坐骨神経痛 産前・産後 骨盤矯正 腰痛

妊婦(妊娠中)さんの坐骨神経痛の機能解剖

更新日:

妊婦さん(妊娠中)の坐骨神経痛の機能解剖学

妊婦さんは坐骨神経になったらどうすれば良いの?

いきなり、結論から言います。

ネットで検索すると坐骨神経痛の95%は梨状筋由来のものだと言われています。

だからと言って、緊張して固まった梨状筋をなんとかするというのは、短絡的な発想です。

なぜ、梨状筋が緊張して、固まるのかを考えなければいけません。

なせ、梨状筋が緊張して固まるのか?

仙骨がそれ以上前傾しないように、梨状筋が固まってバランスを取っているのです。

坐骨神経痛を治すには・・・

仙骨の前傾を和らげてあげれば良いのです。

川崎
9月に出産予定でしたっけ?お腹大きくなってきましたね!

原田さん(仮名)
そうなんです!順調に育っていて、腰がまた沿ってきました・・・ 

川崎
で、このところ坐骨神経痛っぽいのが出てきているとか?

原田さん(仮名)
そうなんです!お尻から脚にかけて痛みというか、ピリピリした痛みが出てきて・・・ 

川崎
なるほど。それは辛いですね。ずっと痛いですか?動くと痛いとか?静かにしていると痛みがでないとか?

原田さん(仮名)
最近は、ずっとですね。仰向けになっても脚を痛くて伸ばせないんです。座っていても痛いし、立っていても痛いし。

川崎
夜は寝れますか?

原田さん(仮名)
なんとかという感じです。つわりがなくなったのが救いです。妊娠中だから薬も飲めないし、困っています。病院の先生に相談したんですが、産婦人科なので特に何をしてくれるわけでもなく、といった感じでした。

川崎
なかなか大変な状況ですね。何か自分なりにやってみましたか?

原田さん(仮名)
はい。ネットで自分なりに調べてみて、梨状筋というお尻の筋肉のストレッチをやってみました。

川崎
梨状筋のストレッチをやってみてどうでした?

原田さん(仮名)
一瞬ですが、ストレッチをやると良いような感じはしたんですが、すぐに痛みが戻っているという感じで。お尻の筋肉が原因じゃないなら、何が原因かわからなくて。もっと調べていたらヘルニアじゃないかと心配になったり・・・

川崎
わかりました! その辺りをまず、解説しましょうか?

原田さん(仮名)
はい! よろしくお願いします!

坐骨神経痛は病名じゃない

川崎
まず、坐骨神経痛って病名じゃないんです

原田さん(仮名)
え?そうなんですか?

川崎
”痛”ってついていますよね。例えば頭痛とか、腹痛って病名ですか?

原田さん(仮名)
あ、確かに・・・

川崎
お尻から足にかけて、坐骨神経のラインに沿って痛みや痺れが出るこ症状を坐骨神経痛って呼ばれます。

原田さん(仮名)
なるほど!じゃあ、ヘルニアで足が痺れるっいうのは? 

川崎
腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症という病名に付随して、坐骨神経痛が出ることがあります。

原田さん(仮名)
なるほど! 

川崎
腰の骨の間から、脚への神経が出ているんですが、ヘルニアとなった椎間板に圧迫されて、神経に何か問題が出ていて、坐骨神経痛となって出ることもあります。また、原田さんが調べた梨状筋という筋肉が原因で坐骨神経痛が出ることもあります。

原田さん(仮名)
坐骨神経痛といっても色々あるんですね!

坐骨神経痛の95%は梨状筋が原因

川崎
梨状筋が緊張して、固まって坐骨神経痛を締め付けるからだと言われています。ただ、まだよくわかっていないことの多いので、この仮説が今後変わっていく可能性があります。

原田さん(仮名)
はい。梨状筋という筋肉が原因というのはネットでみました。

川崎
実は、緊張して硬くなっている梨状筋を緩めていくというのは、短絡的な発想なんです。

原田さん(仮名)
え!そうなんですか?どうしてですか?

 

梨状筋が緊張して固くなるのは原因がある。

川崎
なぜ、梨状筋が緊張して、固まるのかを考えなければいけないんです。どうしてだと思いますか?ヒントは反り腰です(笑) 

原田さん(仮名)
もしかして、これ以上腰が反らないように、梨状筋が緊張して固くなるってことですか?

川崎
そうなんです!なぜ、梨状筋が緊張して固まるのか? 仙骨がそれ以上前傾しないように、梨状筋が固まってバランスを取っているのです。ということは、坐骨神経痛を治すには・・・ 

原田さん(仮名)
仙骨の前傾を和らげていけば良いってことですか?

坐骨神経痛は仙骨の前傾が原因?

川崎
妊娠中の女性は、胎内の赤ちゃんが大きくなるにつれ、子宮や骨盤は前傾しがちになり、いわゆる反り腰の状態になります。

原田さん(仮名)
なるほど、じゃあ妊婦は骨神経痛になる人多いんですか?

川崎
まあ、仙骨の前傾の角度や股関節、大腿骨との絡みもあるので、一概には言えません(笑)ただ、運動とか注射、投薬もままならないので、困っている妊婦さんは多いでしょうね。

原田さん(仮名)
私のことだ(笑)じゃあ、治療するなら仙骨の前傾を和らげていくと良いんですね! 

仙骨を直接調整するんじゃなくて、違う場所から

川崎
あくまで理論上はそうなります。でも、怖いので妊婦さんに仙腸関節の調整をガシガシやって、仙骨を動かすのはちょっと怖いかな・・・

原田さん(仮名)
あ、そうなんですか?妊娠しているからですか? 

川崎
そうですね。骨盤内の子宮も前傾しているかもしれませんし、子宮が前傾しているのに仙骨だけ前傾を和らげるのは想像すると怖いですよね。目に見えないので、イメージの話ですが。

原田さん(仮名)
なるほど。仙骨って直接じゃなくても調整できるんですか?

川崎
できますよ! 腕や手首、足首、脚、肋骨とか筋膜などからアプローチしても調整できます。

原田さん(仮名)
なるほど! では、よろしくお願いします!

最後に梨状筋と坐骨神経と仙骨の機能解剖学のお話をします。

梨状筋

梨状筋は仙骨の前側から坐骨孔という穴を通って、大腿骨大転子の後ろ側の上にくっつきます。

梨状筋の働きは股関節の外旋です。

簡単に言えば立った状態でまっすぐに足を伸ばします。

そのまま、つま先が外に向けるような動きをすると股関節の外旋です。

逆に、股関節が内旋すると、梨状筋は引き伸ばされてテンションがかかります。

仙骨と股関節

仙骨が前傾すると、骨盤の構造上、大腿骨は内旋します。

仙骨が前傾すると、股関節の付け根である股関節の臼蓋は上方に移動するので、後方の覆いが減ってしまいます。

股関節の臼蓋の後方の覆いが減るのを補うために、大腿骨の骨頭は後ろ側に入り込むように移動します。

大腿骨の骨頭が後ろに入り込む動きは、股関節の内旋の動きです。

以上をまとめると

 仙骨が前傾する→大腿骨(股関節)が内旋する→梨状筋が引っ張られてテンションが高まる→坐骨神経が絞扼される

ということになります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-坐骨神経痛, 産前・産後 骨盤矯正, 腰痛

Copyright© 東京都豊島区江古田/東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.