O脚・X脚

足の歪みを矯正すればO脚は改善する。

投稿日:

足の歪みを矯正すればO脚は改善する

O脚を改善するためには、これまでどんなことをやってきましたか?

股関節や骨盤のエクササイズやストレッチをやっていたのではないでしょうか?

この記事をご覧になっているということは、股関節や骨盤のエクササイズやストレッチを行ってもいい結果が出なかったのではないでしょうか?

確かに、股関節や骨盤のエクササイズやストレッチを行い、O脚がどんどん改善していく方もいらっしゃいます。

実は、股関節や骨盤の調整だけで改善していく方は、それほど多くはありません。

身体の土台である足首から改善していかないと、O脚が改善することは少ないのです。

まずはO脚の発生機序からご説明します。

O脚・X脚の発生機序

足首は、上の図を見ていただければわかりますが、小さな骨の結合体です。

精密機械のように、実に複雑で細かい動きをしています。

骨と骨をつなぐ靭帯ですが、およそ身体の4分の1の靭帯が足首に集中しています。

足首は、そのくらい複雑で細かいのです。

表題にも書いた通り、O脚やX脚の方の足をチェックすると、足首の過回内(オーバープロネーション)がおきています。

画像参考元 http://bullion.co.jp/archives/43

 

足首の過剰回内

足首の過回内が、O脚とどんな関係があるのか?

と思いますよね。

上の図を見ていただければわかるのですが、足首が崩れてしまっているので、すねの骨(脛骨や腓骨)が捻れます。

すねの骨が捻れれば、膝が内旋します。

膝が内旋すれば、股関節が内旋します。

O脚の方は、骨盤も前傾します。

お腹を突き出すような立ち方とでも言いましょうか。

さらに、腹圧も低下します。

腹圧も下がって姿勢も崩れれば、腰痛や肩こりの原因にもなります。

実際に、O脚やX脚の方は肩こりや腰痛、背中が痛いという方が多いですからね。

O脚やX脚の発生機序を考えると

末端の足首からO脚やX脚が始まっていると過言ではありません。

膝や股関節、骨盤がねじれたり、歪むのは結果であって、原因ではありません。

原因である末端の足首からO脚やX脚を改善していかないと、すぐに戻ってしまうのです。

立ったり、歩くたびに、身体が壊れていくとも言えます。

なぜ足首が過回内するのか?

もっというと、日々の生活習慣を変える必要があります。

ちょっとした生活習慣の癖がきっかけで、足首が過回内してしまっているのです。

立つ、歩く、走るという、ベーシックな動きをどのように改善していくのか?

という事です。

その方法としては、日常的な生活の中で、意識的にテーマを持って動作する事で、足首の過回内の改善には役に立つはずです。

O脚の方にやってほしいこと

O脚の方は、足の指の力が落ちてしまっています。

具体的に、地面を掴むように動き。

この動きは、足の握力と私は呼んでいます。

O脚の方は、足の握力が落ちてしまっているのです。

足の握力がつくだけでも、足首の過剰回内を防ぐには大いに役立ちます。

結果としまして、足首の過剰回内がしなくなれば、足がねじれなくなり、O脚が改善していくというわけですね。

普段の生活で、まずは足の指を使いまくってみてください。

意識して観察すると、普段驚くほど足の指を使っていないのがお分かりいただけると思います。

 

365日配信無料メルマガ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-O脚・X脚

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.