浮き指 腰痛

足指(浮き指)が使えないと腰痛になりやすい

更新日:

足指(浮き指)が使えないと腰痛になりやすい

腰痛を訴える方の身体を注意深く観察していて、ある共通することを発見します。

共通する事とは、足の指がほとんど使えていない事なのです。

「足の指?」

と思われるかもしれません。

少し考えてみてください。

足というのは、一日中ほぼ使っています。

歩くとき、立っている時、座っている時ですら足を地面にくっつけています。

よほど高い椅子でもなければ、足をブラブラさせた状態で座っているということはないでしょうから。

ほとんどの場合、足を地面に接地している時に腰に痛みを感じることが多いと思われます。

立っている時、歩いている時、座ってる時など。

寝ている時だけ痛い!ということは、レアケースだと思われます。

足や足の指が本来の役目を果たしていないので、歩いたり、立ったり、座っていると身体が壊れてしまうのです。

逆に、足や足の指が本来の役目を果たしていれば、身体がどんどん改善していくこともあります。

では、足の指をどう使えばいいのでしょうか?

本来ならば足の指はしめて使った方がいい、ということ

写真の足の指をみてもらうとお分かりだと思うのですが、足の指の間が開いて、反ってしまっています。

いわゆる浮き指と呼ばれる状態です。

腰痛の方は、ほぼ全員足の指が浮き指になってしまっています。

この浮き指と呼ばれる状態が、腰痛の根本原因になっていることが多いのです。

足の指が浮いてしまって、さらに開いてしまっているため、本来のパフォーマンスを発揮できていないのです。

足の指は力持ち

実は足の指というのは、かなり強力な指です。

足の指は全体重が支えられます。

爪先立ちのような動きは、足の指以外にできません。

その強力な足の指が使えていないわけですから、他の関節に与える影響は大きいのです。

足の指が開いていると、浮き指になる

足の指を広げるには、指をそらせる動きをしなければいけません。

指を丸める動きをしながら、足の指を広げると言うことはできません。

腰痛の方が施術を受けにくるほとんどの方が、指の間が広がり、反ってしまい、浮き指になってしまっています。

足の指を開くと、力が入らないのです。

いわば力が出せないのです。

足の指を広げた状態で、腕を回してもらったり、首を回してもらうと動きが悪くなったり、痛みが出たり、動きに引っかかる感じが出てくると思います。

足の指が開いていると、肩こりや首の痛み、腰痛の原因にもなりうると言うことです。

足の指が開いて浮き指になっていると、歩くときもうまく接地できなくなります。

ふくらはぎや足の裏が疲れやすい、足底腱膜炎にもなりやすくなります。

なぜ足の指が開いていると力が入らないのか?

手の指も同様なのです。

試してみればわかりますが、手の指を開いた状態で、力を入れて握ることはできません。

手の指もくっつくくらい密着していないと、力一杯握れないのです。

足の指も同じです。

足の指を開いた状態で、力を入れて踏ん張ることができないのです。

力が分散する

手の指も密着して使うことで、指一本一本単体で使うよりは、協力して使えるので、力を発揮することができます。

指を開いて使うことで、ひとつひとつの指が独立します。

まとまりがない状態で指を使うので、力も入らないですし、疲れやすくなるのです。

足の指が使えないと、歩き方が悪くなる

足の指がうまく使えないと、歩き方が悪くなります。

歩き方が悪くなれば、膝や腰、背中に負担がかかり、痛みが出やすくなります。

また、歩き方が悪くなると、疲れやすくなりますよね。

ちょっと歩いただけで腰が痛くなったり、膝が痛くなったりします。

足の指が弱くなっている

長年、足の指を使わない生活をしていたので、足の指の力が落ちてしまっています。

足の指が弱ってしまているので、いざ使おうとしても、使えないのです。

腰痛の根本改善には、足の指の強化というのも欠かせません。

足の指自体が、本来の使い方を忘れてしまっているので、再教育していくのです。

土台である足の指から改善していくことで、腰痛の根本改善につながるのです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-浮き指, 腰痛

Copyright© 東京都豊島区江古田/東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.