O脚・X脚 腰痛

O脚と腰痛の関係 西武池袋線の江古田/東長崎「ながさき整骨院」

投稿日:

O脚と腰痛の関係 西武池袋線の江古田/東長崎「ながさき整骨院」

きっかけは仕事中の腰痛

先日、ウェブサイトを見て来た彼女。

O脚を治したくて来たというよりは、肩こりや腰痛を改善するためでした。

長年、悩んでいいて、特にこのところ仕事にも支障をきたすくらい痛みが出て来ていました。

もう、O脚は治らないと諦めていたそうです。

これだけ土台である骨盤や股関節、足首が狂ってしまっていると腰痛や肩こりにもなりますよね。

結局上半身が力が入ってしまうのも(肩こりや腰痛)土台である下半身がうまく踏ん張れていないというのもあります。

上半身がフラフラしているので、上半身に力を入れて固めてバランスをとって緊張してしまい、抜けないのです。

O脚の方は、太ももの前側の筋肉がパンパン!

朝起きた時に腰が痛い方は、この太ももの前側の筋肉(大腿四頭筋)が原因の方がほとんどです。

特にO脚の方は、太ももの前側の筋肉がパンパンに張っている方が多いのです。

太ももの筋肉に引っ張られて、骨盤が前傾し、腰椎(背骨の腰の部分)前弯(反りすぎ)がきつくなり、腰が痛くなってしまうのですね。

施術前

かなりキツそうですね。

力を入れても全く膝が着くきっかけはありません。。。

 

 

 

 

 

 

歩き方も歩幅が狭く、上半身と下半身がバラバラです。

足首がうまく使えていませんので、かなり足を引きずるような歩き方をしています。

長時間歩いたり、立っていると足や腰が疲れてしまったり、痛くなってしまうそうです。

施術後

 

 

 

 

 

 

歩き方も歩幅が大きくなり、上半身と下半身の連携が取れて来ました。

足首が機能し始めたので、足音が静かになりました。

本人曰く、「歩き方も、身体がメチャクチャ軽くなりました!」とのこと。

O脚も若干ですが変化が出て来ています。

これから、どれだけ変化が出るか楽しみですね。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-O脚・X脚, 腰痛

Copyright© 東京都豊島区江古田/東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.