O脚・X脚

O脚の方に多い「ふくらはぎの外張り」は何が起きている? 「ふくらはぎの外張り」の解剖学的なメカニズムと改善ポイントを解説します!

更新日:

O脚の方に多い傾向があるのが「ふくらはぎの外張り」です。

「ふくらはぎの外張り」が起きていると、

  • とにかく足がだるい
  • ちょっと歩いただけで足が疲れる
  • 足がむくみやすい
  • すぐにふくらはぎが疲れる・だるい
  • 足が太く見える
  • 足が短く見える
  • お尻が垂れてきた

などでお困りではないでしょうか?

また、ストレッチやマッサージなどのケアを自分で行っても一向に改善されず、困っていませんか?

O脚で「ふくらはぎの外張り」で困っている方に向けて、解剖学的なメカニズム、改善ポイントを解説します。

解剖学的なメカニズム、改善ポイントが理解できれば、やみくもにストレッチやマッサージを行っても「ふくらはぎの外張り」が改善しなかった理由がわかると思います。

O脚・「ふくらはぎの外張り」のメカニズムは?

骨盤の前傾

 ⇅

大腿骨の内旋

 ⇅

下腿(ふくらはぎの骨のこと 脛骨腓骨)の外旋

 ⇅

足首の過剰回内(回内足・扁平足)

というメカニズムで、発生するパターンが一番多く見られます。

下腿が外旋しすぎていることが、「ふくらはぎの外張り」と言い換えても良いです。

この場合、「足首が先か?」「骨盤が先か?」と議論になることがあります。

現時点では、答えが明確になっていません。

骨盤から起因することもあれば、足首に起因することも、あるということです。

足首や骨盤など、どこから原因が始まったかというよりも、同時に発生しているというのが正しいのかもしれません。

したがってO脚・「ふくらはぎの外張り」を改善するアプローチとしては、骨盤と足首のアプローチは必須ということになります。

正直に言いますと、よほどの軽度な方以外は、見るべきポイント、調整箇所が多く、セルフケアで改善していくのは、難しいと思われます。

 

O脚・「ふくらはぎの外張り」の改善ポイント

  • O脚・「ふくらはぎの外張り」の改善には、骨盤の歪みや骨盤の位置へのアプローチ
  • O脚・「ふくらはぎの外張り」の原因となる「足」からのアプローチ
  • 骨盤の歪みの原因となる「肩甲骨」や腕へのアプローチ * ここでいう歪みとは、筋肉や関節の機能低下のことです。
  • O脚・「ふくらはぎの外張り」の原因となる「股関節」へのアプローチ
  • O脚・「ふくらはぎの外張り」の原因となる「膝関節」へのアプローチ
  • O脚・「ふくらはぎの外張り」の原因となる「すねの骨( 脛骨腓骨)」へのアプローチ
  • O脚・「ふくらはぎの外張り」の原因となる「足の指)」へのアプローチ

が改善ポイントになります。

O脚・「ふくらはぎの外張り」を改善するには簡単ではありません。

O脚・「ふくらはぎの外張り」」で悩んでいる方は

  • ふくらはぎが疲れやすい
  • 足がむくみやすい
  • 足の裏が疲れやすい
  • いつも足がパンパンに張っている
  • 太ももがいつもパンパンに張っている
  • とにかく足がだるい
  • ちょっと歩いただけで足が疲れる
  • 足がむくみやすい
  • すぐにふくらはぎが疲れる・だるい
  • 足が太く見える
  • 足が短く見える
  • お尻が垂れてきた

お困りだと思います。

筋肉や関節の機能面を改善することで、O脚・「ふくらはぎの外張り」をちゃんと改善することができます。

時間がない方は、ここだけ読んでおいて頂いても良いですが、解剖学的なメカニズムを知ることで、もっと効率よく改善していくことができます。

O脚・「ふくらはぎの外張り」の機能解剖学

2つの問題があります。

  1. 構造的な問題
  2. 機能的な問題

構造的な問題について

O脚・「ふくらはぎの外張り」の場合、ミクリッツ線が膝の内側を通り、内反膝(O脚)になっています。

ミクリッツ線よりも、脛骨腓骨が側方変位していることが、「ふくらはぎの外張り」の原因です。

また、内反膝(O脚)とは、FTAが180度以上の場合のことです。

ミクリッツ線について

ミクリッツ線とは、日本語でいうと、「下肢荷重線」「下肢機能線」と言います。

ミクリッツ線とは、一言で言うと「大腿骨頭の中心」と「足関節の中心」を結んだ線のことです。

正常な膝であれば、膝関節中心(脛骨の内側顆間隆起内側)を通ります。

  • ミクリッツ線が膝の内側を通る場合 O脚
  • ミクリッツ線が膝の内側を通る場合 X脚
  • ミクリッツ線が膝の中心を通る場合 正常

画像引用元

https://pt-matsu.com/mikulicz-line/

*ミクリッツ線は、レントゲンでしか判断できません

FTAについて

 FTAの減少と増大

  • 内反膝は、O脚とも呼ばれます。
  • 内反膝(O脚)とは、FTAが180度以上の場合のことです。
  • 外反膝は、X脚と呼ばれます。
  • 外反膝(X脚)とは、FTAが170度以下の場合のことです。

FTAの正常角度は、176度前後。

*FTAは、レントゲンでしか判断できません

機能的な問題について

「ふくらはぎの歪み」「ふくらはぎの外側の骨が張り出す」方は機能的な問題は多く分けて3つあります。

  1. 骨盤の機能低下 
  2. 回内足
  3. 浮き指

です。

ふくらはぎ周辺の筋肉、関節がうまく働いていないため、以下のような問題が発生します。

  • 特定の筋肉の負担が大きくなり、筋肉が偏って発達する(ふくらはぎの外張り)
  • 全体的に足が太く見えてしまう。
  • 足が短く見える
  • 特定の筋肉の負担が大きくなり、ふくらはぎが疲れやすくなる。
  • 足の裏やふくらはぎ、太もも、とにかく足がだるい、疲れやすい。

などです。

1 骨盤の機能低下

骨盤のセルフチェック

まずは骨盤のセルフチェックをしてみましょう。

骨盤のゆがみを見つける指標にしてください

* ここでいう歪みとは、筋肉や関節の機能低下のことです。

  • 鏡でみると、左右のくびれ方が違う気がする
  • 自分でも身体が歪んでいる気がする。
  • 肩の左右の高さが違う
  • 他人から身体がゆがんでいると言われたことがある
  • 足をつい組んでしまう。
  • おしりが大きくなった気がする。
  • 最近、何もないところでよくつまづく
  • おしりが下がった気がする。
  • とにかく腰や背中が疲れやすく、凝る。
  • とにかく全身が疲れやすくなった。
  • 下腹がぽっこり出てきた。
  • 身体を左右、どちらかにひねりにくい
  • 股関節が硬くなった気がする。

骨盤が歪むと、全身のバランスや姿勢を維持する筋肉が効果的に働かなくなります。

するとますます骨盤の周辺の筋肉も衰えて、骨盤のゆがみは更に進行します。

骨盤の解剖学

骨盤は5つの骨から構成されます。

  1. 腸骨 左右両側に広がるように位置して、おしりの立体感を出します。
  2. 仙骨 骨盤の中心に位置している骨であり、背骨の終点でもあり、腰椎とも関節を成しています。
  3. 恥骨  骨盤の前面下部に位置し、恥骨結合により前面で左右の恥骨が連結しています。
  4. 坐骨  座るときに面と接する骨です。
  5. 尾骨 仙骨の先端の骨です。肛門から指を入れないと触診できません。

腸骨・恥骨・坐骨の3つの骨を合わせて「寛骨」とも言います。

骨盤の関節

骨盤は、身体の機能にとって重要な関節が3つあります。

  1. 腰仙関節 腰椎と仙骨との関節
  2. 股関節 大腿骨と腸骨との股関節
  3. 仙腸関節 仙骨と腸骨の関節

2  浮き指

反り腰

浮き指の場合、足にうまく力が入らないため、足が捻じれます。

【O 脚の方必見!】O脚を改善するには、浮き指を改善しなければいけない理由!

浮き指とは・・・

 

  1. 写真のように足底から線を引っ張って、足の指が直線上にない。
  2. 足の親指を足の甲側に折り曲げると、 90 度以上反ってしまう 。
  3. 足の裏の指の付け根の部分の皮膚が硬く分厚くなっている。

1つ当てはまる方は軽度。

2つ当てはまる方は中度。

3つ当てはまる方は重度。

という分類になります。

3 回内足になっている

 

距骨、踵の骨が、回内運動と言って、内側に倒れてしまうことが原因で、足首のねじれが始まります。

足首が過剰に回内してしまうことを、オーバープロネーションと言います。

O脚・「ふくらはぎの外張り」で悩んでいる大半の方の足首が過剰回内(オーバープロネーション)です。

足首が回内すると、バランスを取るために、脛骨・腓骨(スネの骨)が外旋といって、外側にねじれます。

脛骨・腓骨(スネの骨)が外旋することで、ふくらはぎの外側の骨が張り出します。

まとめ

O脚・「ふくらはぎの外張り」のメカニズムは

骨盤の前傾

 ⇅

大腿骨の内旋

 ⇅

下腿(ふくらはぎの骨のこと 脛骨腓骨)の外旋

 ⇅

足首の過剰回内(回内足・扁平足)

というメカニズムです。

  • O脚・「ふくらはぎの外張り」の改善には、骨盤の歪みや骨盤の位置へのアプローチ
  • O脚・「ふくらはぎの外張り」の原因となる「足」からのアプローチ
  • 骨盤の歪みの原因となる「肩甲骨」や腕へのアプローチ * ここでいう歪みとは、筋肉や関節の機能低下のことです。
  • O脚・「ふくらはぎの外張り」の原因となる「股関節」へのアプローチ
  • O脚・「ふくらはぎの外張り」の原因となる「膝関節」へのアプローチ
  • O脚・「ふくらはぎの外張り」の原因となる「すねの骨( 脛骨腓骨)」へのアプローチ
  • O脚・「ふくらはぎの外張り」の原因となる「足の指)」へのアプローチ

が改善ポイントになります。

-O脚・X脚

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2019 All Rights Reserved.