東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」

東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」

BLOG

食べ過ぎが原因の、疲労、肩こり、腰痛などの身体の不調

食べ過ぎが原因の、疲労、肩こり、腰痛などの身体の不調

食べ過ぎによる身体の不調

先日、初めて来た女性のクライアントさんから、こんな相談を受けました。

「しっかり食べていて、寝ているのに、疲れや肩こり、腰痛、足のだるさ、むくみが全然が取れないんです。

食生活は、サプリメントも取っているし、バランスがいい食生活も心がけています。

最近は、常に疲れているので、趣味のスポーツも疲れて回数が減って来て、残業も以前ほどはできなくなりました。。。

朝起きても、身体が重く、なかなか起き上がれません。ずっとこんな日が続くのかと不安です。

病院に行って、検査しても異常なし。

ストレスではないか?と言われました。

ストレスと言われれば、仕事をしていますから、多少のストレスを感じることはありますが、それほどではないとは思うんですね。

実際、疲れや肩こり、腰痛が酷くなり始めた時期にも、急にストレスが増えたということもありません。

この身体の不調が増えたことが、ストレスとも言えます(笑)

整体も色々なところに行きましたが、改善までには至りませんでした。

もう、私は何をすればいいのでしょうか?・・・」

という相談でした。

結果的には、あることを止めてもらったら、劇的に改善したのです。

一体、何を止めたのでしょうか?

何かを新しく始めたのではなく、止めてもらったのです。

彼女は、これ以上何か新しいことを、頑張る必要はなかったのです。

食べる量、食べる回数を見直してもらったのです。

もちろん施術もしたのですが、1〜2週間ほどで朝は楽に起きられるようになり、以前ほどは疲れなくなり、身体全体の重さもなくなり、足のむくみも随分軽減したとのことです。

頭に霧がかかったような、ぼーっとする感じ、なんとも言えない倦怠感が、なくなってきたという嬉しい報告を頂きました。

食べるということ

食べるということは、なかなかエネルギーを使います。

血糖値の問題もありますが、昼食後に眠くなるというのは、最たるものですね。

食べ過ぎると、動けなくなってしまいますよね。

食べ過ぎると、考えられなくなりますよね。

脳の働きも落ちるのです。

毎回毎回、昼食後に眠くなってしまうというのは、食べ過ぎの可能性があります。

こういうことを書くと、「じゃあ、食べなければいいのか」と極端なことを言って来る方がいます。

もちろん、行きていく以上、食べることは必要です。

現代人は、便利な生活を手にいれたのと引き換えに、運動量が少なくなっています。

必ずしも成長期ならまだしも、成人以降、運動量によっては、3食毎回欠かさず食べる必要はないのかもしれません。

この彼女の場合がまさにそれでした。

疲れているから、つい食べてしまっていた。

疲れている時こそ、栄養だけはちゃんと取ろうと、バランスがいい食事を無理にでも取っていたそうです。

疲れているからこそ、食べること、消化にエネルギーを持って行かれて、逆にもっと疲れてしまう。

この悪循環だったのです。

お腹が空いていて、食べたいかどうか?

実は、空腹時で食欲があるときに食べたものは太らないのです。

脳がエネルギーとしての食事を求めるので、身体に要求しているのです。

逆にお腹が空いていないのに、昼の12時だから食べなければいけない。

夜だから食べなければいけない。

お腹が空いてもいないに食べるから疲れるし、太るのです。

身体にとって、過剰なのでしょうね。

感覚を大事に

彼女には、上記の内容のことを、アドバイスをさせて頂きました。

今までは、コレがいい、アレがいい、と言われれば深く考えずに、なんでも試して来たそうです。

でも、自分の感覚を大事に、考えるということはしてこなかったそうです。

「こんなことは、初めて言われました!」と言われました(笑)

最初は、戸惑いもあったそうですが、無理に食べることはやめたとのこと。

食事をしていてもなんとなく満腹感を感じたら、残りは次の食事に回すということをしていたそうです。

その結果、彼女にとって小さな奇跡ともいうべき結果をもたらしました。

「Have to〜」ではなく、「want to〜」

〜しなければならないを手放す。

例えば、食べなければいけないということはありません。

無理に頑張ってまで食べることはないのです。

〜をやりたい、〜したいを大事に。

腹が減って、食欲旺盛になったらガンガン食べればいいのです。

逆に、食べるという行為を我慢するべきではありません。

我慢してまでダイエットはするべきではありません。

あ、ダイエットになると、ちょっと話が逸れますね(笑)

The following two tabs change content below.
「ながさき整骨院」代表  好きなもの:蒙古タンメン中本、WordPress、ブログ、SNS 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士

Subscribe / Share

COMMENT ON FACEBOOK

足に関する記事

食べ過ぎが原因の、疲労、肩こり、腰痛などの身体の不調
Contents1 足の指や足の指の付け根が痛い(凹足・ハイアーチ・回外足)の原因と改善法とは?1.1 凹足・ハイアーチ・回外足とは?1.2 凹足・ハイアーチ・回外足の原因とは?1.3 凹足・ハイアーチ・回外足の対策とは?1.3.1 なぜ足...
食べ過ぎが原因の、疲労、肩こり、腰痛などの身体の不調
Contents1 なぜ、外反母趾になるのか?1.1 2つの種子骨1.2 足根中足関節の安定性1.2.1 外反母趾になるフロー1.3 力学的不均衡による悪循環1.3.1 外反母趾が進行するフロー1.4 第一中足骨の変形1.5 まとめ1.5....
食べ過ぎが原因の、疲労、肩こり、腰痛などの身体の不調
Contents1 足底腱膜炎とは?1.1 足底腱膜の構造は?1.1.1 足部のアーチ構造1.1.2 アーチ構造を維持する筋・腱1.1.3 足底腱膜の構造1.1.4 足底腱膜の構造と機能1.2 踵骨付着部の疼痛の発生機序は?1.2.1 足底...
食べ過ぎが原因の、疲労、肩こり、腰痛などの身体の不調
Contents1 リスフラン関節症(歩くと足の甲が痛い)1.1 リスフラン関節1.2 リスフラン関節症になる原因とは?1.3 リスフラン関節症の対策1.3.0.1 川崎 浩司1.3.0.2 最新記事 by 川崎 浩司 (全て見る) リスフ...
食べ過ぎが原因の、疲労、肩こり、腰痛などの身体の不調
先日、商店街の仕事で、4月1日(日)フリマの準備を十字会の事務所でやっていました。 ラミネート貼りの作業をしながら、先輩からこんなことを質問されました。 ここで、先輩が立ってみて確認をする。 なんていうやり取りがありまして、先輩に説明するた...

予約の取り方

初めての方の予約の取り方

ながさき整骨院は完全予約制となっております。

予約は電話予約、Web予約をお願いしております。

施術中や外出中で電話に出られない場合もあります。

申し訳ありませんがその時はしばらく経ってからまたお電話いただくか、Web予約にてお願いします。

予約専用番号 03-3958-5141

不明な点はお気軽におたずねください。

予約の取り方

施術料金

当院では、治療のレベルを高く保つために、全て自費での施術とさせていただいております。

身体に不調が出やすい方、不調が出ている方の足をチェックしますと、扁平足や凹足(ハイアーチ)外反母趾、内反小趾、浮き指など、必ずと言っていいほど足に問題が起きています。

全身の筋肉、関節の問題があり、結果として扁平足や凹足(ハイアーチ)外反母趾、内反小趾、浮き指になることで、バランスをとっているのです。

「足が本来の位置からどれだけズレてしまっているのか?」

を検査し、足の状態だけではなく、全身の状態や運動機能、生活環境などあらゆる面から施術方針を検討していきます。

施術料金

営業時間・アクセス

東京都豊島区長崎4−8−10ー1F

西武池袋線「東長崎駅」北口徒歩2分 大江戸線 落合南長崎駅 徒歩10分  有楽町線・副都心線 千川駅 要町駅 徒歩15分

来院されている地域

豊島区長崎、豊島区南長崎、新宿区西落合、豊島区要町、豊島区千川、豊島区高松、豊島区西池袋、豊島区池袋本町、豊島区池袋、豊島区南池袋、豊島区目白、中野区江原町、板橋区向原、練馬区小竹町、練馬区栄町、練馬区豊玉北、中野区江古田、

TELL 03-3958-5141

◆営業時間

平日/10:00~21:00

土曜日/10:00~18:00

◆お休み

水曜日、日曜日、祝日

その他、不定休あり

営業時間・アクセス