腰痛

腰痛を改善するには背筋を鍛えた方が良いのか?

投稿日:

腰痛を改善するには背筋を鍛えた方が良いのか?

この記事をご覧になっているということは、

  • 腰痛で悩んでいる
  • 腰痛で悩んでいたことがある

のどちらかではないかと思います。

腰痛で悩んでいる方は、

「腰痛改善のために背筋を鍛えるべきか」

かつて腰痛で悩んでいた方は、

「腰痛の再発防止のために、背筋を鍛えるべきか」

と検討されているのでは?

と思います。

整形外科や整骨院・接骨院の先生や、

またはスポーツトレーナーの方などにも、

「腹筋や背筋を強化してください!」

 と言われたことがあるかもしれません。

または雑誌やテレビ、新聞などで見て、

「なんとなく、腹筋や背筋鍛えたら腰に良さそうだなー」

と思っている方もいるかもしれませんね。

なんとなく、腹筋や背筋を鍛えた方が良さそうな感じがしますよね。

ウェブ検索しても、背筋肯定派、背筋否定派など、いろいろな意見があり、

「本当はどうなのかな?・・・」

と思っている方もいるかと思います。

結論から言いますと、

「背筋を鍛えることで、腰痛が改善する方もいれば、悪化する方、痛みが特に変わらない方がいる」

ということです。

「え?」

『どういうこと?」

と思われた方もいると思います。

説明をしていきたいと思います。

腰痛の原因は人それぞれ

腰痛の原因は、人それぞれということです。

100人いれば100通りの腰痛の原因があると言っても過言ではありません。

背筋が弱体化していたり、背筋に負荷がかけたほうが、腰痛が改善するタイプの方もいます。

こういった方は、背筋を鍛えて、背筋に刺激を入れてあげた方が、腰痛が改善します。

でも、腰痛の方全員に当てはまるわけではありません。

ウェブで調べると、

「背筋を鍛えても腰痛には関係ない」

という意見もかなりの数で散見します。

ちゃんと背筋を鍛えることで、腰痛が改善する方もいます。

「背筋を鍛えても腰痛には関係ない」

とは、一概には言えないわけです。

注意すべきは、背筋を鍛えると腰痛が悪化する場合

腰痛が良くなるかもしれないんだったら、

「試しに背筋鍛えてみるかー」

と思われた方もいるかもしれません。

注意するべきことがあります。

背筋を鍛えると腰痛が悪化することがあるということです。

ジムでトレーニング中にぎっくり腰になった・・・

そんな話を聞いたことがありませんか?

じゃあ、どんな腰痛のタイプの方が、背筋を鍛えると腰痛が悪化するのか?

気になるところですよね。

これは一度、身体の状態と動きを診て見ないと、なんとも言えないのです。

こんな事を書かれても困りますよね(笑)

背筋を鍛えるよりは、足の指を鍛えるべき

長年、腰痛で悩んでいる方の身体を注意深く観察していますと、ある共通することを発見します。

共通する事とは、足の指がほとんど使えていない事なのです。

結論から言いますと、足の指がうまく使えていないので、足の指の力が弱ってしまっているのです。

土台である足が弱ってしまっているので、腰に負担がかかってしまっているのです。

ここまで読み進めて、大半の方はこう思うと思います。

「足の指??」

なんの関係があるの?

と。

少し考えてみてください。

立っているとき、歩いているときに、地面と唯一設置するのは足首や足の指なんです。

座っている時ですら足を地面にくっつけていますよね。

よほど高い椅子でもなければ、足をブラブラさせた状態で座っているということはないでしょうから。

腰痛でほとんどの場合、足を地面に接地している時に、腰に痛みを感じることが多いと思われます。

立っている時、歩いている時、座ってる時などですよね。

寝ている時だけ痛い!ということは、あまりないですよね(笑)

足首や足の指が、本来の役目を果たしていないので、身体の他の場所に負担がかかってしまうのですね。

具体的には、腰や膝、股関節なんかはわかりやすいですよね。

逆に、足や足の指が本来の役目を果たしていれば、腰や膝、股関節などの負担を減らすことができるのです。

足の指が強くなれば、なぜ腰痛が治るのでしょうか?

写真の足の指をみてもらうとお分かりだと思うのですが、足の指の間が開いて、足の指が反ってしまっています。

いわゆる浮き指と呼ばれる状態です。

腰痛の方は、ほぼ全員足の指が浮き指になってしまっています。

実は、この浮き指と呼ばれる状態が、腰痛の根本原因になっていることが多いのです。

浮き指になりますと、扁平足気味にアーチが潰れ気味になります。

扁平足になり、アーチが潰れ出すとバランスを取るために、下肢がねじれます。

下肢がねじれると、股関節が内旋します。

股関節が内旋位になると、仙腸関節という骨盤の関節に負担がかかります。

逆に言えば、いくら骨盤だけ、背骨だけ、腰回りの筋肉だけ治療をしても、治らないのはこのためです。

足が使えないままなので、またすぐに下肢がねじれ、股関節が内旋し、仙腸関節に負担がかかり、腰に痛みが出てきてしまうのです。

土台の足首や足の指が変わって安定すれば、下肢もねじれなくなります。

下肢がねじれなければ、股関節は内旋しなくなります。

股関節が内旋しなくなれば、仙腸関節にも負担がかからなくなり、腰の痛みも出なくなります。

足の指を鍛えても、腰痛が悪化するリスクは少ない

背筋を鍛える動きとは違い、足の指を鍛えることは、リスクが少ないです。

背筋と違い、腰回りを動かす動きは、ほぼありません。

腹筋や背筋運動に比べると、非常にリスクが少ないのです。

背筋を鍛える前に、足の指の強化を是非行ってみてください。

365日配信無料メルマガ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-腰痛

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.