O脚・X脚 腰痛

O脚が原因で起こる腰痛

投稿日:

O脚が原因で起こる腰痛

腰痛の原因の大半は腰にはない。

そんな文章を目にしたことがありませんか?

ネットで調べても、目にする機会が多いと思います。

最近では、テレビなんかでも上記のことをやっているみたいですね。

腰痛の原因はストレスだ! と言っている先生や治療院も多いです。

また、腰痛の原因は背骨の歪みだ、骨盤の歪みだ、足首だ、足の指だ、、、

調べてみると、あげればきりがないくらい色々なことが言われています。

何が正解なのか、分からなくなってしまいますよね。

100人いたら100通りの原因がある。

何を信じたらいいのか、分からなくなってしまいますよね。

実は、全部、あっているのです。

どういうことだ?!

と言われてしまいそうですね。

腰痛の原因が特定されにくいというのも、原因が多岐に渡るからなのです。

100人いたら、100通りの腰痛の原因があるということなのです。

なかなか、腰痛にはコレ!という黄金パターンが確立できないのです。

一人一人、丁寧に検査して、腰痛の原因を突き止める必要があるわけです。

腰痛体操をやったり、腹筋や背筋を強化しても腰痛が治らない方もいれば、劇的に治ってしまう方もいるのは、腰痛の原因が各々違うからなのです。

レントゲンなどの画像診断で腰痛の原因がわかることもあれば、分からないこともあります。

腰は身体の中心にありますから、身体のありとあらゆる影響を受けてしまうのです。

O脚が原因で腰痛になることもある。

O脚は、膝の間が空いてしまうので、太ももが外側に捻れてしまっているように見えてしまいます。

そのためガニ股のようになっている誤解をされがちです。

実際には、O脚は太ももが内旋しています。

内側に巻き込まれているようにねじれています。

そのため、股関節も内旋されてロックされています。

なぜ、こんな状態になってしまうかと言いますと、足首や足の指に問題があるからなのです。

進行が進んでいる方は、足の指の力が落ちてしまっていて、扁平足のような状態になってしまっている方もいます。

土台である足首が崩れてしまっているので、ひざ下がねじれ、太ももがねじれ、股関節が内旋し、腰痛が起こるということなのです。

もちろん、これも全員に当てはまるわけではありません。

股関節の内旋が、腰痛ではなく、背中の痛みになったり、肩こりや首痛の原因になることもあります。

中学生からO脚

この写真は、O脚から腰痛が出ていた典型的なパターンでした。

腰痛を改善したいと思って来院し、O脚はもう治らないと諦めていたそうです。

チェックしていくと、やはりO脚そのものを改善しないと、腰痛が再発することがわかりました。

自宅や職場でも身体の使い方を意識して変えていき、少しずつ改善していきました。

以前は力を入れても全くと言っていいほど、膝がくっつく気配がなかったのが、くっつくようになってきました。

これは彼女の努力の賜物ですね。

ここまで変化してこれば、ひどい腰痛にも悩まされることもなくなってきたそうです。

今日の施術を一区切りで、彼女は仕事の都合で海外に旅立ちます。

次回お会いするのは、最短で1年半後だそう。

それまで、もっとO脚が改善されていることを期待します!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-O脚・X脚, 腰痛

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2019 All Rights Reserved.