施術

疲れが取れない時に試してみたい3つのこと〜豊島区池袋/東長崎「ながさき整骨院」〜

更新日:

豊島区池袋/東長崎「ながさき整骨院」疲れが取れない時に試してみたい3つのこと・・・

いくら寝ても疲れが取れない。そんなこと、ありませんか?

それなりに睡眠時間を取っているはずなのに、疲労が抜けない。

不思議ですよね。

私も過去に数えきれないくらいありました(苦笑)

疲労というのもバカにはできません。仕事の効率落ちますよね。遊んでいても楽しくないし、疲れているとお酒が美味しくありません(笑)

あんまり疲れてばっかりだと、メンタルにも良い影響ないですよね。

まず、人生が楽しくないですよね。

ウチの患者さんたちは、私と同年代の方がほとんどです。

いわゆる働き盛りの方ですね。仕事や家庭、趣味、人生を楽しく過ごすためにご利用いただいています。

私も、そのためのお手伝いをさせていただいています。

カラダのあちこちに機能障害が出てくると、上記のような症状が出てくるようです。

内臓が原因の不調

  • 等質過多の食生活
  • ジュースや甘いものの摂り過ぎ
  • カフェインの過剰摂取
  • 水不足
  • トイレに行く回数が少ない
  • お酒を良く飲む
  • 冷たいものの摂り過ぎ
  • 暴飲暴食
  • サプリメントの摂り過ぎ

疲れを取ろうとして色々と試したくなるお気持ちはわかります。私もそうでしたから。

特に疲れを取ろうと高カロリーの物を摂取すると、かえって胃腸に負担がかかり、疲れてしまいます。

かといって断食のように極端に食べないのも内臓を疲れさせます。

昔から腹八分目とは良く言った物ですね。

疲れている時こそ、6割〜8割くらいで食べると良いと思います。

植物やペットも、水やりすぎたり肥料や餌を与えすぎると枯れたり弱ってしまいます。

何事もほどほどと言うことですね。

カラダを適度に動かしてみる。

休日だからと言って、ゴロゴロばかりしているとかえって怠くなってしまいます。思い切って外に出てカラダを少し動かした方が脳にも刺激が入って結果としてカラダの調子が良くなります。

あとは起床時間ですね。

連休が続いて、深夜まで夜更かしをして翌朝は朝寝坊。

生活リズムを崩して、連休明けに出社する頃にはカラダが重く、やる気も出ない・・・

ということは、皆さん一度くらいは経験してると思います、

眠くとも、いつもと同じ時間い起きて朝食等を済ませ、どうしても眠ければまた仮眠をするといったほうが生活のリズムは崩れにくいです。

カラダの調整をする

カラダの調整をするというのも一つの手です。ねじれたり、歪んだり、傾いたカラダをあるべき位置に持って行って、うまく動いていなかった関節等が動き出せば、驚くほど呼吸がしやすくなることがあります。呼吸がしやすくなれば、酸素が入ってくる量が増えて疲労回復しやすくなります。

色々とやってみたけど、カラダの不調が抜けない。

そんな時は、カラダの調整をするのも手段の一つです。

選択肢の一つとして考えてみてくださいね。

365日配信無料メルマガ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-施術

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.