コラム 肩こり

先生!、やっぱりハイヒール履いていると、肩こりや足のむくみは治らないですか・・・?

投稿日:

先生!、やっぱりハイヒール履いていると、肩こりや足のむくみは治らないですか・・・?

こんな質問を頂きました。

質問をしてくれた彼女は、うちで何度か施術しているので、足首の重要性に気がついたようです。

以前なら、「ヒール履いていると、厳しいですね・・・」

と私は答えていました。

あくまで、以前ならです。

今はどう答えていると思いますか?

今は「大丈夫です! 体の状態をめちゃくちゃ良くすれば、大丈夫です!(笑)」

と答えています。

ハイヒール履いて生活するなんて、解剖学、運動学的には、どう考えても良くはありませんけどねー(笑)

でも、良いんですよ、ヒール履いたって。

全ての物事に、合っているものも、間違っているものもないのですから。

ハイヒールを容認する転機には、一体何があったのか?

2年くらい前だと思います。

とある一人の女性のクライアントさんとの出来事がきっかけでした。

彼女は、手術寸前くらいの腰痛に苦しみ、確かウェブ検索で来てくれました。

それこそ、藁をもすがる思いだったと思います。

一発で完治とまではいきませんが、2ヶ月(5〜7回)ほどで、まだ痛みは残るものの、8〜9割くらいは改善しました。

以前と同じように、仕事にも行けるようになりました。

友達から誘われ、確か銀座かな? 買い物とランチに出かけたそうです。

もちろん、ちょっと不安だったそうです。

長時間、ショッピングとかで歩き回って大丈夫かな?

また痺れたり、痛くて歩けなくなったらどうしよう?

でも、思い切って行ってみることにしたそうです。

そこでさらに勇気を出して、ちょっとだけヒールある靴をチョイスしてお出かけしたそうです。

友達と、無事にショッピング、ランチを楽しめたそうです。

さすがに、歩き疲れると、足が張って来たり、腰が痛くなって来たそうですが、無事に帰路につけたそうです。

「だから、ちょっと今日は腰がいたいんですよね〜(笑)」

今でも忘れられないくらい、彼女はとても良い笑顔だったのです。

痛かったけど、ヒールを履いてお出かけできた! ということが、彼女にとって何事にも変えられない喜びだったのです。

奥さんにその話をすると、、、

「女性にとって、ヒールは特別なのよ! 男のあんたにはわからないだろうけど」

と言われました(笑)

痛みを取ることだけが全てではない

痛み、症状を取ることだけにこだわってやっていた時期もありました。

それはそれで、とても自分を成長させてくれたと思います。

でも、痛みを取るだけで終わりではないと思うのですね。

痛みを取る目的は?

仕事に復帰したい、スポーツをバリバリやりたい、快適に日常生活を送りたい、もっと健康になりたい、もっと毎日楽しく過ごしたい・・・

などなど、色々とあると思います。

逆に、その目的が達成できるのでしたら、多少痛みがあっても良いのではないか、と思うこともあります。

痛みに怯えて、何もしない、やらない人生なんて寂しいですからね。

ヒールを履くと治りが遅くなるかもしれないけど

ヒール履いても大丈夫なくらい、足首をバッチリ調整していけば良いんじゃないかな?

もっと言うと、足首だけじゃなくて、骨盤や背骨、頭蓋骨や肋骨などもね。

人生を楽しむために、身体を作っていく

お金と時間を使って、痛みをとって身体を変えていくのか?、と言えば、ちょっと大げさになりますが、人生を楽しむためだと思うのですね。

健康を追求しすぎて、いろんなことを我慢してストレスを溜める人生なんて面白くないですもんね。

我慢せず、ガンガンヒール履いて、楽しくいきましょう!

またヒール履いて痛くなったら、ながさき整骨院へどうぞ(笑)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-コラム, 肩こり

Copyright© 東京都豊島区江古田/東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.