BLOG コラム

「ストレス=精神的ストレス」という誤解

更新日:

「ストレス=精神的ストレス」という誤解

現在では、多くの身体の不調や病気の原因としてストレスがあげられるようになっています。

確かに、多くの症状や不調の原因はストレスであることは間違えありません。

しかし、それは精神的ではなく身体的ストレスなのです。

ストレスと聞くと、大半の方が精神的ストレスを思い浮かべると思います。

実際には多くの場合、ストレスとは身体的ストレスのことを指します。

どういうことでしょうか?

カナダの生理学者のハンス・セリエが1936年に「ストレス学説」を提唱します。

ハンス・セリエのストレス学説は、現在でも医学界でも広く用いられています。

ハンス・セリエは、ストレスを『外部環境からの刺激によって起こる歪みに対する非特異的反応』と考え、ストレッサーを『ストレスを引き起こす外部環境からの刺激』と定義しました。
私たちは日常生活でストレスとストレッサーを分けて考えることを余りしませんが、正確には、ストレスというのは、有害な外部刺激(ストレッサー)を受けた身体の反応・状態のことを指しています。

代表的なストレッサーの種類には、温熱、寒冷、痛覚、圧力、光、騒音といった“物理的ストレス”、薬剤、有害化学物質、環境ホルモン、化学合成物といった“化学的ストレッサー”、細菌、ウイルス、カビなどの“生物学的ストレッサー”、人間関係の葛藤や社会的行動に伴う責任や重圧、将来に対する不安、大切な人の喪失体験、経済的困窮などの“精神的ストレッサー”があります。

ストレスというのは、外的なストレスであり、精神的ストレスというのは、その中での一つにすぎません。

現在では、ストレス=精神的ストレスと誤解をされています。

現在では、精神的ストレスが身体の不調や症状の大きな原因のように言われています。

これは原因がわからないものに対して、一般の方の思い込みを利用しているにすぎないのです。

ストレス(外らの刺激)は必ずしも身体に悪いとは言えない

セリエは「ストレス(外らの刺激)は必ずしも身体に悪いとは言えない」と言っています。

しかし「ストレスが持続することは身体に悪影響をもたらすと」言っています。

ストレスがあるということは、外部からの刺激があるというだけで、身体に害をもたらすものではありません。

身体にとってストレスというのは必要であり、ストレスがなければ身体は退化します。

激しい運動などでストレスが強すぎると、身体は疲労し、退化します。

身体の不調や症状があるということは、持続的に何らかのストレスがあるということです。

持続的に何らかのストレスがかかり続けることで、脳や内臓や神経、筋肉や骨にも疲労が蓄積し、自律神経の機能低下が起こり、身体に不調をもたらすのです。

末端の組織への持続的なストレスを解消していけば、自律神経の働きは改善し、症状が軽減していきます。

持続的なストレスとは?

現代人は何事も過剰なのです。

例えば、食べ過ぎで様々な不調を生んでいます。

肥満から始まり、胃腸の不調、アレルギーやアトピーなど。

小食で起きる不調というのは想像がつきませんよね?

何か身体に不調が出ているとことは、意外な何かが過剰になっています。

付け足しばかり

何か不調や問題が起きると足し算で考えすぎるのです。

例えば、お酒を飲み過ぎて肝臓が悪くなり、身体に不調が出ているとします。

多くの方は足し算で考えます。

肝臓に効果的な薬やサプリメント、食べ物を摂ることです。

薬やサプリメントは肝臓に負担をかけます。

付け足しばかりなのです。

本末転倒です。

もっとシンプルに考えれば、お酒を減らすなり、やめたほうがいいのです。

削ぎ落とす

「何をすればいいか?」

という足し算で考えるので、持続的なストレスがかかり、不調が出てしまうのです。

「何を削ぎ落とすのか?」で考えたほうがいいのです。

肥満の方も、運動をするよりも、食べることを減らしたほうが効果的です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-BLOG, コラム

Copyright© 東京都豊島区江古田/東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.