東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」

東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」

コラム

失敗しない整骨院・接骨院・整体院の選び方

失敗しない整骨院・接骨院・整体院の選び方

この時期を読んでいるということは、ウェブ検索で治療院を探されていると思うんですね。

ウェブ検索で、治療院を探すご参考にして頂ければ幸いです。

避けた方がいい、整骨院・接骨院・整体院と言ってもいいかもしれません。

避けた方がいい治療院は、きっと、ごく少ないと思います。

大半の先生が誠実にやっていると信じていますので、

「ふーん、そうなんだ」

という程度で、気楽に真に受けずに読んで頂ければと思います(笑)

上から目線で偉そうに書いていますが、下記のことは私自身が過去に行った過ちを書いています(笑)

下記のことは、全部過去にやりました。

なので、あまり責めることはできないのですが・・・

まあ、書いておきながら、過去のことを思い出し、心を病みながら、箇条書きで列挙していきたいと思います(笑)

やたらと肩書きが多い先生

例えば、アメリカの非認定の大学の博士号や修士号、教授などの肩書を名乗っている先生です。

一般に学位商法と言われるものです。

お金を支払うことによって、その大学のみでしか通用しない博士号や修士号や教授といった肩書きを取得できます。

https://plaza.rakuten.co.jp/cat0857/8000/

https://plaza.rakuten.co.jp/cat0857/8011/

などをご参考にしてみてください。

非認定大学名が知られていますし、ググればわかりますよね(笑)

そのため、大学名をあえて隠し、生理学博士 医学博士 などと名乗っている方もいます。

やたらと肩書きの名乗りたがるのは、自分を必要以上に大きく見せようとしているのかなと思います。

本当に強い人は、「俺は強いんだぜー!」

とか言わないですよね。

本当に優しくて誠実な人は「俺は優しくて誠実だぜ!」

と言わないのと一緒です。

それに、お金を払って認定された肩書きは、患者さんの健康とは関係ないと思います。

また、〇〇協会認定治療院 とか、〇〇NPO法人認定治療院など。

〇〇協会認定講師 とか、〇〇NPO法人認定講師、〇〇協会支部 とか、〇〇NPO法人支部

といった肩書を大々的に出しているところも注意です。

治療院の先生が、自らが設立したNPO法人や協会が、自らの整骨院や整体院を推薦します。

そうすると、知らない人は、すごく権威があるかものように、思ってしまいますよね。

その権威があるというのを、広告宣伝に用いている治療院・整体院があります。

資格といっても、NPO法人が認定している民間資格に過ぎません。

先ほど書いたように、公認とか認定とか表示している所もあります。

推奨や公認、認定を行っている団体が、一般の方が聞いたことのない団体でしたら、自作自演スレスレで、意味があまりありません。

内閣府は、NPO法人の設立を認めただけで、整体の資格を認定しているわけではありませんので、ご注意を。

これもまた、講師をやっているのと、患者さんの健康は関係がないと思います。

メディアに取り上げられました、取材を受けました。

芸能人から取材を受けましたと宣伝しているところを見ます。

うちにも、営業電話がかかってくることがあります。

ここだけの話です。

以前、時東○みが来ると営業電話があった時には、5万円だったら払ってもいいかなと思ったことがあります(笑)

結局、やめましたが(笑)

えーと、話が逸れました。

これは、表向きは取材のように見せかけていますが、整骨院・整体院側がお金を支払っているの宣伝広告です。

掲載される媒体や書籍も、聞いたことがない雑誌やウェブマガジンです。

取材商法というやつですね。

取材商法でググるとすぐにわかります。

メジャーな雑誌や新聞などでも、お金を払って、掲載してもらうことができます。

媒体も、広告収入は重要な収入源ですから、文言や写真を法令遵守すれば広告掲載が可能です。

よく見ると、ページの上にPR とか、広告と印字されています。

すると、そのページが記事じゃなくて、広告であることがわかります。

その掲載されている広告も、インタビューされた風になっていて、パッと見ただけでは広告とわからなくなっています。

取材依頼と謳いながら、掲載料をもらうのではなく掲載料を支払って、広告(記事)を載せてもらうわけですね。

また、「優良治療院ベスト100」とか「神の手を持つ整骨院・整体院・治療院」というのを見たことありませんか?

これは、出資する整骨院・治療院・整体院を集めて、本を出版するのですね。

自費出版商法とも言われます。

これは、お金を払えるかどうかというだけですから、その先生が持っている知識や技術とはあまり関係がないかと思います。

また、「取材されました」という感じではなく、「〇〇さんが施術を受けに来ました!」というのもあります。

これはSNSなんかでも見かけますね。

FacebookやInstagramなんかで、よく見ます。

大半の場合が、「誰?」という無名のモデルさんやタレントさんの場合が多いですね。

モデルとかタレントとかと書かれていなかったらわからないような方です(笑)。

治療院側は、「モデル・タレントの〇〇さんが来られました」と宣伝します。

モデル・タレントさんは、自分のSNSやブログで宣伝するわけですね。

中には、「そんなメイクや髪型や服装で、施術を受けないんじゃないの???」っていう写真で、バレバレの場合こともあります。

施術後って化粧も崩れて、髪型も服も、やっぱりヨレヨレになりますからね。

うつ伏せでも施術したりすると、枕の跡が顔についたりしますしね。

そんなヨレヨレで顔に跡が付いた状態で、施術後に写真撮影なんて、大半の方が嫌でしょ(笑)

施術後に衣装も着替えて、メイクもばっちりやり直して、先生と記念撮影・・・

普通に考えて、そんなことってないでしょ(笑)

そもそも、守秘義務というか、プライバシーというか、そんな誰が来たとかベラベラ言ったり、ブログに載せたり、SNSに載せても、いいのかなと思います。

仮に有名人の方が、身体に不調があって、お忍びで来ているのでしたら、ベラベラ人に言うべきことではありませんよね。

個人情報なんですから。

仮に仲が良くても、親しき仲にも礼儀ありです。

有名人や医師の推薦があります。

また、有名人や医師からの推薦の声を掲載しているところがあります。

これも全てではありませんが、しかるべき謝礼を支払って、有名人や医師からの推薦の声をもらっていることもあります。

権威性をアピールしたいのでしょうね。

口コミサイトの口コミを自作自演

治療院関係だと有名なのがエキテンです。

エキテンのことを名指ししているわけではないのですが、口コミサイト自体があまりフェアではないのです。

口コミサイトも商売ですから、仕方ないんですけどね。

ウチが昔使っていた、エキテンの場合です。

有料会員と無料会員があります。

昔は、有料会員とか無料会員の格差はそれほどなく、単純な口コミランキング順でした。

ところが、急に変わったのです。

店舗の有料会員になるとよくわからないポイントが加算され、掲載順位が上がる仕組みになったようです。

口コミランキングがトップでも、口コミ数がゼロのお金を多く払っている有料会員が掲載順位トップにくることもあるのです。

最近では、完全に有料会員を最初に並べてから、、、並べるなど、その格差は年々ひどくなっています。

また、口コミの投稿の日付を確認してみて下さい。

一定期間に集中している場合などは、多くが自作自演だと思われます。

また、一人の投稿者がいろいろな治療院を片っ端から口コミしている場合もあります。

多くの場合が、業者による口コミ投稿サービスでしょうね。

おそらく実際に行っていないので、サイトの内容と投稿内容がずれていることもあるようです。

もうこれでは、口コミサイトの体をなしていませんよね(笑)

自分でゴッドハンド、ナンバーワン、神の手とアピールする先生

たまに、本当にゴッドハンドの先生が、自分でゴッドハンドとふざけて言っている場合もあります(笑)

まあ、それはお茶目なおふざけなので、すぐにわかると思います。

大半の場合、本当にゴッドハンドや神の手の先生は、自分でドヤ顔で人にいうことはありません。

すごい先生は、みんな謙虚です。

人間的にも素晴らしい先生が多いです。

  • 地域ナンバーワン!
  • 支持率ナンバーワン!
  • 口コミナンバーワン!
  • 腰痛治療のゴッドハンド
  • 〇〇で悩む方の最後の砦とか

先ほども書きましたが、これは自分で言うことではないですね。

本当に強い人は、「俺は強いんだぜー!」

とか言わないですよね。

本当に優しくて誠実な人は「俺は優しくて誠実だぜ!」

と言わないのと一緒です。

広告宣伝のキャッチコピーとして、割り切って使っているんだったらいいのかなあ。

いやでも、本当に困っていて、すがる思いで来院した患者さんを騙すことにならないだろうか?

なんとも言えないですね。

  • 地域ナンバーワン!
  • 支持率ナンバーワン!
  • 口コミナンバーワン!
  • 腰痛治療のゴッドハンド
  • 〇〇で悩む方の最後の砦とか

を目指しているからサイトに書いていると解釈すればいいのかなあ。

これは、書いておいて言うのもアレですが、自分でもオチがつけられなくなりました(笑)

例えば、症例をブログに書くこともありますよね。

実は、どこから来たかということは症状には全く関係ないのですが(笑)

例えば県外や市外や苦艾など、いかに遠方から通っている患者多いかと、自慢するために、わざわざ書く先生もいます。

これも、まあ、良いのかなあ。

いや、これは、私も書いているかもしれない(笑)

こんな難しい症状を治したなどの自慢話や、売り込みばっかりの記事を書いている治療院も要注意でしょうね。

施術よりも営業の方が熱心の可能性があります。

また、サイトや院内に患者さんと一緒にVサインをした写真をズラーーー!と並べたり、症状が改善したという感想文を並べたりしている治療院があります。

脳の錯覚を利用してセールスしやすくしているんですね。

こういったところは、技術を磨いているように見えても、営業活動のほうが熱心としか思えません。

「ヤフー、グーグルの検索結果1位」とアピール

「Yahoo、Googleに支持されています」とか、「おかげさまで支持されてます」とか書かれていても、誰が支持?

と思います。

評判が良いからでもありません。

人気や技術が高いからでもありません。

ウェブサイトの製作が上手なだけです。

私はウェブサイト製作が趣味なので、「Yahoo、Google検索結果1位」だと「おお! すごい!」と思いますけどね(笑)

健康で悩んでいる患者さんからしたらどうでも良い話ですよね。

ホームページ作りが上手で、検索結果1位というのは、患者さんの健康とは関係がない話です。

初回料金が安すぎる治療院

通常一万円のところ、何日まで、残り2名様まで、限定980円!

や初回無料・・・

なんて言うところもあります。

最初安くするのには、カラクリがあります。

高額なバックエンドが待っているわけですね。

エステやサプリメントと同じ手口です。

治すために通ってもらうのではなく、通ってために治すとでも言いましょうか。

初回無料や初回料金が激安のところに行くと、回数券や継続課金の熱心なセールスが待っているでしょう。

まあ、そんなセールス気にしなければ良いだけの話なのですがね(笑)

発信していない

最近、ブログやSNSをやっている治療院を多く見るようになりました。

ブログやSNSなどを、公開しているにも関わらず、更新が半年以上も止まっている治療院は避けたほうが無難です。

仮にブログはなかなか書けなくても、ツイッターで呟くくらいは1日3分もあればできますからね。

情熱が冷めてブログやSNSの更新をしないところの傾向は、きっと最初の施術だけは情熱を持って対応してくれると思います。

忙しくてブログやSNSの更新をしなくなったのならば、忙しくなると施術にも情熱がなくなるところです。

これは、私自身が過去にそういうところがあったので、反省です。

慢心していたのでしょうね。

取り返しがつかないことをしてしまったと、今は思っています。

そういった意味では、物事の取り組み方と言うのは、何事にも通じるのかなと、思います。

最後に・・・

長くなってしまいましたが、勢いで書いた駄文ですが、最後までお読みいただきありがとうございます。

上記のことをサイトやチラシに入れれば、反応はすごく上がるんです。

でも、それって脳の錯覚を利用した小手先マーケティングにしか過ぎないと思うんですよね。

本当に実力があれば、上記に書いたような小手先のマーケティングをやらなくても、患者さんは来ます。

何をやっているか知ってもらうための(発信)マーケティングと、セールス(売り込み)は違いますから。

ドラッカーはこう言っています。

マーケティングの目的はセールスを不要にすることである。

実力がある先生が、適切な発信をしていれば。過剰な広告やセールスをしなくても、勝手に予約が入ります。

上記のような施策をやる必要がないわけですね。

長文になりましたが、治療院選びのお役に立てればと思います。

The following two tabs change content below.
「ながさき整骨院」院長 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 ほぼ毎日、蒙古タンメン中本を食べ、ベンチプレスをやり、SNSを更新しています! 気になったら気軽にフォローしてください。 整形外科や診療所勤務を経て、数カ所の整骨院で勤務。その後、業界最大手の整骨院グループで分院長を経験後に2012年4月に独立。2017年11月に法人化。 開業後も試行錯誤を続け、頭蓋骨や手や腕、足を操作し、自由自在に骨盤や背骨を変えてしまう独自の施術を考案。特に、身体の土台である足を重視する。現在も未だ進化中。

Subscribe / Share

COMMENT ON FACEBOOK

予約の取り方

初めての方の予約の取り方

ながさき整骨院は完全予約制となっております。

予約は電話予約、Web予約をお願いしております。

施術中や外出中で電話に出られない場合もあります。

申し訳ありませんがその時はしばらく経ってからまたお電話いただくか、Web予約にてお願いします。

予約専用番号 03-3958-5141

不明な点はお気軽におたずねください。

予約の取り方

施術料金

代表の川崎が考案した独自の施術法です。

この独自の施術方法が高く評価され、プロの施術家向けにDVDが発売されています。

プロの先生にも指導している安心・安全の施術です。

頭蓋骨や骨盤や背骨だけでなく、全身の筋膜・筋肉・関節のバランスを調整し、痛みや動きを改善します。

頭痛・眼精疲労・顎関節症・過度なストレスによる疲労・疲れやすい・呼吸が浅い・自律神経失調症、寝ちがえ・慢性の首痛・ストレートネック・首こり、肩こり・五十肩・胸郭出口症候群・、手のしびれ・テニス肘・ゴルフ肘・手根管症候群・手首の痛み・腱鞘炎・肋間神経痛・背中痛・腰痛・ギックリ腰・腰椎椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・梨状筋症候群・股関節痛・変形性膝関節症・膝の痛み・ふくらはぎの痛み、足首の痛み・足底筋膜炎・外反母趾、内反小趾、O脚・X脚・猫背・反り腰などでお悩みの方にオススメです。

施術料金

無料メルマガ

無料365日「健康のヒント」では、川崎が10年以上かけて、試行錯誤や失敗から学んだ独自の「健康のヒント」を毎日1通お届けします。

毎日配信される「健康のヒント」をあなたの健康や人生にご活用ください。

同業の先生でしたら、読んですぐに使えるようなネタもたくさん書いています。

ということは、なんとなく読んでいるだけでも、相当な知識が得られるということです(笑)

同業の先生は、

「健康のヒント」は、パソコンでも携帯電話でもどちらでも受信が可能です。

購読の解除はいつでも可能ですので、お気軽に登録どうぞ!

無料メルマガ

営業時間・アクセス

東京都豊島区長崎4−8−10ー1F

西武池袋線「東長崎駅」北口徒歩2分 大江戸線 落合南長崎駅 徒歩10分  有楽町線・副都心線 千川駅 要町駅 徒歩15分

来院されている地域

豊島区長崎、豊島区南長崎、新宿区西落合、豊島区要町、豊島区千川、豊島区高松、豊島区西池袋、豊島区池袋本町、豊島区池袋、豊島区南池袋、豊島区目白、中野区江原町、板橋区向原、練馬区小竹町、練馬区栄町、練馬区豊玉北、中野区江古田、

TELL 03-3958-5141

◆営業時間

平日/10:00~21:00

土曜日/10:00~18:00

◆お休み

水曜日、日曜日、祝日

その他、不定休あり

営業時間・アクセス