浮き指 腰痛

重度な腰痛で悩んでいる方のほとんどが足の指が弱っている

更新日:

重度な腰痛で悩んでいる方のほとんどが足の指が弱っている

山本さん(仮名)
もう10年以上、腰痛に悩まされています。これまで、いろいろなところに通ったり、筋肉をつけたほうがいいのかと思って、トレーニングをやったり、ヨガやピラティスに通ったこともあるんですが結局改善までには至りませんでした。
川崎
なるほど。それは大変でしたね。私も昔腰痛で悩んでいたので、不安なの、よくわかります。 
山本さん(仮名)
え?先生も腰痛で悩んでいたんですか?
川崎
はい(笑) 20代の頃は腰痛で悩んでいました。 
山本さん(仮名)
どうやって、腰痛を治したんですか?! 
川崎
まあ、色々とあるんですが、最近、長年腰痛で悩んでいる方にある共通することを発見したんです。
山本さん(仮名)
それは何ですか? 

長年腰痛で悩んでいる方のほとんどが、足の指が弱っている

川崎
長年腰痛で悩んでいる方のほとんどが、足の指が弱っている傾向があるんです。
山本さん(仮名)
足の指ですか?・・・ 
川崎
あまりピンときませんよね?(笑)
山本さん(仮名)
足の指ですか?・・・ 
川崎
そうなんです。足の指がうまく使えていないので、結果として膝や腰に負担がかかっているイメージなですね。
山本さん(仮名)
そうなんですね! 初めて言われました。

足の指は力持ち

川崎
実は足の指というのは、かなり強力な指です。足の指は全体重が支えられます。爪先立ちのような動きは、足の指以外にできません。その強力な足の指が使えていないわけですから、他の関節に与える影響は大きいのです。
山本さん(仮名)
そう言われれば、そうですね。今まで考えもしませんでした。

浮き指になってしまっている

川崎
施術を受けにくる腰痛のほとんどの方が、指の間が広がり、反ってしまい、浮き指になってしまっています。足の指を開くと、力が入らないのです。
山本さん(仮名)
あ、私も指反っているかも。指の付け根のところにタコができます。
川崎
腰痛の方は、指の付け根のタコができている方多いですよ。足の指を広げた状態で、腕を回してもらったり、首を回してもらうと動きが悪くなったり、痛みが出たり、動きに引っかかる感じがありません?
山本さん(仮名)
はい。確かに動きが悪くなりますね。

 

川崎
浮き指だと、ふくらはぎや足の裏が疲れやすい、足底腱膜炎にもなりやすくなりますね。
山本さん(仮名)
あ、私そうなんです。よく足裏マッサージに行きます(笑)

ふくらはぎの筋肉と大腰筋

川崎
大腰筋ってご存知ですか?
山本さん(仮名)
大腰筋? 

川崎
大腰筋は、浅部(浅頭)は第12胸椎と第1~4腰椎の側面およびそれらの間に介在する椎間円板から始まります。

深部(深頭)は第1~5腰椎の肋骨突起から起始します。

それぞれ、腸骨筋と合流して腸腰筋となり腸骨筋膜に包まれ、腸恥隆起を越えて走り筋裂孔を通って小転子で終わります。

筋肉の作用としては股関節の屈曲という動作です。

また、大腰筋はかなり強力な筋肉なんです。

山本さん(仮名)
大腰筋・・・ そんな筋肉があったんですね。
川崎
大腰筋(腰の筋肉)が機能しなくなると、下腿三頭筋(ふくらはぎ)が代償動作として機能し始めます。また、下腿三頭筋(ふくらはぎ)が機能しなくなると、大腰筋(腰の筋肉)が代償動作として機能し始めます。大腰筋と下腿三頭筋は相互フォローのような関係にあります。
山本さん(仮名)
じゃあ、ふくらはぎが張るということは、腰も張ってくるということですか? 
川崎
そうなんです!股関節のオペをしている方が、ふくらはぎがパンパンなのは、そういうことです。大腰筋がうまく機能しなくなっていますからね。
山本さん(仮名)
そうなんですね! 全部当てはまっていますね(笑)足の指から、そこまで話が広がるとは(笑)
川崎
下腿三頭筋(ふくらはぎ)がうまく機能しなくなると、大腰筋がフォローするべく、働き始めます。そうなると、大腰筋の負担が大きくなりますよね。つまり、下腿三頭筋が弱体化すると、背中や腰の負担が大きくなります。
山本さん(仮名)
足の指、足の指、足の指・・・(笑)
川崎
施術と並行して、足の指も鍛えましょうということです!
山本さん(仮名)
はい!頑張ります(笑)

まとめ

長年腰痛で悩んでいる方のほとんどが、足の指が弱っています。

実は足の指というのは、かなり強力な指です。

足の指は全体重が支えられます。

爪先立ちのような動きは、足の指以外にできません。

その強力な足の指が使えていないわけですから、他の関節に与える影響は大きいのです。

腰痛の方の多くが浮き指になってしまっています。

施術を受けにくる腰痛のほとんどの方が、指の間が広がり、反ってしまい、浮き指になってしまっています。

足の指を開くと、力が入らないのです。

浮き指だと、ふくらはぎや足の裏が疲れやすい、足底腱膜炎にもなりやすくなります。

ふくらはぎの筋肉と大腰筋

大腰筋(腰の筋肉)が機能しなくなると、下腿三頭筋(ふくらはぎ)が代償動作として機能し始めます。

また、下腿三頭筋(ふくらはぎ)が機能しなくなると、大腰筋(腰の筋肉)が代償動作として機能し始めます。

大腰筋と下腿三頭筋は相互フォローのような関係にあります。

つまり、下腿三頭筋が弱体化すると、背中や腰の負担が大きくなります。

施術と並行して、足の指も鍛えましょうということです!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-浮き指, 腰痛

Copyright© 東京都豊島区江古田/東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.