腰痛

腰痛の原因は腰にはない〜豊島区池袋/東長崎「ながさき整骨院」〜

更新日:

豊島区池袋/東長崎「ながさき整骨院」腰痛の原因は腰にはない

 

あなたは腰痛ですか?

腰痛であれば、いろいろなことをしてきたと思います。

  • 何もせず、良くなるのを待つ
  • スポーツクラブに行く
  • ヨガやピラティスを始める
  • ストレッチをする
  • 筋トレをする
  • 病院へ行く
  • マッサージに行く
  • 整体やカイロに行く

こんなところでしょうか。

色々と試して見た方は、どうだったでしょうか?

いい結果は出ましたか?

いい腰痛が改善するという、いい結果が出たのでしたら、素晴らしいことです。

もし、色々と試しても、腰痛が改善しなかった方は、また対処を考える必要があります。

腰痛の原因は腰にはない

「腰痛の原因は、腰にはありません」ということです。

腰を伸ばしたり、曲げたり、叩いたり、揉んだり、腰をいくら治療しても良くならないのは、腰に原因がないからです。

全身状態の問題が、結果として腰に負担がかかり、痛みとして現れているのです。

腰をいくら鍛えても、治療してもあまり良くならないのはそういった理由です。

腰痛に対しての考え方の問題

腰痛患者が減らない理由として、日本では腰痛症に対してのガイドラインが普及しておらず、腰痛の考え方や治療へのアプローチが30年前から停滞していることが挙げられます。

近年、世界的な腰痛の権威たちは、これまでの腰痛診療が疼痛の軽減にとらわれ過ぎたこと、身体全体ではなく、一部分(腰部)しか診ようとしなかった点に問題があったことを認めています。

腰痛を全身の機能的な側面から考えるべきだと提言しています。

つまり、痛みを抑え込むことが治療のゴールではなく、機能低下(不全)を起こしている部位を回復させ、患部に負担をかけないように患者を導いていくことが重要なのです。

新しい腰痛へのアプローチ

腰痛を腰だけフォーカスするのではなく、全身の機能的な側面からアプローチしていくべきです。

疼痛や画像診断のような構造面だけ評価するのではなく、機能面も評価していくべきです。

痛みを抑えることをゴールにするのではなく、機能低下を起こしていて、腰に負担をかけている部位を特定し、腰に負担をかけないようにしていくことが導いていくことが重要なのです。

まとめ

腰痛の原因は、腰にはありません。

全身状態の問題が、結果として腰に負担がかかり、痛みとして現れているのです。

痛みを抑えることをゴールにするのではなく、機能低下を起こしていて、腰に負担をかけている部位を特定し、腰に負担をかけないようにしていくことが導いていくことが重要なのです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-腰痛

Copyright© 東京都豊島区江古田/東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.