各種症状

足関節が緩くなっていて、違和感が出ていた話

投稿日:

足関節が緩くなっていて、違和感が出ていた話

足首って痛くなったことありますか?

足首は全体重がかかる関節なので、痛みや違和感があるとなかなか鬱陶しく感じます。

たった一つの関節なのに、捻挫をしようものなら、歩けなくなりますもんね。

どこの関節も大切なんですが、特に重要度が高い関節といってもいいかもしれませんね。

1ヶ月くらい前に、新規でいらした方の話です。

色々と症状を抱えていたのですが、特に膝から下の違和感で悩んでいたとのことでした。

特に何をすると痛いというわけではないそうなのです。

歩くと痛いとか。

体重をかけると痛いとか。

内側にひねると痛いとか。

走ったり、ジャンプすると痛いとか・

そういったものではないんです。

何かをしている時よりも、何もしてない時の方が違和感が出て来るそうなんです。

仕事とか。何かに夢中になっていると気にならないとのこと。

ただ、何もせず寝そべっていたり、座っている時に痛みや違和感が気になるそうなんです。

こういうお悩みって、簡単そうに見えて、一番難しかったりします。

原因の特定が難しいんですよね。

チェックしていくと・・・

違和感が出ている、膝や足首の関節が緩いんですね。

なんとも言えない感触なんです。

足首の関節が緩みすぎて痛みや違和感が出てしまっているんですね。

なんとなく、身体って柔ければ良さそうですよね。

実は、これは違っていたりします。

関節は柔らかければいいというものではない

何事も度が過ぎれば、問題が起きるのです。

関節も柔らかければ柔らかいだけ、いいというものではありません。

関節には参考可動域というものが存在します。

例えば、肘は屈曲では145度

進展は5度となっています。

この参考可動域の限度を超えて動きすぎるのも異常ということになります。

この参考可動域に限度を超えて動かしてしまうので、痛みや違和感の原因になってしまうのです。

なんでもかんでも動けばいいというものではないのです。

関節が緩いと、筋肉が固まる

この方の場合、関節が緩いため、筋肉や骨にも負担がかり、疲労が溜まりやすようでした。

この疲労の蓄積が、なんとも言えない違和感や痛みの原因になっていたようです。

では、緩い関節がしまっていけば良いのです。

と言いたいところなのですが、緩みすぎている関節が、固めていくというのは難しいのです。

固まっているものを緩めていく方が、まだ簡単かもしれません。

緩みすぎている関節を固めていくのは、時間がかかるのですね。

結局・・・

この方の納得いく結果を出せずに、来院されなくなってしまいました。

力不足を痛感するような悔しい結果に終わってしまいました。

ああやっていればとか、こうやっていればというのは、大体こういう結果に終わってから気がつくことが多いんですね。

とにかく反省ですね。

もっと勉強せねば!

365日配信無料メルマガ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-各種症状

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.