性膝関節症(膝OA)
  • 膝の屈曲拘縮・膝の内旋・膝の内反変形 (膝が伸びないなど)
  • O脚・X脚
  • 腰痛・背中の痛み
  • ひざ痛 
  • 股関節痛
  • 肩こり・首の痛み
  • シンスプリント
  • 脛の痛み
  • ふくらはぎの痛み
  • 足の甲の痛み
  • 踵の痛み

などと、挙げていくとキリがありません。

「まっすぐ立つ」、「ちゃんと膝を曲げる、伸ばす」という動きができない事が、全身に影響を及ぼすのです。

スクリューホームムーブメントができないと、代償動作といって、他の関節が、スクリューホームムーブメントの代わりを行います。

O脚やX脚のように、股関節や膝が内側にねじれてしまうのは、スクリューホームムーブメントができていないからです。

また、スクリューホームムーブメントができないと、大腿骨や股関節が内旋します。

大腿骨や股関節が内旋すると、骨盤・仙骨が前傾します。

骨盤・仙骨が前傾すると、反り腰の状態になります。

仙腸関節や広背筋にも負担がかかります。

これが、腰や股関節の外側に痛みの原因になります。

スクリューホームムーブメント(終末強制回旋運動)ができないと腰や股関節を痛めやすい?

意外かもしれませんが、このスクリューホームムーブメントができないことで、股関節痛や腰痛になることも多いのです。

最初に貼り付けた臨床動画では、スクリューホームムーブメントがちゃんと行えるように導くことで、ギックリ腰を改善しています。

ご参考までに。

スクリューホームムーブメント(終末強制回旋運動)をできるようにするには?

ざっくり言うと、スクリューホームムーブメントとは、膝を伸ばした時に、脛の骨が外側にねじれる事で、うまくロックさせ、膝を安定させると言うものです。

スクリューホームムーブメントをできるようにするには、膝を伸ばした時に、脛骨を外旋できるようにしてあげればいいのですね。

これを一人でやると行うとなると、なかなか大変ですが・・・

対策としては

立方骨を引き上げ、本来の働きをさせ、スクリューホームムーブメントをできるようにすることで、腰や股関節の負担を減らすことができます。

また、

が起きている方は、合わせて凹足や扁平足も改善していく必要があります。

最後にまとめると

腰や股関節の外側がが痛い原因とは?

立方骨の低下していることが原因で、スクリューホームムーブメントできなくなっていることが原因です。

なぜ、立方骨は低下するのか?

に対しては、

が挙げられます。

立方骨が低下することで、足の外側(小指側)に痛みが出ることが多いのです。

対策としては、

立方骨を引き上げ、本来の働きをさせることが、対策になります。

また、

が起きている方は、合わせて凹足や扁平足も改善していく必要があります。

The following two tabs change content below.
「ながさき整骨院」院長 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 ほぼ毎日、蒙古タンメン中本を食べ、ベンチプレスをやり、SNSを更新しています! 気になったら気軽にフォローしてください。 整形外科や診療所勤務を経て、数カ所の整骨院で勤務。その後、業界最大手の整骨院グループで分院長を経験後に2012年4月に独立。2017年11月に法人化。 開業後も試行錯誤を続け、頭蓋骨や手や腕、足を操作し、自由自在に骨盤や背骨を変えてしまう独自の施術を考案。特に、身体の土台である足を重視する。現在も未だ進化中。

Subscribe / Share

COMMENT ON FACEBOOK

予約の取り方

初めての方の予約の取り方

ながさき整骨院は完全予約制となっております。

予約は電話予約、Web予約をお願いしております。

施術中や外出中で電話に出られない場合もあります。

申し訳ありませんがその時はしばらく経ってからまたお電話いただくか、Web予約にてお願いします。

予約専用番号 03-3958-5141

不明な点はお気軽におたずねください。

予約の取り方

施術料金

代表の川崎が考案した独自の施術法です。

この独自の施術方法が高く評価され、プロの施術家向けにDVDが発売されています。

プロの先生にも指導している安心・安全の施術です。

頭蓋骨や骨盤や背骨だけでなく、全身の筋膜・筋肉・関節のバランスを調整し、痛みや動きを改善します。

頭痛・眼精疲労・顎関節症・過度なストレスによる疲労・疲れやすい・呼吸が浅い・自律神経失調症、寝ちがえ・慢性の首痛・ストレートネック・首こり、肩こり・五十肩・胸郭出口症候群・、手のしびれ・テニス肘・ゴルフ肘・手根管症候群・手首の痛み・腱鞘炎・肋間神経痛・背中痛・腰痛・ギックリ腰・腰椎椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・梨状筋症候群・股関節痛・変形性膝関節症・膝の痛み・ふくらはぎの痛み、足首の痛み・足底筋膜炎・外反母趾、内反小趾、O脚・X脚・猫背・反り腰などでお悩みの方にオススメです。

施術料金

無料メルマガ

無料365日「健康のヒント」では、川崎が10年以上かけて、試行錯誤や失敗から学んだ独自の「健康のヒント」を毎日1通お届けします。

毎日配信される「健康のヒント」をあなたの健康や人生にご活用ください。

同業の先生でしたら、読んですぐに使えるようなネタもたくさん書いています。

ということは、なんとなく読んでいるだけでも、相当な知識が得られるということです(笑)

同業の先生は、

「健康のヒント」は、パソコンでも携帯電話でもどちらでも受信が可能です。

購読の解除はいつでも可能ですので、お気軽に登録どうぞ!

無料メルマガ

営業時間・アクセス

東京都豊島区長崎4−8−10ー1F

西武池袋線「東長崎駅」北口徒歩2分 大江戸線 落合南長崎駅 徒歩10分  有楽町線・副都心線 千川駅 要町駅 徒歩15分

来院されている地域

豊島区長崎、豊島区南長崎、新宿区西落合、豊島区要町、豊島区千川、豊島区高松、豊島区西池袋、豊島区池袋本町、豊島区池袋、豊島区南池袋、豊島区目白、中野区江原町、板橋区向原、練馬区小竹町、練馬区栄町、練馬区豊玉北、中野区江古田、

TELL 03-3958-5141

◆営業時間

平日/10:00~21:00

土曜日/10:00~18:00

◆お休み

水曜日、日曜日、祝日

その他、不定休あり

営業時間・アクセス