腰痛

怒りや感情の抑圧が腰痛を引き起こす。〜豊島区池袋/東長崎「ながさき整骨院」〜

更新日:

怒りや感情の抑圧が腰痛を引き起こす。〜豊島区池袋/東長崎「ながさき整骨院」〜

単刀直入にお聞きします。

あなたは腰痛持ちですか?

私も20代の頃は腰痛持ちでした。

腰は体の要です。

腰が痛いと、何もしたくなりますよね。

一生腰痛がついて回るのかと不安でした。

腰痛はイライラもしますよね。

精神的にもよくないです。

異常がないと言われる。

東長崎駅周辺だけではなく、池袋や豊島区、千川や要町、江古田、落合南長崎の整形外科や病院を全て回り、レントゲンや画像所見上は特に異常がないと言われる。

リハビリや運動を勧められても、思ったような効果が出なかった方は多いと思います。

かつては私もそうでしたから。

西洋医学に見切りをつける

マッサージや整体、整骨院、カイロプラクティク等の受診を考える方もいらっしゃると思います。

でも、なんか不安ですよね。

東長崎駅周辺だけでも治療院っていくつあるのでしょうか?

自転車で行ける圏内だと、池袋、椎名町、要町、千川、落合南長崎、江古田も入れるととんでもない数になりそうですね。

10や20じゃ効かないかもしれませんね。

ほとんど全部行ってみたという方もいらっしゃるかもしれませんね。

これだけ激戦で生き残っているということは、どこも腕が良いことは間違えなし!

それでも腰痛がよくならなかった・・・

もう治らないのか?

と諦めたくもなりますよね。

まだ、チャレンジすることがあります。

TMSという理論をご存知でしょうか?

tms 緊張性筋炎症候群(tension myositis syndrome)

米国のニューヨーク大学リハビリテーション医学科のジョン・サーノ教授が提唱したものです。その著書「サーノ博士のヒーリング・バックペイン」で、「潜在意識かに抑圧された不安や怒りなどの感情が、筋肉の痛みと緊張を生み出す」として、「自分の心を深く見つめ、無意識の世界に気ずく一方で、いたずらに痛みを恐れない事が、腰痛などの痛みを解消する第一歩」と指摘しています。

TMS(緊張性筋炎症候群)

は心の緊張によって筋肉が固くなって痛みを起こす症候群という意味です。

緊張性筋炎症候群

緊張性筋炎症候群

心理的要因

痛みに影響する心理的要因は非常に広範囲にわたっています。 強い不安や緊張が原因で、筋膜のトリガーポイントが活性化し痛みへと繋がって行きます。

 不安感は、逆説呼吸、表在呼吸、過呼吸、無意識に体を緊張させる習慣などといった諸々の問題に繋がりかねません。潜在する不安を取り除いたり、セルフケア、ストレッチ、エクササイズで筋をリラックスした状態に持って行く事がTMSを解消するのに重要です。

 完全に痛みを解消する事を目指すなら心理的要因、呼吸パターンから筋の緊張に至まで見つめなおすことが大切です。不安感が大きな要因だと思われる場合は、そのまま放置せず、不安感とそれを伴う身体的な習慣を克服するように努力する。また、それを手助けしてくれるかかりつけの医師や、精神科医に助けを求めてもいいでしょう。

 話を聞いて頂いただけでも心が救われたのを今でも忘れません。音楽を聴いたりリラックスした状態を保ち痛みを考えない事が腰痛解消へつながる道でもあるのです。

痛みの悪循環

 TMSは不快な感情から注意をそらす為に存在して、それは感情を抑圧する事をさせないように働く心の防衛機制の一つです!

痛みに注意をむけてさえいれば、心の安定が保たれ、精神的破局(パニック・ヒステリー)をさける事が出来ます。だからこそ心は、心の痛みを味わうよりも身体の痛みを味わう方がましだと判断を下すのです!

 ですので、サーノ博士も心の痛みについてしっかり向き合う事が大切だと言っています。例えば痛みを感じた時に、怒りとその理由につて考える事。身体に注意を奪われる事なく、心・不快な感情の原因に注意を向ける習慣を身につける事が重要なのです。

 

痛みでストレスが出ることもあれば、ストレスから痛みが出ることがあります。

怒りや感情の抑圧が腰痛になりやすいのです。

  • 与える立場を好む人
  • 行為を受け取るのが苦手な方
  • 完璧主義の方
  • 助けて欲しいのに、助けてと言えない。
  • 人と人との健全な関係が築けない
  • 空気を読みすぎる
  • 自尊心が欠ける
  • お金の関係(経済の不安定やアンバランス)

などがという方が該当します。

チャクラというのはご存知ですか?

ざっくりと言いますと、人間の正中線上のある「気」やエネルギーの通り道です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/チャクラ

 

 

 

 

 

 

 

チャクラでいうところの第2チャクラです。

ただし、第一のチャクラが不調和ですと、第2チャクラが不安定になります。

第1のチャクラは尾骨や会陰部にあり、生命力を意味します。

第2のチャクラは下腹部、いわゆる丹田にあります。自己信頼感や意欲、情熱を意味します。

第2のチャクラが調和がとれますと、腹が座り、全身に力がみなぎります。

「こうではなくては」を手放す。

「自分は自分」、

「自分を信じる」

「意思を強くする」

などというアフォメーションを使うと良いでしょう。

メールでの無料相談も受け付けております。

長年のお悩みや「こんな些細なことでも良いの?」でも何なりとご相談ください。

 

お名前 (必須)

電話番号(必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容
予約質問・ご相談営業・取材

メッセージ本文

365日配信無料メルマガ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-腰痛

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.