東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」

東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」

コラム

患者を選ぶ、選ばないという話

患者を選ぶ、選ばないという話

ながさき整骨院は、特にこんな患者さんはお断り的なものは書いていません。

最近は、どこの治療院のサイトを見ても、「こんな方はお断り」的なことが書いてあるところがほどんどですよね。

これってどうなのでしょうか?

医師は患者を断れないって本当?

【医師法第19条】
診療に従事する医師は、診察治療の求があつた場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならない。

と医師法ではこうなっています。

日本には医師法で定められており、正当な事由のない診療拒否は法律で禁じられています。

このことを医師の応召義務(おうしょうぎむ)と言うそうです。

実は、医療現場では、この「応召義務」がかねてから議論されています。

いったい、どんな場合が正当な事由になるのか?

ということですね。

アメリカには応召義務はないそうです。

アメリカでは医師が自分の裁量で診療拒否ができるそうです。

拒否する理由はどうだって良いわけです。

そういった意味では、日本では患者側が保護されています。

なぜ、こんな決まりごとがあるのでしょうか?

これは私の推測ですが・・・

医者が断ることで、本当に治療が必要な人が治療を受けられなかったり、治療を受けるのが遅くなって手遅れになってしまったりするのを防ぐためなのではないかと、思います。

で、話はちょっと変わりますが、実際の医療現場では、もっとややこしい実例が山ほどあるそうです。

診療費を一切支払わない、払おうとしない患者は拒否できるかどうなのか?

また、病院の窓口や診察中に大声で恫喝したり、威嚇する患者を拒否できるかどうか?

本人の自己都合で深夜や休日や早朝などの時間外に受診した軽症患者(不眠、かゆみ、軽い風邪など)を拒否できるかどうか?

などですね。

信じられませんが、実際に存在する話だそうです・・・

そもそも「応召義務」って?・・・

医師が専門外の疾患の場合、専門の病院の受診を勧めた場合はどうなんでしょうか?

救急外来などで、マンパワーが足りず他の病院の受診を勧めた場合はどうなのでしょうか?

医師は人間です。 疲労すれば、当然ミスを起こす可能性も高くなりますよね。

そういった意味では、一人の医師が診られる患者さんの数には限度があります。

忙しくて疲れていたので、患者さんを断った場合はどうなのでしょうか?

これはずっと議論されている問題だそうです。

何をもって正当な事由というのは、見解が分かれますよね。

柔道整復師には「応召義務」はない

いわゆる街の整骨院の先生、柔道整復師にはこういった応召義務のような規定はありません。

要するに、大した理由はなくても断ってもいいわけです。

整骨院などのウェブサイトに「こんな方はお断り」と書いても全然問題ないわけです。

ただ、それが言いたかっただけなのに長くなってしまいました(笑)

私はまだまだ未熟なので・・・

勉強会やセミナー、医学書などからも学ぶことは多いですが、患者さんを施術していて患者さんから学ぶことが一番多いです。

10年以上やっていても、日々施術すればするほど、勉強不足や力不足を感じます。

経験を積み、施術すればするほど、未熟で経験不足だな・・・と感じます。

そんなわけで、うちはどんな方でも大歓迎です(笑)

患者さんを選り好みできるほど、私は偉くはありませんしね。

あくまで私がお役に立てる範囲ですが、極力どんな方でも施術して、困っている方のお力になれればと思います。

もちろん、お役に立てない事も多々ありまして、力不足を感じる事も多々ありますが・・・

なんとも、情けないお話ですね。

微力ですが、困っている方のお力になれるように頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。

The following two tabs change content below.
「ながさき整骨院」院長 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 ほぼ毎日、蒙古タンメン中本を食べ、ベンチプレスをやり、SNSを更新しています! 気になったら気軽にフォローしてください。 整形外科や診療所勤務を経て、数カ所の整骨院で勤務。その後、業界最大手の整骨院グループで分院長を経験後に2012年4月に独立。2017年11月に法人化。 開業後も試行錯誤を続け、頭蓋骨や手や腕、足を操作し、自由自在に骨盤や背骨を変えてしまう独自の施術を考案。特に、身体の土台である足を重視する。現在も未だ進化中。

Subscribe / Share

COMMENT ON FACEBOOK

予約の取り方

初めての方の予約の取り方

ながさき整骨院は完全予約制となっております。

予約は電話予約、Web予約をお願いしております。

施術中や外出中で電話に出られない場合もあります。

申し訳ありませんがその時はしばらく経ってからまたお電話いただくか、Web予約にてお願いします。

予約専用番号 03-3958-5141

不明な点はお気軽におたずねください。

予約の取り方

施術料金

代表の川崎が考案した独自の施術法です。

この独自の施術方法が高く評価され、プロの施術家向けにDVDが発売されています。

プロの先生にも指導している安心・安全の施術です。

頭蓋骨や骨盤や背骨だけでなく、全身の筋膜・筋肉・関節のバランスを調整し、痛みや動きを改善します。

頭痛・眼精疲労・顎関節症・過度なストレスによる疲労・疲れやすい・呼吸が浅い・自律神経失調症、寝ちがえ・慢性の首痛・ストレートネック・首こり、肩こり・五十肩・胸郭出口症候群・、手のしびれ・テニス肘・ゴルフ肘・手根管症候群・手首の痛み・腱鞘炎・肋間神経痛・背中痛・腰痛・ギックリ腰・腰椎椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・梨状筋症候群・股関節痛・変形性膝関節症・膝の痛み・ふくらはぎの痛み、足首の痛み・足底筋膜炎・外反母趾、内反小趾、O脚・X脚・猫背・反り腰などでお悩みの方にオススメです。

施術料金

無料メルマガ

無料365日「健康のヒント」では、川崎が10年以上かけて、試行錯誤や失敗から学んだ独自の「健康のヒント」を毎日1通お届けします。

毎日配信される「健康のヒント」をあなたの健康や人生にご活用ください。

同業の先生でしたら、読んですぐに使えるようなネタもたくさん書いています。

ということは、なんとなく読んでいるだけでも、相当な知識が得られるということです(笑)

同業の先生は、

「健康のヒント」は、パソコンでも携帯電話でもどちらでも受信が可能です。

購読の解除はいつでも可能ですので、お気軽に登録どうぞ!

無料メルマガ

営業時間・アクセス

東京都豊島区長崎4−8−10ー1F

西武池袋線「東長崎駅」北口徒歩2分 大江戸線 落合南長崎駅 徒歩10分  有楽町線・副都心線 千川駅 要町駅 徒歩15分

来院されている地域

豊島区長崎、豊島区南長崎、新宿区西落合、豊島区要町、豊島区千川、豊島区高松、豊島区西池袋、豊島区池袋本町、豊島区池袋、豊島区南池袋、豊島区目白、中野区江原町、板橋区向原、練馬区小竹町、練馬区栄町、練馬区豊玉北、中野区江古田、

TELL 03-3958-5141

◆営業時間

平日/10:00~21:00

土曜日/10:00~18:00

◆お休み

水曜日、日曜日、祝日

その他、不定休あり

営業時間・アクセス