肩こり 腱鞘炎

広背筋が機能していなくて、右腕・肩が死亡していた話

投稿日:

広背筋が機能していなくて、右腕・肩が死亡していた話

前回の記事はこちら

使いすぎで「右腕が死亡してます(´・_・`)」という話

 

施術でバッチリ腕のねじれが取れて、右腕が生き返ったかと思いきや、翌日に「腕がまた死んでいます・・・」

という連絡を頂きました・・・

ガーン( ̄◇ ̄;)

使い次なのはわかっているんでですが・・・

ということでしたが・・・

なんだかんだと、また再訪問してもらうことになりました。

何度もお手間を取らせ、申し訳ない・・・

岡田さん(仮名)
腕が死んでいるのは少しマシなのですが、手の甲がピリピリします。
川崎
りょーかいです!今日は秘策があります。フフフ(笑) 
岡田さん(仮名)
楽しみにしています(笑)
川崎
まず、筋力テストをいくつかやらせてください。 
岡田さん(仮名)
あ、はい。

右の広背筋が機能していない

川崎
このテストで、右だけ力入りませんよね? 
岡田さん(仮名)
左は大丈夫ですが、右は力が入らないです。なんでだろう?
川崎
広背筋という筋肉の右側だけうまく力が入らないんです。 脳の誤作動かもしれませんが。
岡田さん(仮名)
広背筋?

川崎

広背筋は、背部の筋肉の棘腕筋のうち、下方に三角形をなす筋肉なんです。

第5胸椎(Th5)~第5腰椎(L5)の棘突起、仙骨、腸骨稜、第9~12肋骨を起始とし、下部から上外側方、上部から水平に外側方に向かって走り、上腕骨の上部小結節稜に付着する。

懸垂をするときに使う筋肉ですね。

岡田さん(仮名)
腕から始まっているんですね。
川崎
そうなんです。岡田さんの場合、広背筋が右腕の動きにブレーキをかけているみたいなんです。それが腕の負担を大きくしているんです。 
岡田さん(仮名)
そうなんですね! じゃあ、私はこの広背筋がうまく使えれば・・・
川崎
そうなんですけど、さっき筋力テストをしたら上腕二頭筋や三頭き筋も昨日していなかったので(笑) 
岡田さん(仮名)
(笑)

まだ手の甲がピリピリする

川崎
で、こうやって刺激すると・・・
岡田さん(仮名)
手は力が入るようになって来ました! 
川崎
おお! よかったです!  
岡田さん(仮名)
でも、まだ手の甲がピリピリするのと、腕に違和感はありますね・・・
川崎
ガーン( ̄◇ ̄;)手の楽なポジションを探してみましょうか? 
岡田さん(仮名)
楽なポジション?えーと・・・ あ、このポジション楽です!  

上腕二頭筋と筋皮神経

川崎
おお、いいですね。 そのポジションを少しキープしましょう。 
岡田さん(仮名)
違和感はなくなって来ました。あとは手の甲のピリピリだけですね。
川崎
腕をこのポジションに持ってくるとどうですか? 
岡田さん(仮名)
このポジションはピリピリ感なくなります。なんかこの手の位置は眠くなりますね(笑)
川崎
(笑) そのポジションを少しキープしましょう。
岡田さん(仮名)
(( _ _ ))..zzzZZ 
川崎
今はどうですか?  
岡田さん(仮名)
ピリピリなくなりました! 眠いです!(笑) 
川崎
今の腕の位置、上腕二頭筋が一番緩むポジションなんです。 岡田なんは、上腕二頭筋に負担がかかりすぎて、筋皮神経に影響が出て、ピリピリしたりしていたみたいですね。辛い時は、ああいうポジション取るだけでも楽になりますよ
岡田さん(仮名)
そうなんですね!あれだったら家でもできるのでやってみます!なんか、おもしろかったです(笑) 
川崎
(笑)

まとめ

固まっている、緊張しているだけでなく、力がうまく入らないことで不調が出ることもあります。

固まっている場所をほぐしたり、緩めていくだけが施術ではありません。

力が入らない場所に力を入れやすくする施術も有効な場合もあります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-肩こり, 腱鞘炎

Copyright© 東京都豊島区江古田/東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.