腱鞘炎

腕のねじれが原因の腕の痛み 

投稿日:

腕のねじれが原因の腕の痛み 

腕の前側の部分って、すごく固くなってパンパンに張っていませんか?

仕事などで、一日中手を酷使している方がほとんどだと思います。

私のような、施術をする側でも一日中、手を使っています。

合間は、こうやってPCのキーボードを叩いているわけですので、手を酷使しているわけです(笑)

大半の方が、一日中PCのキーボードを叩き、通勤時にはスマホを操作し、一日中手を酷使していると思われます。

手を酷使していることが原因で、様々な不調が起きます。

肩こりや首の痛みだけでなく、腰痛やひざ痛の原因になることもあります。

腕はねじれる

どれだけ気をつけていても、腕は必ずねじれます。

通常、手を使うときは手のひらを下に向けて使っていると思います。

字を書いたり、キーボードを叩いたり、スマホを操作したり、料理の時に何かを切ったりとか。

逆に手の平を上に向けて手を使う事というのは、ほぼ無いと思います。

前腕には橈骨と尺骨という骨があるのですが、手の平を上に向けた状態では、上の図のように骨は平行です。

手の平を下に向けた状態では、前腕の骨がバッテンのような形でクロスするのです。

前腕の回内動作という動きです。

言ってしまうと、通常腕を普通に使うだけで、腕はねじれてしまうのです。

大半の方が、一日中手の平を下にして手を使っているわけですから、腕が一日中ねじれているということになります。

前腕がねじれると、上腕二頭筋という二の腕の筋肉がねじれます。

上腕二頭筋がねじれるので、腕が貼りやすくなり、疲れやすくなるのです。

上腕二頭筋をいくらストレッチしてもなかなか緩まないのは、そもそも筋肉がねじれてしまっているからです。

肘もねじれている

前腕がねじれているということは、肘の位置も本来あるべき位置から逸脱してしまっている方がほとんどです。

肘が本来の役目を果たしていないので、他の関節や筋肉に負担がかかり痛みが出ることもあります。

 

また、写真の方のように肘が本来の役目を果たしていないことで、肋骨や背骨にまで影響が出て、背中や腰にまで負担がかかってしまうこともあります。

まとめ

どれだけ気をつけていても、腕は必ずねじれます。

腕がねじれれば、骨にくっついている筋肉もねじれます。

腕がねじれているということは、肘の位置も本来あるべき位置から逸脱してしまっている方がほとんどです。

腕が張りやすい、疲れやすいという方は、そもそも筋肉がねじれてしまっています。

腕のストレッチをやっても、なかなか緩まないのは、腕や筋肉がねじれてしまっているからです。

逆に言えば、腕や筋肉のねじれが取れてくれば、筋肉は勝手に緩んできます。

腕が張りやすい、疲れやすいという方は、腕のねじれチェックしてみてくださいね!

 

365日配信無料メルマガ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-腱鞘炎

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.