O脚・X脚 姿勢

猫背とO脚の関係とは?

投稿日:

猫背やO脚で悩んでいる方というのは、とても多いです。

一説によると、日本人の大半がO脚、猫背だと言われています。

O脚も猫背も見た目や健康に影響しますから、なんとかしたいと思っている方も多いと思います。

猫背とO脚の関係についてまとめてみました。

参考にして頂けると嬉しいです。

猫背とO脚の関係は深い

いきなり結論から書きますと、猫背とO脚の関係は深いです。

O脚の方は、反り腰(骨盤の前傾)になります。

反り腰になると、ほぼ100%猫背になります。

O脚=猫背はセットということですね。

ということは、猫背を根本から改善するには、骨盤やO脚から改善していったほうが効率がいいということになります。

これまで、猫背を改善しようと色々なことをために色々なことをやってきたかもしれません。

猫背が改善しなかったのは、反り腰やO脚を改善しなかったからです。

O脚だと反り腰になる?

O脚は脚が開いているのではなく、脚が開いていると思っているかもしれません。

O脚は、脚が開いているのではなく「脚がねじれてしまっている」のです。

脚が捻れると、大腿骨が内旋(内側に捻れる)し、骨盤が前傾(反り腰)します。

骨盤の前傾

 ⇅

大腿骨の内旋

 ⇅

下腿(ふくらはぎの骨のこと 脛骨腓骨)の外旋

 ⇅

足首の過剰回内(回内足・扁平足)

ということになります。

猫背を改善するにはO脚から!

O脚を改善するには、「捻れた脚を逆に捻って本来の脚に戻す」ことで、O脚は改善していきます。

O脚を改善することで、反り腰(骨盤前傾)が改善され、猫背も改善されると言うことです。

猫背だけ単独で改善させるのは厳しいでしょう。

 

O脚の解剖学

解剖学的にO脚の定義は3つあります。

解剖学的にO脚のことが理解できれば、膝を縛ったり、膝を横から圧迫するようなことを行なっても、O脚が改善されることは少ないということが理解できると思います。

その1 FTAの減少と増大

  • 内反膝は、O脚とも呼ばれます。
  • 内反膝(O脚)とは、FTAが180度以上の場合のことです。
  • 外反膝は、X脚と呼ばれます。
  • 外反膝(X脚)とは、FTAが170度以下の場合のことです。

FTAの正常角度は、176度前後。

*FTAは、レントゲンでしか判断できません

その2 ミクリッツ線

ミクリッツ線とは、日本語でいうと、「下肢荷重線」「下肢機能線」と言います。

ミクリッツ線とは、一言で言うと「大腿骨頭の中心」と「足関節の中心」を結んだ線のことです。

正常な膝であれば、膝関節中心(脛骨の内側顆間隆起内側)を通ります。

  • ミクリッツ線が膝の内側を通る場合 O脚
  • ミクリッツ線が膝の内側を通る場合 X脚
  • ミクリッツ線が膝の中心を通る場合 正常

画像引用元

https://pt-matsu.com/mikulicz-line/

*ミクリッツ線は、レントゲンでしか判断できません

その3 Qアングルの減少と増大

Q-Angleは、体表からのチェックが可能です。

QーAngleとは大腿四頭筋腱角のことです。

QーAngleは、上前腸骨棘(ASIS)から、膝蓋骨中心へ引いた線と、膝蓋骨中心から、脛骨粗面に引いた線が構成される角度になります。

大腿四頭筋が膝蓋骨を引っ張る方向を、QーAngleで知ることができます。

QーAngleによって、膝関節のアライメントをみることもできますが、大腿四頭筋の力のベクトルを推測することで、膝蓋骨の安定性をみることができます。

Q-angleの正常角度は、男性は約10度。

Q-angleの正常角度は、女性は約15度です。

  • O脚変化=Q角減少
  • X脚変化=Q角増大

まとめ

猫背とO脚の関係は深いです。

猫背はO脚から改善することがベスト!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表  川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 2012年開業。頭蓋骨や手や足の骨を調整して全身を変えるちょっと変わった整体を行なっています。 私自身が重度のO脚だったことから、「足」「O脚」の研究を長年行なっています。 2018年に「足」についてのDVDが(株)医療情報研究所から販売されています。 痛みや症状、お悩みを解決することで「あなたの生活の質が感動的に上がること」を目指し、毎日一生懸命施術しています。

-O脚・X脚, 姿勢

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2019 All Rights Reserved.