BLOG 各種症状

腕のねじれを改善して、身体の不調を改善する方法3つ!

更新日:

あまり聞き馴染みがないかもしれませんが、大半の方の肘や腕がねじれています。

とお話ししても、あんまりピンとこないかもしれません。

肘や腕が捻れると、どうなるんでしょうか?

  • 肩こり
  • 腰痛
  • 背部痛
  • ひざ痛
  • 首痛
  • 腱鞘炎
  • 肘の痛み
  • 四十肩・五十肩
  • 呼吸の浅さ
  • 息苦しさ
  • 握力が落ちる
  • 腕の力が入れづらい

パッと思いつく限りで、上記の症状が挙げられます。

肘や腕がねじれていると、ねじれていない状態に比べると、パフォーマンスが落ちてしまうのです。

腕や肘がねじれているということは、腕や肘についている筋肉もねじれるということです。

肘や腕のねじれを改善して、身体の不調を改善する方法を解説します!

1 腕や肘のねじれを取る

腕や肘のねじれを取るワークがあります。

私が実演しているわけではありませんが、わかりやすかったので貼り付けました。

参考までに!

参考動画

肩こりの方や腰痛の方は、この動きがうまくできないと思います。

とにかく反復練習あるのみです!

2 腕立て伏せ

腕や肘のねじれの改善方法として、負荷をかけるというものがあります。

考え方としては、普段どうしても同じような生活、同じような身体の使いになりがちです。

すると、関節の動きや筋肉の動きも偏ります。

結果として、腕や肘がねじれてしまうわけです。

プレス系の動きを行なって負荷をかけ、腕や肘のねじれを取るというわけですね。

腕立て伏せを行なってみましょう!

3 チンニング

チンニングは、いわゆる懸垂のことです。

腕立て伏せとは異なり、プル系の種目になります。

引く動きで負荷をかけることで、腕や肘のねじれを取るというわけですね。

とにかく動かすこと!

考え方としては、普段どうしても同じような生活、同じような身体の使いになりがちです。

すると、関節の動きや筋肉の動きも偏ります。

結果として、腕や肘がねじれてしまうわけです。

腕や肘のねじれを取るためには、とにかく色々な角度から身体に刺激を入れることです。

とにかく動かすこと!

これに尽きます!

また、身体は刺激に対してすぐに慣れてしまいます。

色々な動きや運動に取り組んでみましょう!

筋肉もねじれる?

筋肉がねじれるというのは、イメージがしづらいかもしれませんね。

例えるなら、筋肉がゴムみたいなイメージだとします。

関節を曲げたり伸ばしたりすると、筋肉もゴムのように伸びたり縮んだりしますよね。

ねじれたゴムってどんなイメージですか?

伸び縮みしにくくなりそうですよね。

ねじれている場所は、硬くなりそうです。

筋肉に話を戻すと、ゴムのようなことが起きているわけです。

筋肉がなんか張っている感じとか、硬い感じ、関節の動きが悪くなっているのは、単に筋肉が張っているからというものではありません。

筋肉がねじれてしまっているので、結果として筋肉が張ってきたり、筋肉が硬くなるのです。

そもそもの腕や肘がねじれてしまっているので、筋肉がねじれ、硬くなります。

いくらほぐしたり、マッサージしても全然緩まないのは、腕や肘のねじれを取っていかないからです。

日々の生活で、腕や肘がねじれやすい

腕や肘はねじれます。

どんなに日常生活で気をつけていてもです。

日々の生活で、手や腕を使わないということはないと思います。

通勤の電車の中では多くの方が、スマホ、タブレット、電子書籍など。

仕事中も、ほとんどの方がPCなどで、一日中手を酷使しています。

手を酷使すればするほど腕や肘がねじれていくのです。

ひどい肩こりの方は・・・

めちゃくちゃ肘や腕がねじれています。

もう、びっくりするくらいです。

写真を見ていただいても、すごいねじれています。

腕や肘がねじれ、本来の機能を果たさなくなります。

すると、どうなるのか?

肩が、肘や腕の機能をフォローしようとします。

肩の負担が大きくなってしまうんですね。

肩に疲労が溜まりやすくなり、痛みが出ることもあれば、肩こりという形で不快感として現れるのです。

 

ぜひ、肩こりで悩んでる方は、肘や腕をねじれをチェックしてみてください。

びっくりするするくらい腕や肘がねじれています(笑)

まとめ

肘や腕のねじれを改善するには、とにかく動かすこと!

考え方としては、普段どうしても同じような生活、同じような身体の使いになりがちです。

すると、関節の動きや筋肉の動きも偏ります。

結果として、腕や肘がねじれてしまうわけです。

腕や肘のねじれを取るためには、とにかく色々な角度から身体に刺激を入れることです。

とにかく動かすこと!

これに尽きます!

また、身体は刺激に対してすぐに慣れてしまいます。

色々な動きや運動に取り組んでみましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 痛みや症状の原因を解剖学的に考察し、改善へと導くお手伝いをさせて頂いております。 「1回の施術で痛みをゼロにする」ことを目標にしています。 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-BLOG, 各種症状

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2019 All Rights Reserved.